JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎・椎間板ヘルニア

頚椎は7つの椎骨からなり、
椎骨と椎骨の間にある椎間板がクッションの役割を果たします。
頚椎の椎間板ヘルニアとはこの椎間板に亀裂が入り、
外に飛び出して神経や血管、脊髄を圧迫、
首、肩、腕の痛みや痺れなどの症状を引き起こすものです。
頸椎・椎間板ヘルニアは四十歳以上の人に起こりやすい病気です。


1.頸椎・椎間板ヘルニアの症状

頚椎の椎間板ヘルニアは
神経が圧迫されることで痛みや痺れを生じますが、
圧迫を受けているのが脊髄か、
それとも神経根かで現れる症状が異なります。
脊髄が圧迫されているときは
手足の感覚異常と運動障害が現れます。
箸をうまく使えないなど、手の指の細かい運動ができません。
また、両脚が突っ張って歩きにくくなる「痙性歩行」が起き、
階段を下りるときなど辛く感じるようになります。
重症になると大小便の排泄障害を伴うこともあります。
それに対して神経根が圧迫されている場合は、
主に後頸部から肩、手指にかけての痛みが現れます。
首を後ろに反らすようにすると痛みが激しくなるのが特徴で、
これは姿勢によって神経根の圧迫が強くなるのが原因です。


2.西洋医学における頚椎・椎間板ヘルニアの治療

西洋医学では、
消炎鎮痛剤や湿布、神経ブロック注射、装具の着用、牽引など、
主として外科手術を伴わない保存療法を行ないます。
ただし、症状が重くなってくると、
ヘルニアの摘出や椎骨を固定するなど
外科手術が必要になってくる場合もあります。
ただし、手術療法には一定のリスクが伴うのも事実です。


3.中国医学の考え方

中国の古代医学書においては、
本病は「頚項門」「肩臂痛」とされ、
頚椎症と同じく「痺証」の範疇に入ります。
「痹」は閉塞・不通を意味する言葉で、
風・寒・湿の三種の邪気が「気」の通り道である経絡に侵入、
「気」の流れが滞ることによって
肢体や関節のしびれ、疼痛が生じることをいいます。

椎間板の治療法のなかで最も効果的とされているのが鍼治療です。
中国では「舒筋整復」「活血通絡」といって、
緊張した筋肉を緩めたうえで整え、
血流をよくして詰った経絡を開通させる治療を行ないます。
鍼を打つことによって椎間のすきまを拡大し、
神経や血管の圧迫を軽減するとともに、
癒着や腫れなどを取り除いて頚部内外の平衡を保ちます。


4.健身院での頚椎・椎間板ヘルニア治療

健身院では、
患者さん一人一人の症状にあわせて治療するツボを選んでいます。
例えば、頚痛穴(液門穴)は、
北京軍区総医院の王文遠教授が
伝統的な中国医学に西洋医学の神経学を採り入れて提唱した
「平衡鍼灸学」に特有のツボです。
頚部軟組織の損傷、寝違え、頚椎症、
頚肩部の筋膜炎、頚部に起因する頭痛やめまいに有効です。
その他に、
頭痛や首の強ばり、疼痛、肩背部の痛みに効果がある風池、
大後頭神経の本幹につながる天柱、
頚椎のすぐそばにある頚椎夾脊、
僧帽筋に近く頭項部の強ばりや疼痛などに有効な肩井、
曲池、外関などのツボを主に使って治療を行なっています。


5.頚椎・椎間板ヘルニアの症例

60歳男性のケースです。
1ヶ月ほど前から首の痛みを感じ始め、
右肩、腕の後ろ、人さし指の痺れが強くなって、
痛みで夜中にたびたび目が覚めるようになったといいます。
ボタンをかけるにも大変苦労をしたそうです。
病院でMRI検査を受けたところ、
頸椎・椎間板ヘルニアと診断されました。
病院では手術を奨められましたが、
先に保存療法を試したいと思い、当院にいらっしゃいました。
最初の6回の治療ではそれほど目立った効果は現れず、
首や肩の凝りは軽快したものの、
腕や指の痺れは相変わらず残ったままでした。
それが10回目の治療を終えた頃から、
次第に痺れを感じる時間が短くなって、楽になりました。
痺れが完全にとれるまでには20回ほどの治療が必要でしたが、
いまでは山登りを楽しむほどに回復しています。


6.頸椎・椎間板ヘルニアにおける生活上の注意点

痛みが日に日に強くなっていく時期には、安静を心がけます。
痛みや痺れが特に強い人は発症直後から頸椎装具を装着し、
頸椎の動きを制限した方がいいでしょう。
首を後ろに反らすと、神経が圧迫されるので避けましょう。
就寝時は枕をやや高くして、
あごを軽く引くような姿勢で眠るように心がけてください。
また、手指の運動や肩関節の運動、歩行訓練など、
リハビリテーションをできるだけ早く始めるようにしましょう。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ