JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日
中国鍼灸 健身院

更年期障害の針治療なら、 渋谷駅徒歩2分、中国鍼灸の健身院

更年期障害

更年期障害

慨説

女性は閉経前後(一般的に45歳-52歳の間)、
あるいはほかの原因で卵巣機能を失うことにより、身体的・精神的な症状を発症します。

約25%の更年期の女性は症状が酷く、治療を必要とします。
女性は更年期にはいると卵巣機能は徐々に減退していき、
卵巣から分泌される卵胞ホルモンや黄体ホルモンの減少により排卵機能を喪失し、
子宮内膜の周期的変化を停止し、一生の生理が終わりになります。
それと同時に下垂体前葉から分泌される性腺刺激ホルモンなどが増えてきますから、
自律神経機能の障害を起こします。

 

更年期障害の特徴

自覚症状が中心で、人によって症状は異なり、
また一定の症状ではなく、次々と違った不調として現れます。
そのため、その辛さは他人には理解してもらいづらく、
たくさんの方が悩まれているのが特徴です。

主な症状

a.心血管系症状 のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸、息切れ、めまい、血圧上昇など
b.精神的神経的症状 物忘れ、失眠、憂うつ感、倦怠感、集中力低下、
蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)、かゆみ、肩凝り、腰痛、関節痛など
c.月経や生殖器官の変化 閉経前生理不順(主な症状は生理期間が長い、
生理の量が多いなどを経て、閉経になる)、生殖器官の外陰や子宮や乳腺などが
少しずつ萎縮する症状が見られます。

 

西洋医学の治療と限界

西洋医学では更年期障害のひどい方には心理治療や抗うつ剤や
ホルモン補充療法などがありますが、薬だけでは治りません。
特に病院ではホルモン補充療法を受けるに当たって、
副作用のリスクがあると医師から必ず説明があると思います。
乳房の張り、不正出血、頭痛、悪心、嘔吐、浮腫み、
おりものの増加、腹部の膨満感、腹痛、情緒不安定、うつなどです。

また、長期の使用による乳癌、子宮癌の発生率が通常より高くなることもあるので、
治療を行っている間は数ヶ月に一度、乳癌、子宮ガンの検査を勧められます。
乳癌・子宮癌の患者(既往者を含む)、血栓症の既往症のある患者、
心不全・腎不全・肝疾患より腹水や胸水のある患者、
子宮筋腫・子宮内膜症・乳腺炎の患者、インスリンを必要とする糖尿病の患者、
これらの患者に対してホルモン補充療法は絶対的禁忌もしくは比較的禁忌とされます。

つまり、ホルモン補充療法にはそれだけのリスクがあります。
どんな薬や治療法にも長所、短所がありますが、その中で女性の体により優しく、
自然な形で、リスクの少ない方法があるとしたら、
まずそれらを試したほうがいいだろうと思います。

西洋医学は対処療法ですが、代替療法の中では歴史のある鍼灸(針灸)治療は
特に世界に再認識され最重視されて研究などがなされています。

中医学の認識と治療

中医学では女性が閉経前後、腎気(親からもらう先天的力・機能・働きという)が
徐々に弱くなり、生殖機能を失い、陰陽の平衡を失調し、臓腑機能失調になります。
めまい、のぼせ、ほてり、発汗、腰膝がだるい、生理の量が多い、舌診が舌質紅、
脈診が脈弦細速などの症状の方は肝陽上亢進型に分類されます。

動悸、失眠、夢が多い、手足のほてり、怒りやすい、躁鬱、舌診は舌質紅、
苔が少ない、脈診は細速などの症状の方は心血虚損型に分類されます。

疲労感が残る、疲れやすい、気力がない、食欲ない、腹脹、下痢、寒がり、
舌診は舌質淡苔薄、脈診は沈細あるいは脈が弱いなどの症状のある方は
脾腎不陽虚型に分類されます。

漢方薬やハリ治療には副作用はなく、禁忌症もなく、効果も良好です。

健身院の更年期障害に対しての認識とハリ治療の特徴

医学の進歩と社会の発展により、日本人女性の寿命は世界一になりました。
健康老齢社会を実現するためには更年期保健を重視しなければなりません。
更年期障害の適切な有効な治療は更年期年齢の女性が
穏やかに健康的に更年期を過ごせるだけではなく、
老年性疾患の予防と老化現象を防ぐにも役に立ちます。

西洋医学のホルモン補充療法は禁忌症や副作用のため、治療の範囲が限られています。
近年更年期障害のハリ治療の臨床研究はかなりの発展を成し遂げました。
ハリ治療は更年期障害の各症状には一定の効果があり、副作用もありません。
鍼灸(針灸)治療は一定の優越性と潜在力があります。

我々は健身院に来る多くの更年期障害の患者さんを治療しました。
来院していただいた多くの患者さんの症状の原因は、
腎の陰の損と腎の陽の虚弱によるものです。
更年期障害の発病は腎虚(腎の陰あるいは陽が虚にしている状態)により
多臓腑機能失調を起こすことで、多様な症状が現れます。

鍼灸(針灸)治療は崩れた機能を再平衡させ(陰陽平衡)、更年期障害を治していきます。
健身院では一人ひとりの患者さんの症状をみて、
一人ひとりのハリ治療の対策を立てから治療いたします。
一人ひとりに使うツボが違うためです。

当院がよく使われるツボ
百会、印堂、神門、三陰交、肝兪、腎兪、足三里、太渓、気海。
健身院が採用する平衡鍼灸学独特のツボ:調神穴、宮病穴

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ