STAFFスタッフ紹介

キャリア37年の専門家が施術

院長 朱錫龍(シュ・シロン)

上海中医薬大学卒業。元主治医。
はり師認定番号  第137701号
きゅう師認定番号 第137515号
中国では鍼灸は医療の一環に位置づけられ、病院にも中医学・西洋医学の2コースがあって、患者さんが自分の好きな方を選択しています。私は上海中医薬大学附属病院で主治医(日本の医長)を務めていました。来日したのは1994年、日本の鍼灸師資格も取得しました。得意分野は慢性前立腺炎のほか、顔面神経麻痺や顔面けいれん、突発性難聴、内科、スポーツ障害、呼吸器疾患、消化器系疾患に精神疾患などです。
すでに3 7年を超える臨床経験がありますが、これからも研鑽努力を重ねることで、日本の患者様の力になりたいと思っています。
全日本鍼灸マッサージ会会員
上海鍼灸学会会員

副院長 姚依文(ヤオ・イーウェン)

南京中医薬大学大学院修了。医学博士。
はり師認定番号  第115967号
きゅう師認定番号 第115884号
上海中医薬大学付属病院で、顔面神経麻痺治療の権威として知られる孫麗絹教授の下で治療に当たりました。仕事歴30年で、座右の銘は「温故知新」。平衡鍼灸学など中国最新の 知見を採り入れて、患者様本位の医療サービスを目指しています。
得意分野は顔面神経麻痺、顔面けいれん、突発性難聴、眼科疾患、内科自律神経失調症、不妊症、更年期障害など。一方で、女性のニーズに応えるため、ダイエット鍼や美顔鍼も手がけています。
健身院で患者様の治療に当たるかたわら、鍼灸師の中国鍼灸臨床の指導や研究者としての顔も持っています。
全日本鍼灸学会会員
日本伝統鍼灸学会会員
日本中医学会会員
中国鍼灸学会会員