JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

脳卒中・脳梗塞後遺症

脳卒中・脳梗塞後遺症

脳卒中は脳血管障害の総称をいいます。
脳梗塞は脳血管障害のなかで一番多く、全体の六割以上を占めています。
脳梗塞後遺症とは脳梗塞なった後に残った障害のことをいいます。
脳梗塞は虚血性心疾患に属します。大きく脳塞栓と脳血栓に分けられます。
脳血栓は脳内の細い血管の動脈硬化が進んで起こるもので、中老年に多いです。
脳塞栓は脳以外の場所でできた血管壁からの剥がれた血栓や、
心筋梗塞の急性期などで起こるものもあります。

原因

脳梗塞は、脳の血管が詰って、血液が流れないため、脳細胞が壊死してしまう病気です。
脳で梗塞が起こると、起きた場所により、症状や麻痺の程度も違います。

脳血栓(動脈硬化性血栓性脳梗塞)の原因

脳の血管のアテローム硬化が原因で起こります。動脈硬化が起きた血管壁には、
血液に含まれる様々な物質が沈着しやすくなり、その結果血管が狭くなります。
また、硬化した血管は傷つきやすく、そこに血管壁から血栓が剥がれて、
血管を詰まらせて、脳血栓を起こします。
脳血栓は血管が徐々に詰まっていくため、症状が比較的ゆっくり出てきます。
安静時に発症することが多いです。発病年齢は60歳以上が多いです。

脳血栓の予防

脳血栓の主な原因は高血圧です。
また、糖尿病、高脂血症、高ヘマトクリック血症(血中の赤血球の数が多く、血液の粘度が高い状態)、
喫煙、酒の多飲などがリスクになります。

脳塞栓の原因

脳塞栓とは脳以外の場所でできた(心臓から流れてきた)血栓が脳の血管に詰まらせて急に発症します。
心内膜炎、心筋梗塞の急性期、不整脈、心臓手術など心臓に疾患を抱えている人がなりやすいです。
脳塞栓は、脳の比較的太い血管で起こることが多く、突然詰まるため、
脳の広い範囲に障害を与え、重症の発作を起こすので大変危険です。

脳梗塞の症状

脳梗塞は年齢とともに増える病気です。
高齢者社会になれば、脳梗塞になる確率も増えるでしょう。

脳梗塞の症状(発作)は、突然、あるいは少しずつ手足の片麻痺が起こる、
ろれつが回らなくなったり言葉がうまく出なくなる、まっすぐ歩けなくなる、
ぼんやりする、などの症状として現れます。

季節の変わり目で起きやすい、一番多いのは春先です。
本格的な症状の前に、一時的な発作(一過性脳虚血発作=一時的に脳の血流が少なくなると現れる
脳梗塞に似た発作で、片側の手足がしびれたり力がなくなる、急にろれつが回らなくなったり、
言葉が出なくなる、片方の目が見えなくなるなどの症状が現れる)が起こることもあります。
これは脳梗塞が起きる重大な警告ですので、見逃さないことが大切です。

脳梗塞は脳卒中の中ではすぐに命にかかわることが比較的少ないものの、
片麻痺などの運動障害や言語障害等の後遺症が残ることが多いので、中高年は十分注意が必要です。
なお脳梗塞には血管の詰まり方により、脳血栓(動脈硬化性血栓性脳梗塞)、
脳塞栓、ラクナ梗塞の3のタイプに分けられます。

西洋医学治療での限界

脳梗塞の急性期の治療は、主に薬や点滴による内科的治療が中心です。
血栓溶解薬、脳保護薬、抗脳浮腫療法が処方されます。
この3つの薬を処方(点滴)し落ちついてきたら、改めて脳の内部を撮ってみます。
発症者の状態によっては血の固まりを除去するため、
外科的手術・脳内視鏡手術を行う必要もあります。
ここまでの治療で、ある程度、発症者の容態は安定してきます。

しかし、手足の麻痺が認められた場合は早期の機能訓練はリハビリで行います。
麻痺は発症後6ヵ月が機能回復の勝負だと言われています。
中国では容態が安定してすぐ、病室で鍼(針)治療を始めます。

健身院での治療方法

脳卒中後遺症は脳出血と脳梗塞後遺症をさします。
日本では主にリハビリ中心になりますが、中国では鍼灸(針灸)治療を盛んに行っている、
特に病院では脳卒中急性期にも点滴治療と同時に鍼(針)治療を積極的に行うため、
後遺症を最小限に抑えることができます。
脳卒中後遺症は主に半身不随と口眼歪みの2つタイプがあります。
治療原則は疏通経絡(ツボの通り道をよくする)、調和気血(気と血の流れをよくする)。

長年の臨床経験から得た治療心得が、病気の初期には患側だけに鍼(針)、
長く羅患した患者には両側にお灸を施す、手足陽明経ツボを中心に失語症には廉泉、
嘔吐には内関、聴力低下には聴宮、医風穴を加える。本病には頭に使う針が決め手です。

脳梗塞後遺症のツボ療法

健身院が採用する平衡鍼灸学独特のツボ
偏灘穴(頭の横、耳の上)

その他
百会(頭の真上)、前頂(前髪際と百会の間)、懸顱(耳の上あたり)

その他
脳の障害部位に頭皮針

手足の麻痺具合により使うツボ
肩愚、大巨、曲池、手三里、合穀、魚際、太淵、足三里、伏兎、風市、環跳、陽陵泉、絶骨などを使います。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ