JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

頑固な肩こり

頑固な肩こり

1.肩こりはなぜ起きるのか?

つらい肩こりに苦しむ方は少なくありません。
いわゆる四十肩、五十肩のように、
痛みで腕が上がらなくなることもあります。
凝りが肩から首にまで拡がった結果、
血のめぐりが悪くなって
激しい頭痛を引き起こしたりもします。

肩こりは、
僧帽筋、三角筋、肩甲拳筋など、
首から肩にかけての筋肉が疲労して起こります。
長時間無理な姿勢を続けることや、
運動不足はもちろんのこと、
内臓疾患、目の疲労、関節や背骨の異常、
ストレスが引き金となって起きることもあります。
更年期障害など女性特有の病気も原因になります。
パソコンやテレビゲームの普及によって
最近では小学生の患者さんさえ見られるようになりました。
まさに「現代病」ですね。

肩こりを放置しておくと、
今度は首が凝り始め、頭痛を引き起こし、
集中力が低下するなど次第に症状が悪化していきます。
四十代、五十代の人が頚椎症になる原因は、
ほとんどの場合、慢性の肩こりを放置してきた結果です。
「たかが肩こり」と軽く見ず、早めに治療することが大切です。

 

2.健身院での治療方法

肩こりの治療法はいろいろありますが、
日中両国でキャリアを積んだ専門家が揃う当院では
中国医学の理論と経験に基づいた鍼治療をお奨めしています。
中国医学では、
身体の機能を保つ基本的なエネルギーを「気」と呼びます。
「気」の通り道が「経絡(けいらく)」で、
その経絡の上にあってエネルギーが溜まりやすい場所が、
いわゆる「ツボ」です。
鍼治療はそのツボを刺激することによって、
滞っていた「気」をスムーズに流し、筋肉の炎症を取り去ります。
肩こりの場合、
主に使うツボは、
後頭部にある「天柱」「風池」、肩にある「肩井」などです。
こうしたツボに鍼を打つことで、
緊張状態にある僧帽筋を緩めることができます。
首や肩関節の歪みを整える
中国整体術との組み合わせでいっそうの効果が期待できますが、
当院では特に「電気パルス」や「吸い玉」などを
鍼と組み合わせた治療にも力を入れています。

「電気パルス」は、
鍼に電気的な律動を与えることによって、
経絡への伝導をより効率的にするものです。
中国の医療機関では一般的な治療法として定着していますが、
日本ではまだ珍しいようです。
「吸い玉療法」は、
真空状態にしたガラス器を患部に吸いつかせて
毛細血管に滞っていた老廃物を吸引し、
体内の毒素、汚れた「気」を排出しようというものです。
これも中国ではごく一般的な療法で、
火を使って衛生的なガラス器のなかに真空状態を作り出すことで、
より体に優しい治療を心がけています。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ