JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土祭日AM11:00 - PM7:00 ■休診日:日曜日

顔面神経麻痺の針治療なら、 渋谷駅徒歩1分、中国鍼灸の健身院

顔面神経麻痺

Paralysis

顔面神経麻痺についてparalysis

顔面神経麻痺とは、顔の筋肉が思ったように動かず、強ばってしまう症状をいいます。

例えば、目を閉じられなかったり、口が歪んで飲んだ水をこぼしてしまったり、頬を膨らませることができなくなってしまったりする症状です。

また、舌の先端3分の2で味覚を感じられなくなるケース、唾液の分泌障害、聴覚過敏を伴うケースも報告されています。

一口に顔面神経麻痺といっても現われ方は様々なのです。
また、症状が進む速度も人によって異なっています。急激に悪化して一日で顔面の全面的な麻痺に至るケース、局所に軽い麻痺が生じてから一週間前後で、例えば目から口など他の部位に麻痺が拡大していくケースも見られます。

顔面麻痺のなかで、脳腫瘍などが原因で中枢神経が冒されている場合を「中枢性顔面神経麻痺」と呼び、一方、末梢神経のみに異常がある場合は「末梢性顔面神経麻痺」と呼ばれています。
末梢性顔面神経麻痺には、原因不明の「突発性顔面神経麻痺」とウイルス感染による「感染性顔面神経麻痺」があります。
この二種類の末梢性顔面神経麻痺はともに鍼の適応症になります。突発性顔面神経麻痺の代表的なものはベル麻痺で、約6-7割を占めます。感染性顔面神経麻痺の代表的な例はラムゼーハント症候、ヘルペス、水痘などのウイルス感染によるものです。


このページのトップへ

健身院の治療特徴 point

当鍼灸院で鍼灸(針灸)治療を担当する姚依雯は、
上海中医薬大学附属病院で顔面麻痺の専門外来を担当する
孫儷絹先生の下で学びました。

孫先生は鍼灸(針灸)による顔面神経麻痺治療の第一人者で、
中国各地から毎日百人前後の患者が訪れていました。

姚も孫先生の指導を受けながら、
毎日五十人の患者の治療を行なってきました。

再び日本に戻って、そこでの診療経験をも踏まえて、自分なりのよりよい治療法を編み出しています。

すなわち、当鍼灸院の特色である「平衡鍼灸学」に上海中医薬大学附属病院での実践を取り入れ、
現在の治療スタイルをとるに至ったのです。
この間、上海の孫先生には、「出藍の誉れ」と身に余るお褒めの言葉をいただいています。

もともと顔面神経麻痺は鍼灸(針灸)治療が最も力を発揮する適応症のひとつです。
当鍼灸院がとりわけ得意とする分野でもあり、開院18年以来大勢な顔面神経麻痺の患者を見てきました。
中には、わざわざ福井や伊豆大島、青森、静岡、東北など遠方からおいでになる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

また、在日中国人や韓国人でわざわざ当鍼灸院の治療を受けに来る患者さんもいらっしゃいます。
幼いころから鍼治療に親しんできた本場の中国人や韓国人に認めてもらえたことは、当鍼灸院の誇りであり、
また日々の仕事を進めるうえでの励みともなっています。


このページのトップへ

健身院の鍼灸(針灸)治療法

治療の順序について

まず「疎経活血」といって滞っていた経絡(気の通り道)の
開通を図ります。続いて、
「活血駆風」(血行をよくし、体に溜まった寒気を追い出す)、「滋養経筋」(邪気に冒された経絡と筋肉に栄養を与える)
などの治療を行ないます。
主に手足の陽明経というツボを中心に施術しますが、
症状によっては、やはり手足にある少陽経のツボを
使うこともあります。
この施術では、患者さんに「得気」(気を得ること)
を実感してもらうことが大切です。

「得気」とは鍼を身体に刺入することによってもたらされる感覚です。
人によって「重だるい」とか「鈍く痺れるようだ」などと表現しますが、痛みの感覚とはまた違ったものです。
正確にツボに鍼を打つことができるかどうかが患者さんが、「得気」を得るための重要な条件になります。
施術する私たちにとっては腕の見せ所となるわけです。

※顔面麻痺の場合は極細の鍼を使用するので痛みはあまり感じませんが、
ツボの場所によっては多少の痛みを感じることもあります。

さらに当鍼灸院では、
鍼と同時に「自家製附子」と呼ばれる灸を使います。

これはモグサの中に「附子」という漢方薬を入れたものです。
灸でツボを暖かめることによって経絡を活性化し、血流を改善、
いっそう治療効果を高めて麻痺していた神経を徐々に
回復させていきます。

 

灸の後には「刮砂治療」を行ないます。
「刮砂」とは牛の角から作られた一種の「へら」で、中国でよく使われています。
灸のあとに刮砂で皮膚の表面を撫でて刺激することによってさらに血行がよくなります。
損傷されてまもない神経はデリケートなので、マッサージより優しいタッチの刮砂を使うのです。

このように、当鍼灸院では一人一人の症状に合わせて治療プランを立てています。
治療の中途でも、症状の変化によっては、立てた治療プランを変更することもあります。
施術者が豊富な経験から病状の推移を見極め、施術を行っています。

健身院が採用する平衡鍼灸学独特のツボ

面灘穴(肩にあります)

顔面神経麻痺の鍼治療に使うツボ

晴明(眉)、陽白(額)、人中(鼻と口の間)、地倉(口の横)、顴廖(頬)、醫風(耳の後ろ)、
合谷(親指と人さし指の間)

顔面神経麻痺の灸治療に使うツボ

醫風(耳の後ろ)、晴明(眉)、顴廖(頬)、地倉(口の横)


このページのトップへ
sample
中医学の考え方

健身院での治療方について
掲載致しております。

詳細を見る

sample
西洋医学の治療法と限界

西洋医学の治療法と限界に
ついて掲載致しております。

詳細を見る

sample
健身院の治療実績 

健身院の治療実績について
掲載致しております。

詳細を見る

sample
よくある質問

よくある質問Q&Aについて
掲載致しております。

詳細を見る


このページのトップへ

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 腰痛と鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • メニエール病とメニエール症候群
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土祭日AM11:00 - PM7:00

■休診日:日曜日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ