JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

逆流性食道炎の鍼治療例 40歳男性の場合

男性,40歳、営業マン。

半年前から、口中に酸っぱい液体がこみあげてくる感じがします。

病院では逆流性食道炎と診断され、制酸剤などが処方され飲みましたが、

前よりは少しましになりました。

ここ三ケ月間、薬を休んでたら、

また酸(口中に酸っぱい液体がこみあげて喉に

とどまり吐き出せない状態と言います)やげっぷ、

食後に時々胸焼けなどの症状が出てきており、

鍼灸治療を試しに来たと言います。


健身院での治療経過:

来院当初の症状:呑酸、げっぷ、胸焼けのほか、イライラ、

口が渇く、便秘などの症状もあります。

舌の先の色が赤く、舌の苔色は薄黄。

中医学では、このような状態を「肝火内鬱」による呑酸と診断し、

「清肝泄火」の治療法で治療を行い

主に中、天枢、内関、足三里、肝、胆などのツボを使います。


治療開始から五回目に来院時、口の渇きや胸焼けが改善され、便秘もよくなりました。

10回目の時は胸焼けがなくなり、以前よりイライラもしなくなり、呑酸もよくなりました。

このケースの場合、全部20回で来院時の諸症状ほぼ全部消えました。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ