JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

うつ病に対する鍼灸治療の効果について

 以前にもちょっと書きましたが、

私はいま大学院で

西洋医学の視点も入れながら鍼灸を見つめ直す勉強をしています。

そうしたなか、先日はうつ病に対する鍼治療の効果について学びました。

WHO(世界保健機関)が

うつ病に対する鍼治療の効果を認めていることは知っていましたし、

当院でも、18年前の開院以来、現実にうつ病の治療を行なってきています。

しかし、西洋医学のルールに基づいた臨床試験が盛んに行われていることは、

今回、大学院での講義を受けて初めて知りました。

当院でも治療の参考になる内容が多く含まれていましたので、

患者さんに世界レベルの鍼灸研究の一端を知ってもらう意味でも、

学んだことのほんの一部ですが書いてみたいと思います。

 

世界中の医学的な治験(論文)を網羅した

「コクラン共同計画」のライブラリーというものがあります。

西洋医学の臨床試験のレポートが大部分を占めますが、

なかには鍼灸に関する実証的な研究論文も含まれています。

比較実験によってうつ病に対する鍼治療の効果を調べた論文は

700本以上もあるそうです。

例えば、2010年にスミスさん、マクファースンさんらが発表した論文では、

抗うつ薬と鍼治療を組み合わせると抗うつ薬だけの治療より症状が改善すること、

当院で行なっているような鍼に通電しての治療と

新規抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を組み合わせた場合、

SSRI単独の治療に比べて明らかに症状が改善することなどが報告されています。

西洋医学の薬物療法と東洋医学の鍼を組み合わせることで、

より高い治療効果を期待できるということになります。

また、チャン(張)さんという人の2003年の論文では、

頭のてっぺんにある「百会」、

眉間にある「印堂」というツボを中心に、

いくつかの追加的なツボも合わせて電気鍼による治療を行なったところ、

新規抗うつ薬(SSRI)による治療に比べて症状の軽減に役立ったとされています。

こうした臨床試験による鍼灸効果の研究はまだ充分とは言えないようですが、

うつ病に限らず、

西洋医学と鍼を組み合わせるのが効果的だとするものが少なくありません。

病院と連携した治療のシステム作りなど現状では課題もありますが、

こうした研究の成果をできるだけ当院での治療に活用していきたいと考えています。


姚より

 

 

このページのトップへ

このページのトップへ