JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

メニエール病とメニエール症候群

メニエール病とメニエール症候群

メニエール病とメニエール症候群

メニエール病とは激しい回転性のめまいと難聴、耳鳴り、
耳閉感の四大症状が同時に繰り返す内耳の疾患です。
フランスの医師プロスペル・メニエール氏が1861年に初めて、
めまいの原因の一つに内耳性のものがあることを報告したことから
この名前がついています。

症状

(1)めまい (突発的で立つこともできないほどの激しい回転性で、かつ数十分以上続く)
(2)難聴 (特に低音が障害される)
(3)耳鳴り
(4)耳閉感

以上の四症状が同時に起こり、
症状が一旦治まってもその一連の症状が数日から数ヶ月の間隔で繰り返されます。

発作時の付随症状には吐き気、嘔吐、冷や汗、
顔面蒼白、動悸、温感異常などがあります。
メニエール病は40代が中心の病気であり、女性のほうがやや多い傾向があります。
メニエール病の原因は内耳の内リンパ水腫です。

メニエール症候群とは内耳の内リンパ水腫がないものの、
メニエール病の症状と似ているため、メニエール症候群といわれています。
めまいが主な症状で、難聴が一緒に起こることが多く、
吐き気や嘔吐が起こることもあります。

原因は内耳の自律神経の異常、血行不全、迷路内リンパ圧の昂進、
アレルギー説、水分代謝の異常による内耳内の水分貯留などがいわれていますが、
まだ十分には解明されていないのが現状です。

 

西洋医学の治療と限界

メニエール病の西洋医学の対応は薬物療法が中心で、
利尿剤、ステロイド剤、精神安定剤、やビタミンB12などが投与され、
症状がひどい場合には入院し点滴が行われます。

この病気は進行してしまうと治す事が難しく、早期治療が重要です。
メニエール症候群の治療も薬物療法で対症治療が行われます。
ただメニエール病やメニエール症候群は反復することが多いため、
西洋医学の治療と同時に鍼灸(針灸)治療を行なうと、
よりいい効果が得られることが中国における臨床実験で分かっています。

中医学の考え方

メニエール病やメニエール症候群は中医学の"眩暈"の範疇に属します。
臨床では突然発作性眩暈、同時に吐き気、嘔吐、耳鳴など伴うことを主症状とします。
病気の発生は精神的な原因、物理的な刺激、生理や妊娠などと深く関わります。中青年にこの病気が多いです。
東洋医学では本病が三つの原因が考えられます。

一、腎の陰が不足し、肝の陽が亢進することによるもの
ニ、体の気血が不足することによるもの
三、体に湿気が集まり、痰を生じることによるもの

中医臨床診断

本病は症状の特徴では診断が難しくないと思います。
主な症状は反復突発的な回転性眩暈、立つことあるいは座ることもできない、
体位が変わる時症状がひどく感じ、同時に吐き気、嘔吐、耳鳴、眼球震顫などもあります。
患者様が目を開けることが怖がります、目を閉じても自身が回っているように感じます。
毎回発作時間はそれぞれで、持続で数分間、数時間、数日間などがあります。
めまいが発作前に予兆がなく、発作期が過ぎたら症状が完全になくなります。
聴力検査では伝導性難聴です。肝風、体虚、痰濁などの体質により、それぞれの随伴症状があります。
例えば、肝陽上亢者の随伴症状は頭、顔が脹紅、頭痛などであり、脈診は弦脈です。
気血不足者の随伴症状は疲れ、気力がないなどであり、脈診は脈は弱いです。
痰湿者の随伴症状は体や頭が重だるい、お腹が張るなどで、脈診は脈滑です。

鑑別診断

(一)薬物中毒性眩暈:薬で発生する眩暈で、歩く時体のバランス感覚が崩れ、足がよろよろおぼつかなく、
横になるとめまいが軽減し、動くとめまいがひどくなります。眼球震戦はなく、聴力が落ちることがあります。

(二)迷路炎症:急性や慢性中耳炎の合併症で、めまいは持続性で、間欠期ではありません。 頭部が動かす時症状がひどくなります。また重度な混合性難聴があります。
ほかには内耳神経腫瘍、高血圧症、動脈硬化、貧血や神経症などの病気と鑑別する必要があります。

中国鍼灸治療

本病の治療は通調清竅が原則とします。
肝陽上亢、血気不足、痰湿証型に基づき、平肝潜陽法、補益気血法、運濁化痰法を使います。
選穴(ツボを選ぶ)法では手、足の少陽経のツボを主とし、症状に合わせて、背中の背兪、足の厥陰経、足の太陽経のツボを選びます。

健身院でよく使うツボ

率谷:耳尖の直上1.5cmくらいの指で触ると陥凹になる所です。 側頭筋の中にあります。浅側頭動静脈の頭頂枝があります。耳介側頭神経と大後頭神経の吻合枝が分布しています。 偏頭痛、嘔吐、めまい、耳鳴りなどに効きます。

風池:胸鎖乳頭筋と僧帽筋の上端との間にあります。 深層には頭板状筋があります。後頭動静脈があり、小後頭神経の枝が分布しています。 頭痛、眩暈、項頚部の強ばりと疼痛、目の充血や疼痛、鼻炎、肩背部痛、発熱、風邪、耳鳴り、癲癇などに効きます。

聴宫:耳珠前方にあり、口をあけたときできる陥凹部です。浅側頭動静脈の前耳介枝があります。 顔面神経と三叉神経第3えの耳介側頭神経が分布しています。耳鳴り、難聴、中耳炎、歯の痛みに効きます。

中渚:手背の第4・5中手骨間で、中手指節関節後方の陥凹部です。 頭痛、目の充血、耳鳴り、難聴、咽喉部の腫れと痛み、熱病、肘や腕の痛み、手指の屈伸困難に効きます。

�1B溪:拳を握り、第5中手骨頭の後方尺側で表裏の肌目のところです。 頭痛、項部の強ばり、難聴、耳鳴、腕手指の痛み痺れに効きます。

間使:手根横紋の上方四横指のところ、両筋の間にあります。 嘔吐、胃痛、心部痛、腕の痛みなどに効きます。

豊隆:外果前縁の上8寸、条口穴の外側1横指のところにあります。 前脛骨動脈があり、浅腓骨神経が分布しています。 眩暈、頭痛、多量の喀痰、喘息、咳嗽、胸の痛み、下肢の麻痺萎縮や痛みなどに効きます。

太衝:足背の第1、2趾接合部前方の陥凹部にあります。 頭痛、頭目眩暈、顔面神経麻痺、不眠症などに効きます。

中国鍼灸治療は眩暈に対して優れた効果を収めることができます。
平素から充分におやすみをとるようお勧めます。
また痰濁によるものは、食事を気をつける必要があります、小食とし、または油っこい食べ物はさけるようにしたほうがいいと思います。

当院のおすすめとしては西洋医学の治療と同時に当院の鍼灸治療を併用することでより一層早く治ります。
当院での鍼灸治療の総有効率は99.5%、治癒率83%です。

 

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ