JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

捻挫(足関節捻挫)

捻挫(足関節捻挫)

1.概要

足関節が転倒などの時に外力を受けて生理的な範囲を越えた運動を強制された結果、
靭帯、関節包などの組織が損傷したものを足関節捻挫をいいます。
捻挫は足の内反によるものが多く、外果周囲の前距腓靭帯、踵腓靭帯、
後距腓靭帯の損傷や断裂を生じやすいです。
臨床では損傷の程度により1度から3度まで分けてより適切な治療を行います。

1度:外側靭帯上に圧痛があり、背屈と底屈の制限はなく、痛みもない。
踵部に異常な内転力を加えると痛みを感じる。
2度:普通の動きですら非常に痛む。機能障害がかなり大きい。
足関節や足が瀰漫性に腫脹する。
3度:著明な直後によりの機能障害。腫れは瀰漫性で程度が強い。
足関節はどの方向に動かしても、強い痛みが起こる。異常な可能性が証明される。

2.西洋医学の診断と治療

捻挫した後足関節の腫れと痛みを起こし、
レントゲン検査で骨折を否定された場合、足関節捻挫を診断とします。
患者さんが受傷した直後にはまず安静、冷却、圧迫、挙上が原則です。
整形外科では鎮痛剤、消炎剤などが処方されます。

3.健身院の治療の特徴

我々は足関節捻挫の患者さんを診る時、まず損傷の重症度を判断します。
捻挫直後、損傷の重症度が3度の場合、
応急処置の後速やかに整形外科的な治療が必要とされます。
比較的軽度の捻挫或いは整形外科の治療をしばらく受けた後、
また痛みが残る場合は鍼灸(針灸)治療をお勧めします。
損傷部の止血、消炎、鎮痛には鍼灸(針灸)治療の効果がとても高いです。

鍼灸(針灸)治療の時、損傷部の圧痛点を目標としますが、遠隔のツボもよく利用します。
ハリ治療の後、ほとんどの患者さんがすぐ痛みの軽快を感じることができます。
一般的には5回から10回ぐらいで治すことができます。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ