JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

腰痛

腰痛

1.腰痛(ぎっくり腰)とは…

一口に「腰痛」といいますが、
急性と慢性とがあり、治療法も違います。
そのため、腰が痛む原因をまず見極めなければなりません。
急性腰痛の典型が、いわゆる「ぎっくり腰」です。

ぎっくり腰は様々なきっかけで発症します。
例えば腰を曲げて物を拾うとき、
ベッドから下りるときなどに、突然、腰に激痛が走るのです。
酷いときには全く動けなくなってしまうほど痛みますが、
筋肉や筋膜、じん帯、椎間関節に無理な力がかかって、
局部的に異常な緊張が生じるのが原因です。
歯を磨き、うがいをしたときに起きた実例もあるほどで、
ごく日常的な動作が引き金になって発症するのが特徴です。
高齢者の場合は、
ぎっくり腰がきっかけになって
寝たきりの生活になってしまうこともあります。
ぎっくり腰になりやすい生活様式も知られていますので、
次のような生活を送っている人は特に注意が必要でしょう。
最近、腰が重いな、と感じたら要注意です。

  • ・車に乗ることが多い
  • ・柔らかいベッドで寝ている
  • ・重い荷物を中腰で持ち上げることが多い

2.ぎっくり腰の対処法

ぎっくり腰を発症したときには、
まずパニックに陥らないことが大切です。
しかし、一方、
我慢して放置していると腰痛が慢性化する場合がありますので、
早期にしっかり治療することが望まれます。
いきなり病院に行って
レントゲンやMRIなどの検査を受ける方もいらっしゃいますが・
当院では、まず鍼治療をお受けになることをお奨めします。
鍼を打つことによって
脳内に鎮痛作用を持ったモルヒネの分泌を促進し、
激しい痛みを抑える効果があります。
また、患部に白血球が集まり炎症をすみやかに取り除くため、
回復が早くなります。
ほとんどの方が3~5回の治療で完治しますが、
なかには1回で治ってしまう患者さんもいらっしゃいます。

3.ぎっくり腰の痛みを和らげるために…

ぎっくり腰になってしまったとき
自分で出来る対処法をご紹介しましょう。
市販されている「腰椎コルセット」を巻くのが有効で、
体を支え、背筋の動きを助けることで、痛みも軽減できます。
幅は15cm前後のものがベストです。
あまり幅が広すぎると胃が圧迫されてしまいますし、
逆に幅が狭すぎると効き目がありません。
へその下に巻くことが大切で、
息を大きく吸って下腹部をへこませ、少しきつめに巻きます。
ぎっくり腰は筋肉の損傷ですから、
痛いからといって腰を揉んだり、叩いたりすると、
かえって悪くなることがありますので御注意ください。
コルセットで応急的な処置をして
できるだけ早く当院を受診し完治を目指しましょう。

4.健身院のぎっくり腰治療の特徴

ツボとしては鼻の下にある「人中」、
腰にある「大腸兪」「腎兪」などを使って鍼治療を行ないます。
こうしたツボを刺激することで、
腰痛の原因になる経絡(「気」が流れる道)の滞りを除きます。
当院では、
鍼の治療効果をより大きくするために「電気パルス」、
患者さん状態によっては
「吸い玉」などの補助療法を組み合わせています。

電気パルスは、
鍼に電気的な律動を与えることによって、
経絡への伝導をより効率的にするものです。
特に筋肉痛や神経痛に有効で、
中国の医療機関では一般的な治療法として定着していますが、
日本ではまだ珍しいようですね。
当院では中国での臨床経験に基づき、積極的に採り入れています。

吸い玉療法は、
真空状態にしたガラス器を患部に吸いつかせて
毛細血管に滞っていた老廃物を吸引し、
体内の毒素、汚れた「気」を排出しようというものです。
かつてアントニオ猪木さんらのプロレスラーが
腰や背中に赤褐色の円い痕を見せてファイトしていました。
私たち専門家には、
激しい格闘技で酷使された肉体をケアするために、
この吸い玉療法を行なっていたのがすぐに判りました。
状態の悪い部分ほど赤褐色が濃くなって
治療後の円い痕が数日間にわたって残るので、
当院では下着に隠れて人目につかない部分の治療に使っています。
これも中国ではごく一般的な療法で、
機械を使って真空吸引をする方法もありますが、
火を使って衛生的なガラス器のなかに真空状態を作り出すことで、
より体に優しい治療を心がけています。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 脊柱管狭窄症と鍼灸治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • 頚椎ヘルニアと鍼灸治療
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ