JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

喘息

喘息

概要

現代医学において喘息が発病する原理はまだ完全には解明されていませんが、
遺伝性の因子と環境性の因子の両方の影響を受けます。
病人のアレルギー体質は喘息が発病する前提・基礎になります。

アレルギー体質の人が花粉やホコリ、
動物の毛や真菌、エビ蟹など
外部的なものを摂取・接触すること、
あるいは細菌やウイルスの感染で、
情緒の激しい変動や急な天候の変化など誘因する刺激を受けて、迷走神経の興奮、気管の平滑筋の痙攣が起こり、
気管粘膜が充血、粘液分泌の増加、
気管腔が狭くなり、肺の通気が不調になり、主として呼気性呼吸困難が発生します。

一般に喘息は反復発生し、呼吸困難、咳痰、胸が重苦しい症状が出ます。
喘息には急性発作期と緩解期があります。
急性発作期は西洋薬のほうが効き目がいいですが、
緩解期は予防治療が大事になってきます。

 

西洋医学の治療と限界

喘息の急性発作期には、ステロイド剤の吸入薬と抗生物質が必要かつ効果を発揮します。
緩解期には予防が中心になってきます。

予防においては、
a.ホコリや花粉などアレルギーになるものさける。室内の空気を新鮮に保つため、換気する。
b.猫や犬など小動物を飼わない。
c.子供には冷浴をさせることで鍛えさせ、乾いたタオルで体を摩ることで、迷走神経の緊張を緩和させる。
d.食事に栄養バランスを取る。風邪や疲労、ストレスなどを避ける。
などの点に気を配ることが必要です。
しかし、多くの喘息の患者さんは毎年繰り返される発症に苦しんでいるのが現状です。

 

中医学の本病に対しての認識

中医学では、喘息が発病する原因を主因と誘因に分けます。
主因は肺に宿痰があることであり、喘息の人には、
風邪を引きやすい人や慢性気管炎を持つ人が多いでしょう。
誘因は天候の突然変化、アレルギーのある食べ物の摂取、情緒の失調や過剰な疲労などです。

発作期は実症のほうが多いですが、緩解期は虚症が主です。
治療には漢方薬による治療や鍼灸(針灸)治療があります。
漢方薬は日本でもよく使われているので、ここで簡単に紹介します。

急性発作期:寒性喘息に小青竜湯、熱性喘息に麻杏石甘湯。
緩解期:生脈散、参苓白術散、金貴腎気湯。

中国では緩解期において、鍼灸(針灸)治療がよく行われています。

健身院の治療の特徴

鍼(針)治療では自律神経(迷走神経)のバランスを調節し、
免疫力を高め、肺や気管の機能を整えることができます。
喘息のハリ治療、特に緩解期のハリ治療は、中国において昔から頻繁に行われてきました。
さらに中国には冬の病気は夏の時に治療する"冬病夏治習慣"があり、それは予防治療です。

喘息は寒い季節、特に冬・春の季節の変わり目に発症することが多いため、
夏期に鍼灸(針灸)治療するのが当院の特徴です。
ここで主に喘息の緩解期のハリ治療を紹介します。
緩解期には治療の原則は扶正益肺が主になります。

健身院が採用する平衡鍼灸学のツボ
肺病穴

他によく使われるツボ
膏肓、膻中、太淵

鍼(針)・電気・お灸・吸い玉での総合的な治療が効果的です。


健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ