JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

顔面痙攣

顔面痙攣

顔面痙攣とは片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)は、
顔の片側の筋肉が自分の意志とは無関係に動く状態、
何らかの原因で顔面神経が異常な刺激を受けることで顔面に痙攣が起こります。

40代以降の中高年齢層での発症率が高く、男性よりも女性に多くみられます。
眼瞼痙攣ではまぶたのピクピクとした痙攣から始まり、目が閉じてしまうこともあります。
眼瞼痙攣には両目が痙攣する本態性眼瞼痙攣と、
片側の目と口の周囲が痙攣する片側顔面痙攣があります。

発症初期は、ときどきしか症状が現れませんが、
進行するにつれて発症頻度が高くなり、就寝中にまで及ぶこともあります。
また、片眼をつぶってしまうほど顔が引きつることもあり、人前に出にくくなったり、
車の運転が難しくなったりするなど、日常生活にも支障をきたすようになります。

症状

初期症状としては目の周囲が軽くピクピクと痙攣する程度ですが、
次第に同じ側の頬、額、口、顎へと範囲が広がります。
さらに症状が進行すると、顔が引きつってゆがんだり、
片眼がギュッと閉じたままになったりします。
また、痙攣の振動が内耳に伝わることによって、耳鳴りがする場合もあります。
また、眼瞼痙攣ではまぶたのピクピクとした痙攣や、
痙攣で目が閉じてしまって開かなくなるといった症状などもあります。

発症の原因

片側顔面痙攣の主な発症の原因は、血管による顔面神経の圧迫、
顔面神経麻痺の後遺症、腫瘍や動脈瘤などがあります。
X線CTやMRI検査によって痙攣の原因を探ります。
片側顔面痙攣の場合は頭蓋骨内の血管が顔面神経を
圧迫していることで痙攣を引き起こすといわれています。
本態性眼瞼痙攣の原因は明らかになっていませんが、
脳内の異常によって顔面神経に障害が生じていることが原因の1つとして考えられています。

西洋医学の治療での限界

顔面痙攣の治療には、筋弛緩剤、精神安定剤、鎮痙剤による薬物療法や
ボツリヌス毒素の顔面注射などがあります。
眼瞼痙攣の治療も抗痙攣薬、精神安定剤、ボツリヌス菌毒素の注射が行われています、
ただし、効果は3-6ヶ月しか続かず、効果が切れてきたところで再度注射をする必要があります。
現実としては原因治療が難しいと思われます。

健身院での治療方法


顔面痙攣には鍼がもっとも有効な治療法だと思います。
当院の得意疾患の一つに挙げられます。

治療法

息風止痙(体内にある悪い気の流れを抑え、痙攣を収めます)、
濡養経筋(経絡と筋肉に栄養を与えます)を治療の原則としています。

よく使われるツボ

四白、顴髎、地倉、頬車、阿是穴、合谷、太沖

上記は遠近配穴で(病変の近くのツボと病変から離れた部位のツボを取ります)、合谷、
太沖は「四関穴」と言います、善治風動(風邪気に犯される病気)、痙攣を止める効果があります。
顔面痙攣もやはり、時間が経てば経つほど治りにくくなりますので、
できれば早めに治療を受けたほうがいいと思います。
症状の軽い患者さんの場合は、一回で治る患者さんもいます。
当院で治療を受けた患者さんの中で、最短は一回で、最長で一年で治癒します。
治癒率は88%、もちろん、途中で諦める患者さんもいます。
本病は鍼(針)の強刺激とパルス禁物です。

以下は当院で成果のある症例をご紹介します。

痙攣を治すのが夢じゃない

症例1

52歳の女性の患者さん。顔面痙攣暦6年。
最初はたまに左眼斂にピクピクとした痙攣を感じ、あまり気にしませんでした。
その後、目の使いすぎと仕事のストレスで、口角まで痙攣が起き、
特にストレスの多いときに痙攣が強くなりました。
来院時、目があまり開けない、口角も顔面に引きつられて、顔の筋肉も歪んで見えました。
症状として、顔面に浮腫ができ、めまい、口が渇きやすい、患側の顔が痒い、舌が腫れる、
舌苔の色が白ぽっい、脈が弦(琴の弦を按じるような脈)のようになるといった症状が起きました。
ご本人も半分諦めの気持ちで来ました。
10回治療終わったごろには症状が軽くなり、完治させるためにさらに10回通いました。
その後、再発なしで、その患者も自信が取り戻しました。
笑顔が戻りました。

症例2

53歳の女性の患者さん。顔面痙攣暦8年。
主訴は左顔面のピクピクとした痙攣。
ここ一年ぐらい仕事が特に忙しくなり、毎日痙攣の回数が数えきれないほど増えました。
来院時、肉体的にも、精神的にも落ち込みがあり、左目と顔の痙攣が強く、
痙攣時口角が右側に引っ張られて歪んでいました。あまりよく眠れませんでした。
当院で10回鍼(針)を受けた頃から、痙攣が減少し始めて、
その後もまた25回治療を続けて、全部で半年かかりましたが完治しました。
自信が戻りました。

症例3

38歳の女性患者さん。痙攣暦3年。
3年前から突然原因不明で右顔面筋肉がぴくぴく動くようになりました。
ボッドクスの注射などもいろいろ試しました。
最初はいいのですが、時間がたつにつれ、逆に症状がひどくなり、
顔面の萎縮も始まり、精神的にかなり苦痛でした。
来院時、右目まぶた、右の顔面筋肉の痙攣が酷く、軽度の筋肉萎縮も見られました。
治療開始して5回目のときから症状が回復し始めて、毎日痙攣の回数が減ってきまして、
12回目頃から痙攣がほぼ止まり、20回目の時から顔面の萎縮もよくなり、
25回目で治療が終わりました。
長い治療の道のりでした。

症例4

56歳の男性患者さん。
顔面麻痺後遺症(顔面部の痙攣、麻痺、口を膨らますことができない、おでこに皺寄せができない)。
当院で鍼(針)治療を始めながら、ご自宅でできる顔面筋群のマッサージを教えて、
20回目たった頃は症例の改善が見られて、ものを食べやすくなって、痰を吐く力もついて来ました、
25回目の時は、痙攣もかなり少なくなり、30回目の時は痙攣がほぼ止まりました。
その後も10回位通い続けて、頬を膨らますことが少しできるようになりました。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 花粉症
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 腰痛と鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • メニエール病とメニエール症候群
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ