JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

慢性前立腺炎|中国鍼灸 健身院
中国鍼灸 健身院

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎と鍼灸治療

院長 朱 錫龍

当院では2000年の開院以来、
年間100人前後の慢性前立腺炎の患者さんを治療してきました。
前立腺に効果があるツボに鍼と灸を中心とした治療を行うことで、
前立腺周辺の血液循環を改善し、
痛みを緩和するなどの効果を上げています。
非細菌性前立腺炎の場合は、
西洋医学では最適な治療法がありません。
副作用もないことから、当院での鍼灸治療をお奨めします。

 

慢性前立腺炎とは何か

慢性前立腺炎は、慢性骨盤病症候群とも呼ばれる病気です。
細菌感染など原因が明確な場合もありますが、
ほとんどは非細菌性で、はっきりとした原因が判りません。
主な症状は、排尿痛、頻尿、残尿感などの排尿障害で、
前立腺の炎症が進行するのに伴って起きる慢性型の症状です。 
睾丸やペニス、尿道の疼痛や不快感が生じる場合もあり、
性欲の低下を訴える患者さんもいます。
長時間、座ったままで仕事をする30代~50代の男性に多く、
骨盤内の血流障害が一因とも言われています。
急性前立腺炎の場合は抗生物質を用いて治療しますが、
慢性化すると治りにくくなります。

 

慢性前立腺炎患者の日常生活の注意点

身体、特に足腰を冷やさないようにします。
尿意を感じたらすぐに排尿するように心掛けましょう。
水分を充分に補給することは大切ですが、
一度に大量に飲むと膀胱に負担がかかるので避けましょう。
長時間にわたり座るなどして同じ姿勢を続けると、
症状が悪化しますので注意してください。
濃いコーヒーやアルコールの摂り過ぎも禁物です。

 

中国医学における前立腺炎

中国医学でいう「腎」は、臓器の腎臓とは違う概念です。
「腎」は排尿に関わるだけではなく、
生殖や成長、発育をもたらす働きがあると考えられています。
前立腺炎は虚弱体質などでこの腎の気が不足し、
体内で気や血の流れが滞りがちになっているときに起こります。
「湿熱」といって、
酒や脂っぽい食べ物を大量に摂取することで、
体に熱がこもり水分過剰の状態になるのもきっかけになります。

中国医学の前立腺炎治療の原理は三つあります。

  1. 鍼灸でツボを刺激し前立腺や膀胱の平滑筋の緊張状態を緩和。
    局部的な血液の循環を改善する。
  2. 鍼灸によるツボの刺激が神経内分泌の機能を調節し、
    膀胱や尿道の機能を調節する。
  3. ツボを鍼灸で刺激することで免疫力を高め、
    痛みの原因となる炎症物資(例えばTNF-a、IL-2)を減らす。

現代中国においては
前立腺炎の鍼灸治療は1970年代から重視されるようになり、
電気パルスの利用、
レーザー光線によるツボの照射などを採り入れて急速に発展しました。
最近では、前立腺炎は鍼で治すのが一般的になっています。

 

健身院の治療の特徴

当院では、前立腺治療に30年の臨床経験を持つ
専門家の院長(男性)が治療を担当します。
電気パルスを有効に使うほか、
経験に基づく当院独自のツボを使って治療効果を上げています。
つらい症状を取り除くのみならず、
体質を改善し、免疫力を高めることによって再発を予防します。
鍼灸治療には副作用がありませんので、
つらい症状にお悩みの方はぜひ当院での治療をお試しください。

 

慢性前立腺炎に関するQ&A

Q. 急性前立腺炎も鍼灸で治療した方がいいのでしょうか?

A.

急性前立腺炎の患者さんには
病院での薬物治療と鍼灸治療を併用することをお奨めします。
急性の場合は抗生物質等の投与で治療効果が上がります。
しかし、多くの急性前立腺炎の患者さんが
薬物治療の終了後に慢性前立腺炎に移行しています。
早い段階から鍼灸治療を併用することで
症状の慢性化を食い止める効果が期待できます。

 

Q.慢性前立腺炎の鍼灸治療は継続する必要がありますか?

A.

慢性前立腺炎が簡単に治らないのは事実ですが、
当院に来ている患者さんのほとんどは完治するか、
症状が目に見えて軽快しています。
ただし、それには、
ある程度の治療回数を覚悟していただかなければなりません。
前立腺炎の鍼灸治療は可能なら毎日受診することが望まれます。
毎日は無理でも、週に3回程度は治療する方がいいでしょう。
一般的に5回目くらいの治療で症状の改善が実感できます。
完治までかかる時間は症状によって異なりますが、
おおむね10回~30回の治療が必要だとお考えください。

 

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ