JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

腰椎椎間板ヘルニアの治療は針治療が効果的!渋谷駅徒歩1分、中国鍼灸の健身院
中国鍼灸 健身院

腰椎間板ヘルニア

腰椎間板ヘルニアと鍼灸治療

腰椎間板ヘルニアは、
加齢や激しい運動などによって
腰の椎間板が外に飛び出した状態をいいます。
はみ出した椎間板が周りの神経や血管などを圧迫し、
激しい痛みやしびれを引き起こします。
青壮年に多く見られ
右よりも左腰に発症することが多いことが知られています。

1.椎間板ヘルニアの症状

腰椎間板ヘルニアを発症する患者のほとんどに
ぎっくり腰や慢性腰痛の経験があります。
激しい運動の後などに急性腰痛を生じ、
治療や休息でいったん痛みが治まるものの
その後に再発するという繰り返しが本病を誘発します。
腰椎間板ヘルニアを発症すると
まず腰痛やぎっくり腰のような症状が現れ、
続いて片側の腰の背骨のきわに激しい痛みが生じます。
症状が重くなると歩行困難となり、
座ったり寝たりすることさえ苦痛を伴うようになります。
咳やクシャミ、大便により苦痛が激しさを増すのが特徴です。

腰椎間板ヘルニアに伴う主な症状は次の通りです。

○坐骨神経痛

疼痛は臀部から始まり、
太ももの裏側や膝の裏、足の甲、足の裏にまで達します。
患者は痛みを軽減するため、
前かがみの姿勢で歩くことが多くなります。
病状を長引くにつれて、下腿部の疼痛が主な症状になります。

○活動障害

多くの患者は痛みを軽減しようとして次第に姿勢が歪んできます。
ヘルニアが神経根の外側にあるときは上半身が健康側に傾き、
神経根の内側にある場合は患部の側に傾ぎます。
次第に体の後屈が難しくなり、
ときには前屈さえ自由にできなくなることもあります。

○下肢のしびれや筋力低下

長く腰椎間板ヘルニアを患っている患者は、
ふくらはぎや足の甲にもしびれが及び、足が冷たくなります。
時にはむくみが出現したり、
足の親指に力が入らず、爪先立ちできなくなることもあります。

2.西洋医学における椎間板ヘルニアの治療法

西洋医学における椎間板ヘルニアの治療は、
原則的に外科手術を伴わない保存療法となります。
鎮痛剤の服用や温熱療法、
牽引や神経ブロック注射などが主な治療法です。
こうした保存療法が効かない場合は
手術やレーザー光線による治療を行ないますが、
手術療法には一定のリスクがつきまとうのは否定できません。

3.中国医学の考え方

中国医学では、
内因、すなわち病を引き起こす根本的な体質と、
疾患の引き金をひく外因の両面から疾患を考えます。
本病の内因は元気の源である「腎」の気が弱くなったことで、
不注意によるぎっくり腰などで腰を傷つけることや、
風、寒、湿の邪気が経絡(気の通り道)に侵入するのが外因です。

腰は人体の運動に伴う荷重が集中する場所で、
椎間板はいつも多方面からの衝撃を受けています。
そのため、椎間板には、
萎縮や弾力性の減衰など退行性の変形が起きやすいのです。
こうした退行性変化は20歳前後から始まります。
20~30歳の間に椎間板が何らかの損傷を受けることによって、
腰椎の4番、5番、
あるいは腰椎5番と仙骨の間で、
椎間板ヘルニアを発症するのが一般的です。

先ほども書いたように
腰椎間板ヘルニアには「風」「寒」「湿」が関連します。
臨床的によく見られるのは、
寒冷な場所、雨天あるいは水中での作業を行なったことにより、
邪気が腰部を侵襲して筋肉がけいれん、
腰部の血液循環が悪くなって椎間板への栄養補給が滞り、
椎間板ヘルニアを引き起こしてしまったケースです。

4.鍼灸による腰椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療法には手術療法と保存療法がありますが、
大多数の患者は中国医学の保存療法で治癒可能です。
中国医学の保存療法には鍼灸治療と整体療法がありますが、
ここでは当院が専門としている鍼灸について書きます。

鍼灸療法は、
局部の血液循環を改善し、痛みを抑え、痙攣を取り除くとともに、
人体が本来持っている免疫力をアップし、
損傷した組織を修復することを目的としています。

腰椎間板ヘルニアの治療に使うのは、
「太陽膀胱経」と「少陽胆経」という脚の経絡上にあるツボです。
健身院で治療によく使うツボのいくつかをご紹介しましょう。

志 室:第二腰椎棘突起下の両側3寸のところにあります。
    特に「補腎健腰」に作用するツボで、
    腰背部の強ばりや疼痛、排尿困難や浮腫などに効きます。

腰 眼:第四腰椎棘突起の横3.8寸にあります。
    鬼眼」とも呼ばれ、「腎虚腰痛」によく効くツボです。

大腸兪:第四腰椎棘突起下の両側1寸半のところにあります。
    作用は「利腰腿」「調腸腑」。
    腰痛のほか、下痢や便秘などにもよく効くツボです。

秩 边:仙骨管裂孔の両側3寸、梨状筋の下縁にあります。
    ここには下殿神経と後大腿皮神経の末端が分布し、
    外側には座骨神経が通っています。
    経絡の疎通と腰膝の強健を目的としたツボで、
    腰仙骨部の痛み、下肢麻痺、排尿排便困難等に効きます。

環 跳:大臀筋と梨状筋の下縁にあり、
    下殿皮神経が分布し、深部には座骨神経が通っています。
    腰や大腿部の痛み、下肢の運動麻痺に効きます。

陽陵泉:腓骨頭下方の陥凹部にあります。
    総腓骨神経が淺腓骨神経と深腓骨神経に分かれる場所で、
    下肢の運動麻痺やしびれ、膝の腫脹のほか、
    嘔吐などにも効くツボです。

5.健身院の治療の特徴

健身院では、
まず「毫針」(極めて細い鍼)を用いてツボに刺激を与え、
その後に電気的なパルスをかけて治療します。
必要に応じて灸療法や吸玉療法を組み合わせます。

腰椎間板ヘルニアにお悩みの方には、
特に健身院独自の「お任せコース」を用意しています。
鍼灸と整体を組み合わせたもので、
按、㨰、圧、揉摩、斜板、旋转など中国整体の手技を用います。
1日1回で10回をワンクールとした治療を行ない、
3日休んだ後に、またワンクールの治療を継続します。
おおむね2〜3クール(20回〜30回)の治療で治癒します。
「お任せコース」の治療は1回7560円です。
椎間板ヘルニアの激しい痛みに苦しんでおいでの方は、
ぜひ一度ご来院のうえ、専門家にお気軽にご相談ください。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ