JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

野球肘

野球肘

1.概要

成長期に、野球のボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。

原因と病態: 繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。
肘の外側で骨同士がぶつかって骨、軟骨が剥がれたり、痛んたりします。
また、肘の内側では靭帯、腱、軟骨が痛くなります。肘の後方でも骨、軟骨が痛むこともあります。

診断: 野球をしていて、肘の痛みがあり、動きも悪いなどの症状があれば、野球肘が疑われます。
レントゲン検査やMRI検査で骨や軟骨が剥がれていることが確認できます。

2.西洋医学的な治療と限界

肘の安静が大切です。
痛みを我慢して野球を続けると障害が悪化して、症状によっては手術を行う場合もあります。
ほかには鎮痛剤、湿布などを用います。

3.健身院での治療法

鍼灸(針灸)治療はいろんな痛みなどの病症に使われています。
野球肘の場合は急性期には冷却や安静が必要です。
また、手術が必要以外の場合は、二、三日が過ぎてから、ハリ治療が始められます。
慢性的な場合はハリとお灸を一緒に行います。
テニス肘や野球肘にも鍼灸(針灸)治療が効果的です。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ