JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

間質性肺炎

間質性肺炎

1.間質性肺炎とは…

間質性肺炎は
肺の間質(呼吸の役割を果たす「肺胞」の壁)が炎症を起こし、
硬くなって肺の膨らみが悪くなってしまう病気です。
肺胞そのものの炎症である通常の肺炎とはそこが違います。
原因は様々で、
吸入性疾患や悪性腫瘍、
膠原病、心臓病、気道疾患などが挙げられます。
抗がん剤など薬剤の副作用として起きるケースも知られています。
特定難病のひとつとされる特発性間質性肺炎は、
原因がまだはっきり判っていません。
呼吸不全、呼吸困難が主な症状で、
咳が出るものの痰を伴わない「乾性咳嗽」です。
間質性肺炎が進行すると肺繊維症となり、治療は困難になります。

 

2.西洋医学における診断と治療

間質性肺炎はCT検査で診断できます。
主な治療法としては
急性の炎症を抑えるためステロイドの使用と酸素吸入を行い、
心臓病由来のときは肺のうっ血をきたさないようにします。
特発性間質性肺炎に効く薬としては、
ピルフェニドン(商品名:ピレスパ)があります。

 

3.中国医学における間質性肺炎の診断と治療

中国医学では間質性肺炎を「肺痿」と呼んでいます。
診断にあたっては
「寒熱弁証」(寒症か熱症かの判別)が重要になります。
治療の目的は炎症を抑え、繊維化の進行を遅らせることです。
中国医学でいう「気・血・水」の循環がよくなると、
呼吸が深く穏やかになり、
肺の隅々にまで酸素や血液がいきわたります。
鍼治療を受けた後に呼吸が楽になるのはこのためです。
鍼治療を施すことによって
肺活量の増加、咳や息切れの軽減を図ります。

 

4.健身院の鍼灸治療の特徴

発症してからの年数にもよりますが、
通常3ヶ月から1年の継続的な治療が必要となります。
治療中の風邪や病原菌の感染などが原因で
症状が急激に悪化する場合もありますので注意が必要です。
患者さん自身の生活習慣の改善が必要となる場合もあります。

当院で間質性肺炎の治療に使う代表的なツボをご紹介しましょう。
まず腕にある「肺病穴」で、これは平衡鍼灸学特有のツボです。
平衡鍼灸学とは、
1960年代、北京軍区総医院の王文遠教授が
伝統的な中国医学に西洋医学の神経学を採り入れ、
延べ数万人の臨床実験を行なって確立したものです。
当院ではその最新の成果を治療に応用しています。
さらに首の後ろにある「定喘」というツボも使います。
ツボの多くは気の通り道である「経絡」上にあるのですが、
この「定喘」は経絡から外れたところで発見された
「経外奇穴」と呼ばれるツボのひとつで特効があります。
そのほか、様々な肺の病に効果がある肺兪、
尺沢、腎兪、へその周囲にある中脘、関元、気海などを用います。

 

5.日常生活での注意点

◎日頃から深呼吸を心がけましょう。
 無理のない程度に背筋を伸ばし、
 口を閉じて舌の先を上の前歯の裏に軽くつけます。
 10秒かけて鼻から少しずつ息を吸い、
 胸と腹がいっぱいになった状態で5秒ほど息を止めます。
 続いてゆっくり10秒以上かけて息を吐くようにしましょう。
 これを10セット繰り返します。
 毎日3回から5回行なうのが効果的です。

◎日中は適度に体を動かし、散歩などをしましょう。
 夜はゆっくり入浴をしてリラックスします。
 夜更かしは避けるようにしましょう。
 カフェインを含む飲み物や、
 香辛料など刺激の強いものは控えてください。

◎季節の変わり目、特に秋から冬にかけては、
 風邪を引かないように充分注意をして下さい。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ