JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月~金曜日 土曜日
AM11:00~PM2:00
PM4:00~PM9:00
AM11:00~PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

気管支拡張症

気管支拡張症

気管支拡張症とは気管が非逆的な拡張をきたした病態です。
気管支の浄化作用が低下し、痰がたまって細菌などが繁殖しやすく、
気管支炎や肺炎に罹り易くなります。
また拡張した気管支には血管が増え、血痰や喀血も出現することがあります。

 

原因

気管支拡張症は先天性と後天性があります。
後天性気管支拡張症の原因としては、

(1) 気管支纖毛運動の機能異 異常で気道感染を繰り返す
(2) 幼少時期の重症呼吸器感染症があって、その後気道感染を繰り返す
(3) 他疾患に引き続き発症 (例えば肺結核、肺化膿症、塵肺)
などが挙げられます。

症状

色の付いた痰(黄色から緑色のことが多い)と咳が一緒に出るのが特徴です。
発熱を伴うこともあり、感染が広がると呼吸困難がみられます。
痰に血が混じったり、喀血(咳とともに血を吐くこと)が起こることもあります。
診断は臨床症状と胸部x線写真や胸部CT検査でできますが、
軽度の症例では胸部x線に気管支壁の肥厚や嚢胞状など所見がはっきりしないこともあります。

西洋医学の治療と限界

西洋医学の治療では
(1) 気道のクリーニング (気管支の中に痰をためないこと)が基本です。
(2) 抗生物質などで感染を治すことが重要です。
(3) 血痰や喀血の場合には止血剤などを投与されます。
(4) 喀血がひどい方には手術を行なうこともあります。

気管支拡張症の人は気道感染や肺炎など予防することが大事で、
病気の進行を防ぐことに気をかけなくてはなりません。
予防には、伝統的な漢方薬や鍼灸(針灸)治療が効果的です。

 

中医学の考え方

気管支拡張症は中医学の"咳嗽""喀血"の範疇に属します。
中医学の考えによれば、本病の原因は肺陰が不足の上風熱の邪気が肺に侵入し、
痰熱鬱肺をきたすことにあります。
あるいは肝火が肺を犯し、肺の清粛機能を失い、肺の陰が損傷を受け、
肺の脈絡を傷つけ、血が溢出することもあります。

健身院の治療の特徴

鍼灸(針灸)治療は気道を広げることで痰を出しやすくし、
出血を止めることに一定の作用があり、しかも副作用がありません。ぜひご利用下さい。
健身院には肺疾患の患者さんは大勢通っていますが、
私たちは気管支拡張症の患者さんを以下の三つのタイプに分け、
それぞれに丁寧な鍼灸(針灸)治療を行なっています。

(1) 痰熱鬱肺型長年咳嗽
痰が朝起きる時と寝る時特に多い、痰液が黄厚、吐きにくい、発熱や寝汗がある、
胸に圧迫感がある、体が重くだるい、食欲がない、口が乾く、舌診は舌苔が黄貮、脈診は滑速。

(2) 陰虚肺熱型咳嗽
痰が少ない、血痰がある、あるいは喀血が反復し血の色が鮮紅色、
口が乾く、舌診は舌質が赤い、脈診は脈が細く速い。

(3) 肝火犯肺型咳嗽
痰の中に血が混じる、あるいは純血鮮紅色、胸脇の脹痛を感じる、
イライラするあるいは怒りっぽい、口が苦い、舌診は舌質が赤い、舌苔が黄色、脈診は弦速脈。

健身院のハリ治療の原則は止咳宁絡止血です。
ツボは主に手の太陽経のツボを選ぶことにしています。

健身院が採用する平衡鍼灸学のツボ

肺病穴
基本ツボ 尺沢、魚際、肺兪、孔最

症状によって使い分けるツボ
痰熱鬱肺(痰の熱によるもの)の方には少商、曲池、豊隆。
陰虚肺熱(陰が弱ている時)の方には太淵、太渓。
肝火犯肺(肝の火による)の方には行間、肝兪。
鍼灸(針灸)治療は喀血症に効きますが、
出血がひどい場合には西洋医学の治療などの綜合治療を行うべきです。

患者さんは身体を鍛え、体質改善することが大切で、
平素には呼吸気道の通暢を保持することで気道感染を防ぐことも何より重要になってきます。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM2:00
   PM4:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM5:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ