JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

よくあるご質問

faq

よくあるご質問Dysautonomia

..お客様からお問い合わせが多いご質問を「よくある質問」としてまとめました。

Q. ツボとはなに?

A.

鍼や灸、指圧などの東洋医学では、よく「ツボ」という言葉を使います。
みなさんもきっと耳にされたことがある言葉だと思いますが、
正確な意味は意外に知られていません。
実は、「ツボ」とは、目に見えない内臓などの好不調が体の表面に現れてくるポイントのことです。ツボには人体を流れる「気」が集まっているので、
例えば内臓の働きが活発でなかったり筋肉を傷めていたりすると、
相応するツボに反応が現れます。
鍼灸治療はそのツボを刺激することによって、
「気」の流れをスムーズに保ち、体のバランスを整える役割を果たします。
そのため、人間の体が本来持っている自然な防衛力(病気にならない力)と治癒力(病気や怪我を治す力)を高めるのに大きな効果を発揮するのです。

Q. 鍼治療は痛いですか?

A.

鍼治療はみなさんが思っているほど痛くはありません。
例えば注射をされたときに感じる鋭い痛みとは明らかに違います。
鍼の場合、皮膚の表面にあって痛みを感じる「痛点」を外して打つからです。
ツボに鍼が入ったときの感覚を「ひびき」と呼びますが、
これは重く鈍い衝撃がじわじわと周辺に広がっていくような感じです。
この「ひびき」が気の流れ道である「経絡」を通って患部に伝わり、効果を発揮します。

Q. 中国鍼と日本鍼の違いとは?

A.

中国では、鍼灸学は、中薬学(漢方薬)、推拿学(指圧、按摩、整体)と並んで、
中国医学(略称中医学)を構成する特に 重要な要素のひとつだとされています。
鍼灸治療は、西洋医学と同格の医療として扱われており、大学病院や総合病院、
診療所等で漢方薬の処方と共に行われる のが一般的です。
患者さんは自分の症状や希望にあわせて西洋医学の治療を受けるか、
中国医学で体質改善を図るかを決めています。
日本の鍼灸とは使う鍼の太さなど技術的な違いもありますが、
それ以上に、医療の補助的な役割を期待されることが多い日本とは「鍼」が果たす社会的な役割が大きく違っていると言って いいでしょう。
当院の中国人スタッフは、中国で鍼灸学を専門的に学んだうえ、日本の鍼灸師の正式資格も取得しているエキスパートですので安心してご相談ください。

Q. 病院で検査を受けたところ異常はないと言われました。
しかし、体に痛みがあります。鍼で治せますか?

A.

現代医学の発達をもってしても、まだまだ診断のつかない病気はたくさんあります。
しかし、中国医学は現代医学(西洋医学)と違う視点から、体と病気のことを考えています。
従って現代医学では治らない病気が中国医学で治るケースも少なくありません。
もともと鍼灸は、痛みの緩和に対して非常に高い効果を発揮します。
頭痛、三叉神経痛、肋間神経痛、胃痛、腹痛、腰痛、坐骨神経痛、生理痛、
手術後の痛みに対しては、とりわけ有効です。
実は、鍼灸は鍼によって得られる鎮痛作用をもとに麻酔術として発展してきた歴史があります。
「痛み」は中国医学では『痺症』といい、
いわゆる経絡(「気」の通り道)のなかに気血が停滞している状態が引き起こすと考えられています。鍼治療によって気血の流れをよくしてやれば、やがて痛みが和らぎます。

Q. 病院への通院と鍼治療は併用できますか?

A.

現在の中国では、東洋医学と西洋医学を併用した治療を行なうのはごく普通のことです。
大学医学部付属病院には必ず鍼灸科、漢方内科、推拿科が入っていて、治療には保険が効きます。
こうした中国医学と西洋医学の共存を、中国では「中西医結合」といいます。
鍼治療は、基本的 に自然治癒力を重視した療法ですから、副作用はありません。
西洋医学の処方する医薬品など他の治療と併用することによって、
より一層効果を高めることができます。
もちろん、症状によって違いはありますが、原則としては併用の問題はありません。
どうぞ、お気軽に当院にご相談ください。

Q. 中国医学の優れたところは?

A.

中国医学は西洋医学のように問題を起こしている臓器の症状だけを診るのではなく、
身体全体のバランスや他の臓器との関係を重視しながら診断・治療するところに特徴があります。
例えば生活習慣によって生じる体の不具合を正すことにより、
西洋医学では取れない痛みや麻痺を軽くすることができます。
何かとストレスの多い現代社会では医療だけでは治らない病気が増えてきており、
「病との共存」が必要になっています。
私たちは中国医学の知識を活かしながら、
病はあっても痛みを感じない、あるいは軽い痛みですむという状態を長く保ち、
患者さんに楽しく毎日を送っていただきたいと心がけています。

このページのトップへ

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ