JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

慢性前立腺炎|中国鍼灸 健身院
中国鍼灸 健身院

慢性前立腺炎

慢性前立腺炎と鍼灸治療

慨説

前立腺炎には急性前立腺炎と慢性前立腺炎の二つがあります。
急性前立腺炎は大腸菌が原因のことが多く、慢性前立腺炎ではクラミジアや弱毒性細菌が原因のことが多いようです。前立腺が炎症のために充血してはれあがります。
前立腺肥大症や糖尿病に合併して起こることも多い傾向があります。

慢性前立腺炎は前立腺の炎症が慢性的に続いている状態で、男性にとって一生に一度は前立腺炎を経験すると言われています。また慢性前立腺炎は慢性細菌性前立腺炎、非細菌性前立腺炎、前立腺痛の3タイプに分類できます。

慢性前立腺炎の症状は残尿感、頻尿、排尿痛、射精前後の痛み、排尿時違和感、会陰部や下腹部の鈍痛や不快感があります。尿検査では尿中に白血球が多数出現します。直腸診では前立腺に触れると圧痛を訴えます。前立腺マッサージをして出てくる前立腺分泌液に白血球を認めます。時に細菌も陽性になります。

 

西洋医学の治療と限界

西洋医学では急性・慢性前立腺炎の治療の中心は抗生物質です(ニューキノロン剤など)。
その他、症状を和らげる働きのあるセルニルトンという薬などを投与します。
慢性前立腺炎では、4-12週間程度抗菌剤を長期内服します。
前立腺マッサージでたまっている膿性分泌物を排出させます。
急性前立腺炎はきちんと治しておかないと治りにくい慢性前立腺炎に移行します。
西洋医学では慢性前立腺炎はなかなか治りにくい病気とされます。

 

中医学の前立腺炎に認識と治療

前立腺炎は中医学の中では"淋証"に分類されます。
一般的に、虚弱体質気味にしている、腎気が不足していて、 お酒や脂っぽい物を好んで、
体に湿熱がこもり、 気血が凝滞になっているとき、本病が発症します。
前立腺炎のハリ治療は1970年代から重視され、大きい発展を遂げました。
例えば電気バリ、レーザーツボ照射などの有効なツボ刺激法、 新しい前立腺炎に有効なツボの発見、
また前立腺炎のハリ適応症の確立などがあります。

 

健身院の治療の特徴

30年の臨床経験に基づいた専門家が治療を担当します。
日本でも開院18年に渡って大勢の患者様の治療を行い成果をあげてきました。
会陰部や下腹部の鈍痛や張り、不快感、頻尿や残尿感、性機能減退などの諸症状が確実な回復をはかります。
有効率は90%です。急性期は身体に溜った湿熱を除去する治療、慢性期は腎陰を補う治療を行っています。

 

慢性前立腺炎Q&A

Q. 急性前立腺炎で病院で抗生物質等薬で約一々月で治療して再検査で菌がなくなったと言われ、
  最初のつらい症状(下腹部痛、頻尿など)が軽減したが、下腹部の痛み、会陰部の不快感、
  残尿感が残って、それもまた辛くて睡眠も悪くなりました。
  鍼灸で本当に治るんでしょうか?

A.

前立腺炎の症状を治す鍼灸治療法は古代から現在まで伝わってきました。
前立腺炎の鍼灸治療の原理は以下の三つです。
1. 鍼灸でツボを刺激し、前立腺や膀胱の平滑筋の緊張状態を調整することで
  前立腺の局部の血液の循環を改善ができます。
2. 鍼灸のツボの刺激が神経内分泌の機能を調節し、 骨盤筋肉や尿道括約筋の弛緩を促進で膀胱、
  尿道の機能を調節できます。
3. ツボの鍼灸刺激で免疫力を高め、前立腺炎の痛みなどになる炎症物資
  (例えばTNF-a、IL-2)を減らせます。

 

Q.急性前立腺炎も鍼灸の治療をすぐやったほうがいいですか?

A.

我々は急性前立腺炎の患者様に西洋の薬と鍼灸治療を併用することをお勧めします。
なぜなら急性の場合、抗生物質等効果がありますから。
ただ、多くの急性前立腺炎の患者が薬の治療だけでは慢性前立腺炎に移行するので、
早い段階から鍼灸治療を併用すると慢性前立腺炎にならない確率が高いと思います。

 

Q.慢性前立腺炎の鍼灸治療の回数がどのくらいかかるんでしょうか?

A.

慢性前立腺炎が簡単に治らないのが事実ですが、我々は前立腺炎の鍼灸治療の臨床研究を長い年月をかけて携わって来ました。健身院に来ている前立腺炎の患者がほとんど治ることができます。
鍼灸治療には時間と回数も覚悟しなければなりません。
鍼灸治療の間隔はできるだけ毎日一回連続です。
一般的に五回目位で症状の改善が実感できます。治すには10~30回を要します。

 

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 花粉症
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 腰痛と鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • メニエール病とメニエール症候群
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ