JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

膀胱炎

膀胱炎

概要

膀胱炎は男性より女性によくある病気です。

主な症状は"何度もトイレに行きたくなる"、"排尿後に痛みがある"、
"残尿感"、"尿が濁ったり、血が混じることがある"などであります。
一般的に、膀胱炎は急性膀胱炎をさすことが多く、
膀胱炎が軽い場合、自覚症状がないこともあります。
普通の場合、患者さんが突然頻尿、排尿痛、残尿感などを感じ、
発熱を伴う場合も多いので気付くことが多いです。

痛みはよく"つーんとしたしみる様な痛み"と形容される場合が多いです。
膀胱炎が悪化してくると残尿感が酷くなり、何度もトイレに行くようになります。
さらに悪化すると排尿時に焼け付くような痛みがあったり、
残尿感はますますひどくなり、トイレから出られなくなることもあります。
更に悪化すると腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合があるので、
早期診断、早期治療は大切であるといえます。

臨床では膀胱炎を四つの種類にわけることができます。
ここで簡単に紹介しておきます。

(1) 急性膀胱炎 細菌が原因で起こる膀胱炎である。
女性が必ずかかる病気とも言われます。
ストレスや過労で免疫力が落ちる場合や、尿意があるが仕事などで
よくトイレを我慢することがあるといった場合、細菌が膀胱内に繁殖し炎症を起こします。

(2) 慢性膀胱炎 急性膀胱炎がまともに治癒しないこと、
また前立腺肥大や尿路結石や膀胱結石や膀胱腫瘍などで膀胱炎が慢性化するという場合。

(3) 間質性膀胱炎 膀胱の上皮と筋肉の間にある間質が慢性的に炎症を起こす場合。

(4) 出血性膀胱炎 肉眼で見えるほど血尿がある場合。
ウイルス、細菌、抗がん剤、薬や食べ物のアレルギーなどになるが、
ウイルス性によるものがほとんどです。
中にはアデノウイルスによるものが一番多く見られ、子供に多い症状となっています。

西洋医学の治療と限界

治療は原因や膀胱炎の種類、程度によって異なります。
急性膀胱炎の場合、抗生物質や抗菌剤で1-2週間で治る傾向があります。
慢性膀胱炎には細菌性の場合は抗生物質など医者の言う通り、
治るまで薬を飲み続ける必要があります。

元疾患がある場合元疾患の治療をしないと慢性膀胱炎は治りません。
治療法には一般的水圧拡張療法(麻酔して膀胱内に生理塩水を注入)や
膀胱内に薬を注入などありますが、
間質性膀胱炎は原因がはっきり分かっていないため、
最終悪化する場合は人口膀胱など外科的な処置することになります。
出血性膀胱炎はウイルスの場合は自然に治る場合が多いです。

中医学の考え方

中医学の中には「淋証」という考え方があり、膀胱炎は中医学の「淋証」に属します。
頻尿、尿意急迫、排尿痛、または排尿障害、残尿感などの症候を総称して淋証という。
"諸病源候論"では、淋証を石淋、膏淋、労淋、気淋、血淋、寒淋、熱淋の7つに分類している。
そのため急・慢性の尿路結感染、膀胱炎、結石、急慢性前立腺炎、
腎盂腎炎、乳び尿などは昔から漢方治療がおこなわれていることがわかります。

健身院の治療の特徴

膀胱炎の6割が急性膀胱炎であり、
健身院では急性膀胱炎の患者さんを多数診てきており、
今も通っている急性膀胱炎の患者さんがいます。
急性膀胱炎の鍼灸(針灸)治療の効果は理想であります。

健身院でよく使われるツボを紹介します。

(1) 照海、三陰交、陰陵泉、関衝、合谷。
(2) 関元、気門、水泉。

症状によって下記のツボを付け加えます:
尿閉がある場合、水道というツボ
咳嗽がある場合、尺沢、太淵などのツボ
お腹が張り、下痢がある場合、天樞というツボ
悪心嘔吐がある場合、内関と中脘というツボ
動悸、不眠がある場合、神門と内関というツボを加えます。

 

小知識

正常の場合、排尿の回数は昼間に4-5回、夜には1回。
膀胱炎の場合一日10回以上。
排尿行為は排尿と同時に尿道や膀胱に入った細菌を体外に排出します。

膀胱炎になると膀胱に尿がたまると不快感がしたり、
排尿時に痛みを感じるため、水を飲むことを嫌がる人がいますが、
病気を治すために、水を飲むことをお勧めします。
女性は尿意がある時、我慢しないことを心掛けましょう。


健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ