JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

不妊症なら鍼灸で体質改善を。渋谷駅徒歩1分、中国鍼灸の健身院

不妊症

sterility

不妊症sterility

1.不妊症とは…

不妊症とは…

同居している夫婦で、
避妊をしているわけではないのに
三年以上妊娠しないのが「不妊症」です。
大きく分けると二種類あって、
一度も妊娠したことがないのが
「原発性不妊」で、
以前に出産または流産の経験があるのに
連続二年以上
妊娠しない「継発性不妊症」です。

不妊の原因は、
男性側にあると考えられるのが全体の30%。
主として性機能障害、精液異常などによるものです。
一方、女性側に原因があると思われるのは60%。
排卵障害のほか、卵管や子宮、子宮頸などに問題があるとき、
また血清や子宮頸粘液のなかに
抗精子抗体があるときなどに起こります。
残りの10%は男女双方に原因があるケースです。

2.鍼灸による不妊治療

不妊症に対する鍼治療には長い歴史があります。
例えば、
2千年余り前に著され
中国最古の医学書と言われる「黄帝内経」には、
「月事以時下、故有子」という記述があります。
「生理が順調にくれば子供を授かることができる」の意味です。
不妊症の女性には生理不順、生理の量の乱れ、
生理痛などの症状があることが多いため、
治療するには
生理周期の乱れを調整することが大切だと説いているのです。
また、東晋時代(4世紀)の「鍼灸甲乙経」には、
「絶子は臍中に灸をして子あらしめる」とあります。
「絶子」とは一回も妊娠したことがないことで、
これは説明しなくても意味がわかりますね。
同じ書には
「女子絶子、内に凝血して下らずは関元これを主る」ともあります。
「関元」というのは臍の下にあるツボで、
血行を改善するため、ここに鍼を打つようにというのです。
もうひとつ例をあげれば、
明の時代(15世紀)に著された「鍼灸大全」です。
「女人子宮久しく冷え、胎を受けざるは、
照海二穴、中極一穴、三陰交二穴、子宮二穴」と記されています。
不妊に効果を発揮するツボを列挙しているのです。

 

3.現代における不妊症の鍼灸治療について

1920年代から
新聞などで鍼灸による不妊治療が取り上げられるようになります。
世界的な注目を集めたのは1980年代になってのことで、
この時期に重要な研究が次々に発表されています。
ひとつは中国伝統医学の世界で
「弁証施治」という実証的な治療方針が確立されたことです。
もうひとつは西洋医学の世界で、
鍼灸を使って排卵を促進し、
受胎に達する可能性が認められたことです。

代表的な例をひとつ挙げるとドイツにおける臨床報告です。
これはIVF(試験管受精)を行なった160組の夫婦を
二つのグループに分けて臨床治験したもので、
80組は通常のIVFだけを行い、
残りの80組はIVFのうえに鍼灸治療を行なって
受胎率の違いをみています。
調査の結果は歴然としたもので、
通常のIVFのみを行なったグループでは、
80例中21例(26.3%)の受胎に留まったのに対し、
鍼灸治療を行なったグループでは
80例中34例(42.5%)が受胎に成功したのです。
このように治療効果に明白な差違が見られたため、
鍼灸治療によって
IVFの成功率を高めることができると結論づけられました。

こうした西洋医学による鍼灸の効果の実証研究には
大きな意味があります。
不妊治療として
新たに開発された高度な生殖医療技術を選択する方にも、
鍼灸治療を同時に行うことで
受胎率の向上を試みるようお勧めします。

西洋医学の不妊治療に加えて
鍼治療を行うことで期待できる促進効果は次の通りです。

a. 自律神経とホルモンのバランスを調整し、卵巣機能を整え、
卵の発育促進と質の向上、生理周期の正常化を図る。
b. 骨盤内の血行を促進し、
子宮、卵巣、卵管など臓器の内部環境を整え、
拾卵能力や受精および着床能力の向上を図る。
c. 新陳代謝、特に脂肪代謝を高め、
体重をコントロールして妊娠しやすい体をつくる。

 

このページのトップへ

 

sample
健身院での治療方法

健身院での治療方法について掲載致しております。

詳細を見る

sample
妊娠力をUPする方法

妊娠力をUPする方法について掲載致しております。

詳細を見る

sample
よくある質問

不妊症についてよくあるご質問を掲載致しております。

詳細を見る

このページのトップへ

 

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ