JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

胃潰瘍と十二指腸潰瘍

胃潰瘍と十二指腸潰瘍

概要

胃潰瘍と十二指腸潰瘍はストレスやヘリコプター・ピロリ菌が原因で
起こることが多く、胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により、
胃や十二指腸を保護している粘膜が消化される病気で、
現代社会の代表的な病気の一つともいわれています。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍は「消化性潰瘍」ともいわれています。

以前は男性に多い病気でしたが、更年期の五十代の女性にも多くみられ、
若い人の発症率も高くなってきたので、症状や発病の原因などについて少し詳しく紹介します。
消化性潰瘍は神経質、几帳面、ストレスをため込んでしまう、よく気が利く、
悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすい病気です。
性格はなかなか変えることが難しいので、自分にあった気分転換法を見つけることが大切です。

症状

・みぞおち辺りの腹痛
胃潰瘍は食後に痛み出し、あまり食事を撮りすぎると長時間痛みが続き、
空腹時に腹痛が起こり食事をすると治まる場合は、十二指腸潰瘍に多くみられます。
また腹痛が強ければ強いほど病気が深刻なわけではなく、
胃潰瘍などかかっても全く病気を感じない場合もあり、
気がつかないまま、潰瘍が悪化し胃に孔が空き「穿孔性潰瘍」になり、
始めて激痛がおこり胃潰瘍に気づく場合もあります。。

・吐き気、嘔吐、食欲不振、体重減少、口臭、酸っぱいげっぷ、胸やけ
胃液が多く出し過ぎで胃粘膜とのバランスが崩れると吐き気などの症状がみられます。
胃酸が食道へ逆流すると胸やけを感じます。
肝炎、慢性胃炎、胃下垂などでも吐き気、嘔吐、酸っぱいゲップがみられます。

・吐血
胃潰瘍の場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。
出血時には冷や汗、脈拍が乱れ、血圧低下、激痛を伴うこともあります。
潰瘍のできた場所の血管が破れるのが原因です。
また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血です。

・下血
胃潰瘍や十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、ドス黒い便がでます。

・背中の痛み
胃潰瘍や十二指腸潰瘍で腰痛になったという方がおられますが、
膵臓にまで炎症が及ぶと背中が痛むことがあります。

原因

(1) イライラ、過労、睡眠不足、緊張不足、手術前などからくる肉体的精神的ストレス
(2) ヘリコプター・ピロリ菌の感染
(3) 刺激の強い香辛料や熱すぎたり冷たすぎたりる飲食物を摂取し続けた場合
(4) 痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期間にわたる服用
(5) 喫煙、飲酒、コーヒー
(6) 暴飲暴食、早食いなど不規則食生活

西洋医学の治療と限界

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の検査はレントゲン検査と胃カメラ検査が主です。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍にかかっても、いまはほとんど手術をせずに、
薬で治療をするようになりました。

一般的には2-3カ月間の治療でよくなりますが、自分の判断ではなく、
医師の指示に従って服薬して下さった方が良いでしょう。
また、自分にあったストレス解消法を見つけて、
規則正しい生活を心がけ、ゆっくり休むことが大切です。
西洋薬以外は漢方薬と鍼灸(針灸)治療も一定の効果があるので、
できれば鍼灸(針灸)治療と一緒に併用するとより早く治癒するでしょう。

中医学の考え方

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は中医学の「胃痛」の範疇に属します。
胃痛は胃脘痛ともいわれ、心窩部(みぞおち)付近の疼痛を主症とする病症です。

中国の古典[鍼灸経綸]に、
"胃痛:膈兪、脾兪、胃兪、内関、陽輔、商丘、すべてに灸す"という記載があります。
古い時代から鍼灸(針灸)治療を行ったということです。
最近は動物実験や臨床の鍼灸(針灸)治療の潰瘍の癒合にたいする臨床研究などが行われ、
西洋医学の観点で鍼灸(針灸)治療の効果が証明されつつあります。

健身院の治療の特徴

健身院の先生達は中国と日本で多くの胃潰瘍や
十二指腸潰瘍の患者様を診て鍼灸(針灸)治療を行ってきて、
独特のツボの刺激法の発見と豊富な治療経験を身につけてきました。

健身院では胃潰瘍や十二指腸潰瘍の鍼灸(針灸)治療の時、
胃痛穴(平衡鍼灸学が発見した新しいツボ)、胃兪と足三里というツボを主要ツボとし、
中医学の弁証に従って相応のツボを加えて治療にあたります。
ここで簡単に紹介します。

(1) 肝気犯胃型
典型的な症状はみぞおちの痛みが脇まで及ぶ、酸っぱいゲップ、嘔吐も時にあり、
イライラを感じる時痛みがひどくなる、食欲不振、便秘、脈は弦である。
こういう患者様には期門、公孫、内関というツボを加えるとよいです。

(2) 肝胃鬱熱型
痛みはひどい、みぞおち辺りは熱く感じ、口が苦く渇い、おこりっぽい、便秘、尿が赤黄色ぽい、
舌診は舌質紅苔黄である。こういうタイプの患者様には肝兪、太衝、内庭というツボを加えます。

(3) 胃陰虚損型
上腹部が痛いが激しくない、食後胃が脹満感をする、同時に口が乾く、便秘がひどい、
舌診は舌質が赤い、苔が少ない、脈は細く速い。脾兪、内関というツボを加えます。

(4) 脾胃虚寒型
みぞおち辺りが痛いが温めると痛みが楽になる、痛い所を押すと楽になる、
空腹時に痛みがひどい、食事をすると楽になる、下痢っぽい、舌診は舌質が淡苔が白い、
脈診は沈脈である。脾兪、中脘、内関というツボを加えます。
胃痛穴は平衡鍼灸学が発見した新しいツボで、
我々は臨床で長年の研究でこのツボは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、慢性胃炎など、
胃や上腹部の痛みに非常に痛み止めの効果がいいと考えています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者様の注意点

(1) 情緒の安定をはかり、休息を十分にとり、
規則正しい食生活をとるように努める必要があります。
また消化しやすい柔らかい食事をとるようにし、辛い物、
油っこい物、なま物、冷たい物は、できるだけ食べないようにする。

(2) 鍼灸(針灸)は胃痛に対して著明な止痛効果があります。
一定期間、鍼灸(針灸)治療を継続すると効果も持続します。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ