JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

萎縮性鼻炎

萎縮性鼻炎

概要

萎縮性鼻炎とは進行が遅く、鼻の粘膜が薄く硬くなり、
鼻腔が広がって乾燥が進む慢性鼻炎の一種です。
鼻の粘膜は鼻の粘液を分泌し、ほこりなどの粒子を取り除く作用があります。
鼻の粘膜が萎縮になると、鼻づまり、鼻咽の乾燥、鼻血、臭覚が鈍い、
ひどい場合鼻の内側にかさぶたができ、悪臭を発生することもあります。

臨床では単純性萎縮性鼻炎と真性萎縮性鼻炎にわけることもあります。
単純性萎縮性鼻炎は鼻の粘膜が萎縮だけが見られます。
真性萎縮性鼻炎はかさぶたと悪臭があります。真性萎縮性鼻炎はまれに起こります。

萎縮性鼻炎は副鼻腔の手術で鼻の内部や
粘膜のかなりの部分を切除した人に発生することがあります。
また鼻の粘膜に長期にわたる細菌感染があった場合も発生しやすくなります。

 

西洋医学的治療と限界

治療では、かさぶたの形成を減らし、悪臭を取り除き、感染を抑えるなどがあります。
これらは薬物療法が中心になります。
ほかには手術することで、鼻腔を狭くします。
鼻を通る空気の量が少なくなり、かさぶたの形成が減るという効果があります。
但し、萎縮性鼻炎の良い治療法はまだないと言われています。


中医学的な考え方

中医学では萎縮性鼻炎対して直接の記載が少なく、
1970年代から臨床研究が増えたが、特別な高い効果はまだありません。
西洋医学的な療法と漢方薬や鍼灸(針灸)治療を併用するのが主流になっています。

 

健身院の治療の特徴

健身院では長年にわたって萎縮性鼻炎を含め慢性鼻炎の患者を多数診てきました。
萎縮性鼻炎には独特の温針治療方法を開発し、良い効果が得られました。

健身院で使われるツボ
足三里、三陰交、迎香。

また、症状によって、禾廖、合谷、鼻通を付け加えます。
鼻通というツボの位置:迎香ツボの少し上で、
鼻の左右、従に長さを取ったときの真ん中にあるくぼみに位置します。
萎縮性鼻炎は少ないが、有効率は80%位です。

 

 

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ