JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

糖尿病

糖尿病

血糖値が正常範囲を超えた状態をいいます。
原因として、食生活の乱れ、運動不足、肥満、遺伝などが長く続いたことで、
膵臓の機能が低下し糖尿病を引き起こします。
ブドウ糖に分解された糖質は、血流によって全身に運ばれますが、
ブドウ糖が体内で利用されたり、貯蔵されたりするのは、
インスリンというホルモンが働くためです。
インスリンとはすい臓から分泌されるホルモンで、
インスリンの働きによって血糖値は正常に保たれています。
このインスリンが量的に不足したり、働きが悪くなると、
血糖値を正常に保てなくなり、糖尿病を引き起こします。
糖尿病治療の主な目的は合併症を防ぐことです。
三大合併症とは神経障害、網膜症、腎症をいい、発生頻度の高い慢性疾患です。

症状

・のどが渇きやすく、尿が大量に出ます
血液中に含まれる大量のブドウ糖を排出するため、
尿が増えることから体内の水分が失われます。
そのため、のどが乾きやすくなります。

・体がだるく、疲れやすくなります
インスリンの働きが悪いため、ブドウ糖を利用できず、
活動するためのエネルギーが不足しています。
そのため、脳に回る血液の量が減って、頭がぼーっとしたり、体も怠くなります。

・食欲が旺盛になります
ブドウ糖が正常に利用されないため、空腹感を強く感じ、たくさん食べてしまいます。

・たくさん食べても痩せます
糖尿病が悪化してくると、ブドウ糖が正常に利用されず、
エネルギーが常に不足している状態で体重が急激に減ります。


種類

糖尿病は四つのタイプに分けられます。

【1型糖尿病】
膵臓のインスリンを作る細胞が破壊され、体内のインスリンの絶対量が足りなくなって起こります。
小さいうちに始まることが多く、インスリン依存型糖尿病とも呼ばれています。

【2型糖尿病】
インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、
肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、
ブドウ糖をうまく取り入れられなくなって起こる糖尿病があります。
食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多く、95%以上の糖尿病患者はこのタイプに入ります。

【ほかの病気が原因で糖尿病】
肝臓や膵臓の病気、感染症、遺伝子や免疫の異常などのほかの病気が原因となって、
糖尿病が引き起こされるものです。また、薬が原因となる場合もあります。

【妊娠糖尿病】
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。


合併症

糖尿病に特有の合併症として多く見られるのが、
「糖尿病網膜症」、「糖尿病性腎症」、「糖尿病性神経障害」で三大合併症と呼ばれます。
糖分の多く含まれたドロドロの血液は、栄養素を毛細血管のすみずみに送ることができず、
さまざまな障害を引き起こします。

【糖尿病網膜症】
網膜に異常が起こる病気で、視力の低下、失明をもたらします。

【糖尿病性腎症】
高血糖が長期間続くと、腎臓に血管障害や膜に変化が起きてきて濾過機構が破綻する病気。
腎不全に至ると人工透析を要します。

【糖尿病性神経障害】
知覚神経や自律神経に障害が起こり、手足の感覚が鈍くなったり麻痺したりするほか、
排泄障害や消化器症状などが起こります。


西洋医学の治療での限界

糖尿病の薬物療法

糖尿病の治療には、インスリン療法と経口剤療法があり、ほとんどは経口剤で治療します。
血糖値がそれほど高くなければ経口剤だけでも効果があり、注射に比べての容易であるという理由からです。
インスリン療法では、基礎インスリン分泌が保たれている場合は、
速効型インスリンの毎食前3回注射などを行い、頻回のインスリン注射が困難な場合などには、
一日1回?2回、混合型または中間型の投与が行なわれます。
ただ、副作用も軽視できないものです。お腹が張ったり、ガスが出やすくなったりします。
その他、貧血、下痢、軟便、便秘、腹痛、食欲不振、悪心、嘔吐、なども起こることがあります。
また、他の薬と併用した場合は低血糖になることもあります。


健身院での治療方法

糖尿病には薬物療法以外に食事療法と運動療法がありますが、
中国では、食事療法と運動療法に合わせて、鍼灸(針灸)治療も盛んに行われています。


糖尿病に対する中医学の認識

遥か昔から糖尿病に対する認識は深く、細かく原因、症状、合併症と
鍼灸(針灸)治療についてくわしく古代文献に明確に記載してありました。
糖尿病に対しては、症状によって「三消」に分けられていました。
つまり「上消」、「中消」、「下消」で、「上消」とは心肺のあたり、横隔膜より上をさし、
「中消」とは胃腸あたりをさし、「下消」とは腎、膀胱あたりをさします。

「上消」のときの症状

情志失調(精神的調和がが失われる)、五志過極(喜怒哀楽が激しすぎ)、皆従火化(皆火になり)、
心火過旺(心で熱が篭り)、消灼肺陰(肺で陰陽のバランスが崩れて、陽が強くなる)によりが生じます。

「中消」の時の症状

恣食肥甘(高カロリーなもの、甘いものを好む)、醇酒厚味(濃い味が好むうえ、酒も大量にのむ)、
脾胃積熱(脾と胃に熱が溜まり)、化燥傷津(熱により、体液も消耗される)。

「下消」の時の症状

先天不足、腎陰素虚(腎の陰陽のバランスがくずされて、陽が強くなり)、煩労太過(心労が多い)、
恣情縦欲(私生活が乱れすぎ)或いは病後失調は皆腎陰欠損(それらにより、腎陰が弱まる)。


他の疾患との鑑別

糖尿病患者は多尿、多飲、多食
痩せている、空腹時に血糖値が高い、尿糖複数回検査で陽性であればほぼ診断できます。
注意すべきこと:一時的糖尿病、胸部疾患による糖尿、内分泌疾患による糖尿、
尿閉症、バセドー病などと鑑別する必要があります。


治療原則

養陰潤燥清熱を治療の原則として、「上消」の場合は心と肺の治療を、「中消」の時は脾と胃を、
「下消」の時は肝と腎を、陰陽とも弱っている場合は陰陽ともに補います。


糖尿病に使う基本ツボ

健身院で採用する平衡鍼灸穴を使う

降糖穴

その他よく使われるツボ

胃管下兪(第8胸椎棘突起横5cm)、肺兪、脾兪、腎兪、三陰交
胃管下兪は「千金要方」と「千金翼方」から本病を治す時に使用していました。

上消の症状著しい患者は
基本ツボ+心兪、太淵、少府

中消の症状著しい患者は
基本ツボ+胃兪、陰陵泉、内庭

下消の症状著しい患者は
基本ツボ+肝兪、太渓、太衝

その他
口が乾く患者は+廉泉

おなかが空きやすい患者は+中脘

口内炎のある患者は+通里、合谷、照海

視力がぼやけている患者は+養老、光明

そのほかに耳つぼ療法もあります。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ