JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

腰椎椎間板ヘルニアの治療は針治療が効果的!渋谷駅徒歩1分、中国鍼灸の健身院
中国鍼灸 健身院

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療

腰椎間板ヘルニアは腰椎間板髄核ヘルニア症ともいいます。
椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が、加齢や激しい運動などで外に飛び出した状態を言います。周りの神経や血管などを圧迫することにより、激しい痛みやしびれを引き起こしてしまう病気です。本病は青壮年に多く見られ、左側のほうが多く見られます。

 

症状

大多数の患者はぎっくり腰や慢性腰痛の経験あり、
ある患者は痛めたあとに腰痛と下肢痛を生じます。
ある患者はぎっくり腰や激しい運動のあと急性腰痛を生じるが
針治療と休憩で傷みが治り、しかしその後再発します。
こうして繰り返し発作して本病を誘発します。

まず、腰痛やぎっくり腰のような症状が現れます、
続いて片側の腰の背骨の際に著しく痛みあり、
症状の重い患者は歩行困難あるいは座るのも寝るのも困難になり、
咳、クシャミ、大便により一層痛くなり、一般に休むと少し楽になります。

 

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛症状:

腰椎椎間板ヘルニアの多発部位は腰の4,5番の間および腰の5と骶骨の間が
坐骨神経に沿っての放射性神経痛、放射痛は臀部からはじまり、
大腿の裏側、膝裏、下腿外側や足の甲、外側、足の根部や足の裏に到達します。

患者は疼痛を軽減する為に前かがみ姿勢で歩きます、
症状の軽い患者は自転車は乗れますが歩くことは辛い。
病状を長引く患者は下腿部の疼痛が主な症状になります。
また、ヘルニアはまんなかの場合は放射痛は両側あるいは交代で出現します。

 

椎間板ヘルニアによる脊椎側弯と活動の障害:

大多数の患者は神経痛を軽減する為に、
ある程度腰椎を保護する為に特徴ある側弯姿勢をとります。
ヘルニアが神経根の外側にある場合、上半身を健康側に向きます。
ヘルニアが神経根の内側にある場合、上半身が患側に向きます。
また、腰椎の生理的彎曲は減少あるいは消失と同時に腰の運動が制限され、
特に後屈は難しく、また、前屈も制限される場合があります。

 

下肢のしびれ感や筋力低下:

親趾のしびれはL5、小趾のしびれはS1です。
病程が長いあるいは神経の圧迫の強い患者は、下腿後ろや外側、足背までにしびれが及び、部分患者は患側の足が冷たく、正常の足に比べて、皮膚温が低いことがあります。時にはむくみも出現します。
また親趾に力が入らない、つま先で立てないこともあります。

 

馬尾症状:

中央型腰椎椎間板ヘルニアあるいはヘルニアが巨大化した場合は馬尾神経が圧迫されます、
両方の腰に坐骨神経痛症状があり、排尿無力。ひどい場合排泄困難になります。

 

膀胱直腸障害

緊急手術が必要です!尿意がわからなく尿が出ないあるいは肛門が痺れて締りがなくなる、肛門周囲の感覚がない、男性は性機能障害インポテンツになります。

 

西洋医学の治療と限界

椎間板ヘルニアの治療は、原則的には保存療法を行います。鎮痛剤や、温熱療法、牽引、神経ブロック注射などがあります。保存療法が効かない場合は手やレーザー治療があります。しかし、手術療法はリスクがあります。

 

中医学の考え方

中国医学では本病の内因は腎気が弱く、外因は起居の不注意でぎっくり腰などで腰を傷つくことや、風邪、寒、湿の邪気が経路に侵襲し、経路の気血の流れが悪くなり、筋脈の栄養を失ってしまうことです。

椎間板には血液の供給がほんの少しで、運動や労作の中、腰椎の負重がとても大きいので椎間板がいつも多方面から衝撃を受けております。それによって椎間板の萎縮や弾力性の減弱などの退行性変形が起こりやすくなります。これは椎間板ヘルニアの発生の基礎になります。人は二十歳くらいから退行性変化が始まり、20~30歳の間、椎間板の損傷により線維輪にひび割れなどが発生し、特に腰椎の4、5番及び腰椎5番と仙骨の間に椎間板ヘルニアになることが一番多いです。

外傷で一回の急性ぎっくり腰あるいは慢性的腰部の疲労で線維輪の弱い後縁にひび割れなど損傷をおこり、髄核が線維輪の破裂したところで突出し、神経根や馬尾神経を圧迫して、腰下肢び痛みや痺れを引き起こします。
また線維輪が損傷したが破裂になる前の場合、長時間の振動、あるいはくしゃみ、咳やどで腹圧が急に上がる時ヘルニアを誘発することもあります。

腰椎間板ヘルニアにはよく風寒湿と関連します。
一部の方は本病の発生する前、寒冷、雨天あるいは水中での作業により、邪気が腰部を侵襲し、筋肉が痙攣を起こし腰部の血液循環が悪くなり、椎間板の栄養が障害され、同時に椎間板の内圧が上昇し、特に椎間板が変形した場合、髄核は後外側あるいは後方に出て、後従靭帯、硬膜、神経根、馬尾神経を刺激圧迫することで、腰下肢痛しびれなど発症します。

 

腰椎間板ヘルニアの分類

髄核の突出は多くの場合は後方に突出します。
背骨の椎体に髄核が上下方向に陥入した状態をシュモール結節といいます。
別名、椎体内ヘルニアとも言います。レントゲン写真で側面像を撮ると「シュモール結節」が確認できます。
シュモール結節は比較的に青壮年の方に多く見られます。臨床症状は一般的に軽く腰痛だけです。

突出の部位によって3つのタイプに分けます

1.片側型:髄核突出と神経根受圧は一側に限定されます。
2.両側型:髄核が後従靭帯の両側に突出し、両下肢に座骨神経痛がありますが、一般的には片側に先に出て、
      その後もう一方の下肢に症状が出てきます。あるいは片方の症状が重く、片方の方が軽いく、症状
      が交互に出現します。両側型は臨床では比較的に少ないです。
3.正中型:椎間板が後方中央に突出し、両下肢の症状だけじゃなく、馬尾神経が圧迫され、馬尾神経麻痺で大
      小便機能障害になります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの診断

腰部の外傷史、受寒史など、腰痛しかも下肢放散痛、及び徒手検査でも診断ができます。

検査要点:

(1)歩態:患者様が上体が前傾になり、お尻が一側に向く跛行する姿がよくあります。

(2)側弯:脊柱が側弯になることがあります。側弯は腰4、5椎間板ヘルニアの場合見られます。

(3)下肢伸展挙上テスト(SLR)陽性
       ブラガードテスト:陽性

(4)圧痛点:腰3~5及び仙骨1の棘突起の横2cmのところによく圧痛点があります。

(5)皮膚感覚異常:下腿の前外側皮膚感覚の異常(過敏、鈍い、痛覚の消失)は、第四、五椎間板ヘルニアで
          第五腰神経根が圧迫されていることを意味します。脛骨後面皮膚感覚の異常は第一仙骨神
          経が圧迫されていると考えるのはいいです。

(6)膝蓋腱反射減弱は腰3、4の椎間板ヘルニアの場合が多く、アキレス腱反射減弱or消失は腰5仙骨1椎間板ヘ
   ルニアの診断には役立つと思います。

(7)下肢筋肉の萎縮:両足の同一部位の周径を測ることは正しいです。腰4、5椎間板ヘルニアの場合、患側母
           趾伸展の力が明らかに減弱になります。

(8)レントゲン検査:
 椎間板ヘルニアのMRI画像
  赤丸部分が圧迫された神経根

 X線検査
  椎間板ヘルニアそのものはX線に写らないが、脊椎の骨性変化を見るのに有用である。

 MRI
  椎間板ヘルニアの診断には、極めて有用である。
  利点は、侵襲性が無く、容易に画像上でヘルニア形態を把握できること。
  欠点は、CTに比べ、空間的分解能に劣ることがあること、激痛を伴う場合、安静が困難な為、
  MRI撮影自体が困難なことなどが挙げられる。

 ミエログラフィー
  造影剤を硬膜内に注入し、その形状で神経の圧迫の程度を見る方法。
  MRIが普及したことと、注射や薬剤投与が必要なため、侵襲的検査なので、行われる頻度は減少したが、
  手術を考慮するような例では必要なことも多い。

 ディスコグラフィー
  ミエログラフィーに加えて、侵襲性が高い(痛いのである)ことから行われることは少なくなった。
  ヘルニアの責任高位の診断、外側型椎間板ヘルニアの診断に有効なことがある。

 CT検査
  ミエログラフィーやディスコグラフィーに合わせて、撮影することが多い。
  ヘルニアの骨性成分を見るために、あえて単純CTを撮影して、比較することもある。

 

鑑別診断

(1)ぎっくり腰:明確な外傷歴があります、急に発症することが多いです、鍼灸治療の効果が抜群です。
         ただ、一部の急性ぎっくり腰は、腰椎間板ヘルニアの急性発作の可能性もありますので、
         留意しなければならないんです。

(2)梨状筋損傷:患者さんがお尻が痛い、ひどい方には疼痛が下腹部や会陰部に放散します。
         足が内旋時に痛みが強くなり、外旋の時は緩解されます。
         下肢をまっすぐあげる時、60度以内にはいたみますが、60度を超えると痛みが軽減します。

(3)座骨神経炎:座骨神経自身の炎症で、一般的には外傷歴史ありません。 腰下肢痛は持続性で、夜になると
         痛みが強くなります。 活動or休みは痛みに影響なく、陽性体征ありません。

(4)腰脊柱管狭窄症:中年以上の人に多く、ゆっくり発病します。
           主な症状は腰痛、下肢痛と間歇性跛行です。 腰下肢痛は歩行時に加重し、座位や側卧位
           股関節屈曲時に軽減します。 咳やくしゃみする時痛みが強くならなく、歩くと強くなり
           ます。 患者様が症状を訴えますが、明確な陽性体征はありません。

(5)腰椎結核:脊柱は骨関節結核の発症率の一番高い部位です。 部分低位腰椎結核は下肢痛も起こします。
        患者様は比較的長期的な腰痛と全身無力疲労、体重減少、低熱、寝汗などの症状があります。
        レントゲン検査では結核の特徴が見られます。

(6)馬尾神経腫瘤:慢性的進行性疾病です。疼痛が酷く、夜は強くなります。貧血を伴うことが多いです。
          レントゲン検査やMIR検査は早期発見に役立ちます。

(7)黄靭帯增厚:腰椎間板ヘルニアと同時に存在する場合もありますが、単独の場合、腰の前弯が拡大にな
         り、腰前屈時にも腰部の前凸はかわらないです。 腰痛は立つ時は強くならなく、運動した後
         かえって軽減します。

 

治療

治療は手術療法と非手術療法(保守療法)がありますが、ここでは保守療法の中でもっとも効果がある中国鍼灸整体療法をについて詳しく紹介いたします。 大多数の腰椎間板ヘルニアの患者様が非手術療法で治癒できます。
よく使われる方法は中国ハリきゅう治療と中国整体療法です。

鍼灸整体療法で腰椎間板ヘルニアを治る原理を総結するといくつがあります

1.椎間応力を変え、突起物を回納する(戻す)ことを促進し、線維輪の修復に有利な条件をつくること。
2.軟物組織(靭帯や筋膜や筋肉や神経根)の痙攣と癒着を治し、突起物を位置を動かし、神経根への圧迫を軽減
  あるいは解除すること。
3.椎間板内外の気血の流れを改善し、損傷した神経根の正常な機能を回復すること。

 

椎間板ヘルニアの中国鍼灸治療

鍼灸療法は局部血液循環の改善、鎮痛、痙攣の解除、人体免疫力をアップし、損傷した組織を修復することができます。ツボの選び方は足の太陽膀胱経と足の少陽胆経を主とします。
健身院で腰椎間板ヘルニアの鍼灸治療によく使われるツボをご紹介いたします。

志室:第二腰椎棘突起下の両側3寸のところで、このツボの作用は補腎健腰です。
   腰背部の強ばりや疼痛、ほかには遗精、陽萎、排尿困难、浮腫などに効きます。

腰眼:別名は鬼眼と呼びます。直立して腰部の左右両側にかすかに窪むところ、おおよそ第四腰椎棘突起の横   3.8寸にあたります。

主治:腎虚腰痛に効きます。

腰骶:第五腰椎棘突起の下にあります。第五腰神経後枝の内側枝やそれに伴う動、静脈の枝が分布しており、
   深部には椎間靭帯(黄色靭帯)、脊髄硬膜、脊髄クモ膜、クモ膜下腔、馬尾があります。
   このツボは腰仙骨物の疼痛、生理痛、小児の夜尿症などに効きます。

大腸兪:第四腰椎棘突起下の両側1寸半のところで、第三の腰神経の後枝が分布し、深層には腰神経叢がありま
    す。作用は利腰腿、調腸腑です。腰痛のほか、下痢、便秘、腹部膨満にも効きます。

次髎:第二後仙骨孔の中にあり、大臀筋の起始部で、第二仙骨神経の後枝が分布しています。
   腰痛、下肢麻痺のほか、生理不順、月経痛などに効きます。

秩边:仙骨管裂孔の両側3寸のところで、大臀筋があり、梨状筋の下縁にあります。
   下殿神経と後大腿皮神経の末端が分布し、外側には座骨神経が通っています。
   作用は経絡の疎通と腰膝の強健です。
   腰仙骨部の痛み、下肢麻痺、痔疾、排尿排便困難などに効きます。
   鍼はだるさ、しびれ、腫れぼったさが下肢より足指へ伝わるよに刺します。

環跳:大臀筋と梨状筋の下縁にあり、下殿皮神経が分布し、深部には座骨神経が通っています。
   腰大腿部の痛み、下肢の運動麻痺に効きます。だるさ、しびれ感が足部に伝わるように刺鍼します。

承扶:殿下横紋の正中、うつ伏せして取穴します。後大腿皮神経が分布し、深層には座骨神経があります。

殷門:承扶と委中を結ぶ線上で承扶の下6寸のところで、半腱様筋と大腿二頭筋の間にあります。
   深層には座骨神経が通っております。腰、背、大腿、股関節部の疼痛に効きます。

委中:膝窩横紋の中央,大腿二頭筋と半膜筋腱の間で、皮下には小伏静脈、深層内側には膝窩静脈、最深層には   膝窩動脈があります。後大腿皮神経と脛骨神経が分布しています。
   作用は涼血泄熱、舒筋活絡、袪風湿、利腰膝で、腰痛、股関節の屈伸困難、腓腹筋痙攣、下肢麻痺、片麻   痺、腹痛、吐泻に効きます。

陽陵泉:場所は腓骨頭の下方の陥凹部です。
    総腓骨神経が淺腓骨神経と深腓骨神経に分かれる部位にあたります。
    片麻痺、下肢運動麻痺、下肢のしびれ、膝の腫脹、口の苦み、嘔吐にも効きます。

承山:腓腹筋の筋腹の下の正中で、主治は腰痛、下肢筋の痛みと痙攣、痔疾、便秘などに効きます。

飛揚:崑崙の直上7寸のところで、外側腓腹皮神経が分布しています。
   腰痛、下肢の痛みや無力のほか、頭痛、眩暈、鼻づまり、

悬鍾:外果の上3寸のところで、腓骨の前縁と短腓骨筋腱との間の陥凹部です。
   八会穴の一つ「髄会」で色んな疾病の治療ができます。
   片麻痺、項頸部の強ばり、胸腹部の腫脹、側胸部痛、膝や下腿部の疼痛、脚気等にも効きます。

昆崙:外果とアキレス腱の間の陥凹部で、短腓骨筋があり、腓骨神経が分布しています。
   このツボの治療範囲はとても広く、重要なツボでございます。
   頭痛、項部の強ばり、眩暈、鼻出血、肩や上肢部の拘縮、腰痛などに効きます。

 

健身院の特徴

健身院では一般的にまず毫針で泻法あるいは平補平泻の方法で刺激を与えてから、 パルスをかけて施術します。
他は灸療法、吸玉療法、中国整体療法と合わせjて治療を行うとより一層効果的です。
一日一回で10回ワンクールの治療受けて、その後3日をお休んで頂いてから、
また10回をやります。大体20~30回で治ります。

腰椎ヘルニアの場合は健身院ではお任せコースがおすすめです。
鍼灸と整体を組み合わせるオリジナルコースです。
これも健身院でしかできないと思います。
整体療法でよく使われる手技は按、㨰、圧、揉摩、斜板、旋转などがあります。

腰椎間板ヘルニアでお悩んでいる患者様が是非一度ご来院くださいませ。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ