JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアとは、頚の椎骨と椎骨の椎間板に亀裂が入り、
椎間板が飛び出して周り軟部組織を圧迫して、
痛みやしびれなどの症状を引き起こします。頚椎は7つの椎骨からなります。
椎骨と椎骨の間に椎間板が挟まれます。椎間板はクッションの役割を果たします。
ヘルニアが後方へ飛び出して、神経や血管、脊髄などを圧迫し、
首、肩、腕の痛み、シビレなどをもたらします。
頸椎椎間板ヘルニアの好発年齢は40歳以上です。好発部位は頚椎の5,6,7番です。

原因:

20歳代から椎間板の変性が始まり、その上、日頃の不良姿勢や運動負荷により
線維輪がふくらんだり、亀裂が生じて中身である髄核が外にはみ出します。
この結果、脊髄や神経根などの組織を圧迫して症状があらわれます。


症状

神経が脊髄で圧迫を受けているのか、
神経根で圧迫を受けているのかによって現れる症状は異なります。
脊髄が圧迫されと手足の感覚と運動障害が出てきます。
箸をうまく使えなかったり、手指の細かい運動ができません。
また、両下肢が無力で階段を下りるのがつらくて痙性歩行になります。
ひどい患者は大小便の障害も出てきます。
神経根が圧迫されますと、主に後頸部から肩、手指にかけての痛みが現れます。
この痛みは、頸部を反らすようにすると強まるのが特徴で、
これは神経根の圧迫がますます増強されるためです。


西洋医学の治療と限界

基本的には、消炎鎮痛剤や湿布、装具療法、けん引療法など、保存的療法などあります。
症状が軽い場合は通院して保存治療を進めますが、症状の程度によっては、
ヘルニアの摘出・椎骨の固定などの手術が必要になることもあります。
薬物療法では消炎鎮痛薬、神経賦活薬などがあります。
また、神経ブロック注射もあります。しかし、手術療法にはリスクがあるのも事実です。


中医学の考え方

歴代医家は本病を「頚項門」「肩臂痛」として古代医学書の中に書いてあり、
本病を「痺証」の範囲に入ります。

健身院での治療特徴:
椎間板治療の保存療法の中で、鍼(針)治療が一番効果的だと思います。

鍼(針)治療の目的:
舒筋整復、活血通絡:つまり鍼(針)と手技を使い、椎間孔を拡大し、
神経や血管の圧迫を軽減させ、癒着、腫れなどを取り除き、頚部の内外平衡を保ちます。


健身院で治療によく使われるツボ

当院は患者さん一人一人の症状にあわせて、治療するツボを選んでいます。

健身院が採用する平衡鍼灸学独特のツボ
頚痛穴(液門穴)

その他のツボ

風池(天柱より外側2cm)、天柱(頭と頚の境目、真ん中より外側2cm)、頚夾脊(頚椎のすぐそば)、
肩井(肩の真ん中)、曲池(肘を曲げてところ)、外関(手首より上3cmあたり)

症例

60歳男性、1ヶ月前から首の痛みや右肩、腕のうしろあたり、
人さし指のしびれが強く、夜中に痛くて目が覚めます。
ボタンを締めるのに非常に大変でした。病院でのMRI検査では頸椎椎間板ヘルニアでした。
整形外科で手術を勧められましたが、やっぱり、先に保存療法を試してから、
手術するのも遅くないと思い当院で鍼灸(針灸)治療を受けることにしました。
最初の6回ぐらいはあまり目立った効果がなく、
首や肩のこりがよくなりましたがしびれは相変わらず残ってます。
10回目の頃から少しずつしびれの時間が短くなり、大分楽になりました。
全部でしびれがとれてきたのは20回ぐらいかかりました。
今では、山登りを楽しんでいます。


頸椎椎間板ヘルニアにおける生活上の注意点

痛みが進行している場合或いは強い場合は安静してください。
症状の強い患者は発症直後から頸椎装具を装着し、頸椎の動きを制限します。
頚部を反らすと神経が圧迫されますので、後屈をさけて、
また、就寝時は枕をやや高くして、あごを軽く引くようにして寝てください。
また、手指の運動(グパー運動)や肩関節の運動、
歩行訓練を早い段階から始めたほうがいいです。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ