JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

不妊症

sterility

よくある質問Q&Afaq

Q. 不妊症の針治療は有効ですか?

A.

はい、有効です。
ひとつは中国伝統医学の世界で「辨証施治」という実証的な治療方針が確立されたことです。
もうひとつは西洋医学の世界で、鍼灸(針灸)を使って排卵を促進し、受胎に達する可能性が認められたことです。

Q. 不妊症の針治療は身体にどのような作用や効果をもたらすのですか?

A.

不妊治療は中国でははるか千年も前からある治療法です。
針をツボに刺激して、経絡を介し、全身に気血の巡りをよくし、
子宮への血流量を増やし、妊娠力をアップさせることができます。

Q. 健身院の不妊治療の特徴を教えてください

A.

当院の鍼灸師(針灸師)は中国鍼灸(針灸)の免許を持っており、
不妊症の鍼治療の本場・中国で経験を積んできました。
また、東洋医学はもちろん、最先端の高度生殖医療も勉強しています。
不妊症をよく理解したうえで施術しますので、安心してお越しください。

Q. 生理周期のいつから鍼灸(針灸)治療を始めるべきですか?

A.

一般的に不妊症の鍼治療は生理が終わった直後に始めるのが通例です。
ただ不妊症の場合、
卵巣機能障害、卵管の炎症、子宮筋腫、子宮内膜症などの
婦人科疾患が原因になることが少なくありません。
そのときは、不妊症の治療を行う前に、
まず他の婦人科疾患の集中的な鍼治療を行う必要があります。
生理中でもご遠慮なくご相談にいらして下さい。
鍼は生理痛や月経前症候群にも効果を発揮します。

Q. 不妊症の針治療で通院の頻度と期間をおしえてください。

A.

通院回数は、体調にもよりますが、週二回のペースで約三ヶ月を一区切りと考えています。
また人工受精を行う方は、受精卵を移植する前後の日に鍼灸(針灸)治療を行うのが効果的です。

Q. 肩凝りや腰痛、疲労、不眠症などと一緒に治療することは可能ですか?

A.

もちろん可能です。
中国医学では「整体観」(体全体を治療対象とすること)を重視しています。
体がなんとなく不調だと感じられるときに、
子宮や卵巣の機能だけが絶好調ということはありません。
ですから心身全体の調子を整えるのも鍼灸(針灸)の大切な役割で、
不妊症治療にもプラスになります。

Q. 産婦人科で不妊症治療を受けていますが、鍼を併用しても大丈夫ですか?

A.

婦人科の不妊症治療には大別して薬物療法と人工受精療法があります。
どちらも鍼治療との併用が有効で、
最新の研究では、産婦人科で不妊治療をするのと同時に鍼灸(針灸)治療を受ければ、
受胎率が高まることが報告されています。

Q. 女性鍼灸師(針灸師)を指名できますか?

A.

もちろんできます。
不妊はデリケートな問題でもありますので、
女性による施術をご希望の場合はご予約の際にお申し付けください。

Q.妊娠判定が出た後でも鍼治療を続けることはできますか?

A.

妊娠12週がひとつの目安になります。
それまでは初期流産予防のための鍼治療が有効です。
その後はそれぞれの患者さんの体調に合わせての判断となります。
例えばつわりが激しかったり、
浮腫、胸の張り、肩凝り、腰痛、痔などの症状を伴うときは鍼灸(針灸)治療で楽になります。
そのため、なかには出産直前まで通院を続けられる方もいらっしゃいます。
また、妊娠後期には、鍼による逆子の治療、安産のための治療も行っています。

このページのトップへ

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 花粉症
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 腰痛と鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • メニエール病とメニエール症候群
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ