JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土祭日AM11:00 - PM7:00 ■休診日:日曜日

坐骨神経痛を鍼灸治療で改善|東京渋谷の鍼灸院

中国鍼灸 健身院

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨(座骨)神経とは全身の中で一番太い神経をいいます。
坐骨神経痛はさまざまな原因による、
坐骨神経通路及び分布する区域の疼痛あるいはしびれのことをいいます。
即ち、お尻の奥から太ももの裏側、下腿の裏側或いは外側の痛みです。

原因

坐骨神経痛の原因として挙げられるのは、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、
梨状筋症候群坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、腰椎すべり症などがあります。

坐骨神経痛の種類
坐骨神経痛は二種類に分けられます。

1継発性
根性坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニアなど)
坐骨神経痛 幹性坐骨神経痛(梨状筋症候群など)

2原発性
坐骨神経炎(臨床上あまりないです)

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛はお尻の奥から太ももの裏側、下腿の裏側或いは外側の痛みが多いです。
痛みは持続的に鈍痛あり、発作的に痛みを増していきます。
発作性疼痛は焼け痛み、ぴりぴりとした痛みがあり、夜間は痛みを増していきます。

根性坐骨神経痛の場合は咳、くしゃみ、力を入れる時により痛みが強くなり、放散痛が出ます。
痛む場所は腰椎の棘突起と横突起の痛みが特に著しい。
直腿提高テストは陽性。幹性座骨神経痛の場合はお尻、膝窩などより痛みが激しいです。

坐骨神経痛の西洋医学治療法と限界

坐骨神経痛の症状が重い人は日常生活にも支障が出るので、
早く適切な治療を受けて症状を軽くしていかなければなりません。
整形外科では、坐骨神経痛の治療に対して、湿布薬、痛み止め、ブロック注射、
牽引などがありますが、どれも一時的症状の緩和になるもので、対症療法ではありません。
最終手段として手術する場合もあります。また、長期的薬の服用によって、胃粘膜が破壊されます。

健身院での坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療は我々鍼灸師にとって、基本中の基本です。
鍼灸院の四大疾患の一つ、鍼灸師として、一番よく治療する疾患のひとつです。
健身院も開業12年以来、当院の特色平衡鍼灸学を元に大勢の坐骨神経痛の患者を治してきました。

治療の方針

通経活絡(経絡を開通)、調気行血(気と血バランスをとり)、
袪風利湿(体内にある風邪と湿を取り除き)、散寒、或いは瀉熱(体内に篭った熱を体外へだ出す)

坐骨神経痛に使うツボ

健身院が採用する平衡鍼灸学独特のツボ:腰痛穴(おでこにあり)

その他よく使われるツボ:
腰3-5夾脊穴(背骨のすぐそばにあるツボ)、阿是穴(痛い場所)、白環兪(お尻)、
環跳(お尻真ん中)、秩辺()、承扶(お尻やや上の方)、陰門(太もも裏の真ん中)、
委中(膝裏)、陽陵泉(膝の外側)、承筋(ふくらはぎにあり)、
承山(ふくらはぎの真ん中にあり)、崑崙(外踝とアキレス腱の間)、飛楊(ふくらはぎ外側)。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 腰痛と鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • メニエール病とメニエール症候群
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土祭日AM11:00 - PM7:00

■休診日:日曜日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ