JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善
中国鍼灸 健身院

緑内障

緑内障

慨要

緑内障は何らかの原因で眼圧が高くになり、
視神経が圧迫障害され、ついには失明に至る疾患群です。
眼圧は眼球内の圧を指します。
時間や季節によって多少変動しますが、
ほぼ一定の値を保っています。
正常眼圧値は10-21mmhgです。

 

緑内障は原発性緑内障、先天性緑内障、続発性緑内障に分けられます。
また原発性緑内障はさらに原発性開放隅角緑内障と
原発性閉塞隅角緑内障に分けることができます。
続発性緑内障とは眼に別の病気があってその結果眼圧が高くなったものをいいます。
原発性緑内障の発病の原因は今だに十分分かっていません。

閉塞隅角緑内障は眼の隅角の一部または全周が虹彩で塞がれて、
房水が眼の外へ流れなくなって眼圧が高くなるタイプの緑内障です。
急慢性二つのタイプがあります。
症状は眼痛、充血、かすみなどの視力低下、頭痛、吐き気、嘔吐などがあります。
開放隅角緑内障は隅角が開放していて、軽度から中程度に眼圧が高くなり、
長い間に視力障害が起き、ついに失明してしまう慢性的な病気です。
隅角の組織に障害が起きるためと考えられていますが、その原因は不明です。

症状は眼の疲れ、目のかすみ、虹輪視などが挙げられますが、
ほとんど無自覚のうち徐々に進行していきます。
普通眼圧は30mmhgくらいまでしか上がりません。
視神経が萎縮し、やがて失明してしまいます。

西洋医学の治療

緑内障の治療は今はレーザー治療と手術治療が中心的に行われます。
点眼により眼圧をコントロールすることも重要です。
早めに適切な治療を行えば失明になることはほとんどなくなって来ました。

中医学の考え方

中医学では緑内障の急性発作期を「偏頭風」と呼ばれていました。
また後期を緑風内障」といいます。
発病の原因は情緒急激に変動や肝気鬱滯や素体陰虚の場合が多いと考えています。
中医学の治療原則は散風明目、滋陰降火です。

 

健身院の治療の特徴

鍼灸(針灸)治療は急慢性緑内障ともに止痛や眼圧の降下作用がとても有効です。
点眼薬と併用することがもっと効果的です。
よく使うツボ:攅竹、瞳子りょう、風池、合谷、三陰交、肝兪、太衝、太谿。
急性発作の場合、太陽を加えます。慢性的場合、足臨泣、足三里を加えます。

緑内障の鍼灸(針灸)治療は比較的長期的になる必要があります。

健身院の得意分野

  • 顔面神経麻痺と鍼灸治療
  • 突発性難聴
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎
  • 過活動膀胱と鍼治療
  • うつ病と鍼灸治療
  • 統合失調症と鍼灸治療
  • 間質性肺炎と鍼灸治療
  • 逆流性食道炎と鍼灸治療
  • 腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸治療
  • 坐骨神経痛と鍼灸治療
  • 顔面痙攣と鍼灸治療
  • 頚椎症と鍼灸治療
  • ぎっくり腰と鍼灸治療
  • 頑固な肩こり
  • 膝痛と鍼灸治療
  • 自律神経失調症
  • メニエール病とメニエール症候群
  • 更年期障害と鍼灸治療
  • 慢性前立腺炎と鍼灸治療
  • 花粉症
  • ダイエット針
  • ダイエット針と美容針
  • 初診の流れ
  • ギャラリー
  • 自分でできる!ツボ療法
  • マスコミ紹介
  • スペシャルクーポン
中国鍼灸 健身院 JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788

■渋谷区渋谷1丁目24-5
 ドクターズビル8F

■平日AM11:00 - PM9:00

■土曜日AM11:00 - PM6:00

■休診日:日・祭日

中国鍼灸 健身院

このページのトップへ