不妊症は中国鍼灸・健身院へ

 

 

01

最新の鍼治療で不妊の悩みを解決します

不妊症の鍼灸治療には長い歴史があります。世界的な注目を集めるようになったのは1980年代になってのことで、西洋医学の世界でも、鍼灸を使って排卵を促進し受胎する可能性が認められました。

当院院長の朱錫龍と副院長の姚依文は、共に上海中医薬大学附属病院において不妊治療を担当してきました。たくさんの患者様が当院の治療を受けて後、受胎に成功なさっています。

02

中国鍼灸による不妊治療

不妊症の鍼灸治療には長い歴史があります。例えば、2千年余り前に著され、中国最古の医書と言われる「黄帝内経」には「月事以時下、故有子」と記されています。「生理順調ならば子供を授かることを得る」という意味です。不妊症の女性には生理不順、生理量の乱れ、生理痛などの症状があることが多いため、治療には生理の周期の乱れを調整することが大切だと「黄帝内経」は説いています。

東晋時代(4世紀)の「鍼灸甲乙経」には、「不妊症は臍中に灸をして子あらしめる」との記述があります。「不妊症」とは一度も妊娠したことがない状態をいう言葉で、これは説明しなくても意味がわかりますね。同じ書には「女子不妊症、内に凝血して下らずは関元これを主る」ともあります。「関元」というのは臍の下にあるツボで、血行を改善するため、ここに鍼を打つとよいというのです。

03

健身院での治療

当院では、中国と日本の両国で、正式免許を持つ鍼灸師が治療にあたります。院長の朱錫龍と副院長の姚依文はともに、上海中医薬大学附属病院において不妊治療を担当してきました。来日してからも、中国における不妊治療研究の情報を入手し、最新の治療法を採り入れて不妊症の鍼治療を行なっています。

不妊症の治療には毫鍼(細い鍼)を使用します。生理が終わった直後から治療を始め、週に二回、適切なツボに鍼を刺入します。このとき、気を補うため、徐々に鍼を入れるのが不妊治療の特徴です。治療のサイクルはおよそ三ヶ月です。当院では、可能であれば、鍼治療と西洋医学の不妊治療を併用するよう推奨しています。相乗効果が期待できるからです。

04

健身院の治療実例

当院では、患者様一人一人の症状に合わせて異なった治療法を採用しています。

治療実例─1

患者41歳女性・結婚8年目

病名不妊症

症状来院前に一度、体外受精の治療に取り組み、失敗していました。 自覚症状は、体がだるい、不眠、喉が渇く、生理の量が少ないなど。

治療経過:毎週1回から2回、肝兪、腎兪、子宮、神門、三陰交等のツボを使って鍼治療を行ないました。3ヶ月鍼治療を続けた結果、二度目の体外受精で受胎に成功しました。

治療実例─2

患者33歳女性・結婚4年目

病名不妊症

症状来院された時に生理不順、お腹や手足の強い冷え、腰痛を訴えていらっしゃいました。

治療経過:毎週1回から2回の鍼治療を行ない、 およそ半年の治療で生理が順調になり、冷え症も著しく改善、その後自然に赤ちゃんを授かりました。

05

妊娠力をUPする方法

不妊症に悩む方にとって、「妊娠力」を上げる方法は大きな関心事といっていいでしょう。

日常的に気をつけるべき点がありますので、列挙しておきます。

【「腎虚型」不妊症の場合】

腎虚型は月経不順(経遅)がみられるうえ、経量が少なく淡暗色などの特徴があります。多くの場合、精神的な疲労感、腰や膝のだるさ、耳鳴り、脈沈(脈がとりにくくなる)などの諸症状が見られます。

こうした腎虚型の患者は栄養補給を心がけ、過労にはならないようび生活に注意するのがいいでしょう。

性生活は節度あるものにすべきです。

【「肝鬱型」不妊症の場合 】

肝鬱型は月経が前後不定期で経色は暗紫色、月経時には小腹部の痛みや四肢の冷えなどを伴います。胸脇部の膨満感があって、怒りっぽくなるなど情緒が不安定で、舌が暗紫色になるなどの症状が見られます。

このタイプの不妊症患者には精神的なリラックスが何より大切です。性生活はほどほどにした方がいいでしょう。

【「痰湿型」不妊症の場合】

痰湿型は月経が渋りがちで、スムーズに訪れない傾向があります。経質は粘りがあって、おりものは白色で量が多いのが特徴です。肥満、動悸,腹痛、四肢の冷え、舌苔が白くなるなどの症状を伴います。このタイプの患者さんには喫煙は禁物です。また脂っこい食べものを食べ過ぎないことが重要になります。肥満気味の方はダイエットを試みましょう。