JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

顔面痙攣

顔面けいれん

顔面けいれんは顔の筋肉が自分の意志と無関係に動く病気で、
何らかの原因で顔面神経に異常な刺激を受けることで起こります。
瞼がピクピク引き攣ることから始まり、
酷くなると目が開けられなくなってしまうこともあります。
両目がけいれんする「本態性顔面けいれん」と、
片側の目と口の周囲だけがけいれんする
「片側(へんそく)顔面けいれん」に分けられます。
40代以降の中高年層の発症率が高く、
男性よりも女性に多くみられる病気です。

1.顔面けいれんの症状

初期症状としては
目の周囲が軽くピクピクとけいれんする程度ですが、
次第に同じ側の頬、額、口、顎へと範囲が広がっていきます。
さらに症状が進行すると、
顔が引き攣ってゆがんでしまったり、
片方の眼がギュッと閉じたままになったりします。
また、けいれんの振動が内耳に伝わることによって、
耳鳴りがする場合もあります。
発症初期には時々しか症状が現れませんが、
進行するにつれて症状が現れる頻度が高くなり、
酷くなると睡眠中にまで及ぶこともあります。
また、顔が歪んで人前に出にくくなったり、
車の運転がしづらくなったりするなど、
日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

2.顔面けいれんの原因

顔面けいれんの主な原因としては、
血管による顔面神経の圧迫、
顔面神経麻痺の後遺症、
頭部の腫瘍や動脈瘤の影響などが挙げられます。
片側顔面けいれんの場合は、
頭蓋骨の中を走る血管が顔面神経を圧迫することで
けいれんを引き起こすと言われています。
本態性顔面けいれんの原因はまだ明らかになっていませんが、
脳内部の異常によって顔面神経に障害を生じることが
原因のひとつだと考えられています。

3.西洋医学の治療とその限界

顔面けいれんを発症すると
病院ではまずCTやMRI検査でけいれんの原因を探ります。
治療には、
筋弛緩剤、精神安定剤、鎮痙剤による薬物療法や、
ボツリヌス毒素の顔面注射などがあります。
ただし、効果が3~6ヶ月しか続かないことから、
効果が切れてきたところで再度注射をする必要があります。
現実問題として根治はなかなか難しいと思われます。

4.健身院での治療方法

顔面けいれんには鍼が最も有効な治療法です。
当院では開院以来、多くの患者の治療に当たってきました。
治療法としては、
「息風止痙」といって
体内にある悪い気の流れを抑えてけいれんを収める方法、
あるいは、
気の通り道である経絡と筋肉に栄養を与える
「濡養経筋」を原則としています。
よく使うツボは、
四白、顴髎、地倉、頬車、阿是穴、合谷、太沖などで、
「遠近配穴」といって、
病変の近くのツボと離れた部位のツボを組み合わせています。
参考までに、当院での具体的な症例をご紹介しましょう。

症例1

52歳の女性患者。
発症後6年で当院を受診されました。
発症当初は時おり左まぶたがけいれんする程度で、
あまり気にもしなかったといいます。
その後、けいれんの範囲が口角まで広がり、
特に仕事などで強いストレスがかかったときに
けいれんが激しくなりました。
来院時には目をほとんど開けない状態で、
顔面が引き攣って、顔が歪んで見えました。
顔面に浮腫ができて眩暈があり、
患った側の顔が痒く、舌が腫れるなどの症状が起きていました。
本人は半分諦めの気持ちだったといいますが、
10回の治療が終わる頃には症状が目に見えて軽くなり、
完治のため、さらに10回通っていただきました。
その後は再発もなく、患者さんには笑顔が戻りました。

症例2

53歳の女性の患者。
顔面けいれんが始まって8年経過後の来院でした。
主訴は左顔面のけいれんで、
仕事が忙しくなったのをきっかけに
けいれんの回数が数えきれないほどに増えました。
来院時は肉体的にも精神的にも酷く落ち込んだ状態で、
特に左目周辺のけいれんが強いために
口角が右に引っ張られて歪んでいる状態でした。
あまりよく眠れない、という話をされていました。
当院で10回の鍼治療を受けたことによって
けいれんの頻度が減り始め、
その後25回の治療を続け、半年がかりで完治しました。

症例3

38歳の女性患者。
3年ほど前から突然、
右顔面の筋肉がけいれんするようになりました。
原因は不明で、
ボトックス注射などいろいろ試しましたが、
時間がたつにつれて症状が酷くなり、精神的な苦痛もありました。
来院時には右目のまぶた、右顔面の筋肉の強いけいれんで、
軽度の筋肉萎縮も見られる状態でした。
治療開始から5回目で症状が徐々に回復し始め、
けいれんの回数が減っていきました。
12回の治療でけいれんはほぼ止まり、25回で完治しました。
長い治療の道のりでした。

症例4

56歳の男性患者。
顔面神経麻痺の後遺症によるけいれんがありました。
鍼治療を受けていただく一方、
自宅でできる顔面マッサージの方法をお教えしました。
20回目で症状が目に見えて改善、ものを食べやすくなりました。
25回目でけいれんがかなり少なくなり、
30回目でほぼ止まりました。

顔面けいれんは時間が経てば経つほど治りにくくなります。
できれば早めの治療をお奨めします。
本病の鍼治療においては強い刺激を与えるのは禁物で、
電気パルスも行ないません。
症状が軽ければ一回で治る場合もありますが、
最長でも、およそ一年で治癒しています。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ