JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

突発性難聴鍼灸治療例 41歳女性の場合

女性、41歳、会社員。

主訴:ここ二週間に右の耳が塞がった感じ

現病歴:二週間前から右の耳が塞がった感じをして、聴こえも少し悪い。

発症から直ぐ病院で検査し、鼓膜や聴力に異常が見つからなかったという。

でも、耳の閉塞感がますます強くなり、鍼が効くと友人の紹介で来院した。


健身院での鍼灸治療の経過:

患者様はちょっと体が太め、頭が重く、全身が怠く感じる、

足には少し浮腫み、舌の苔が白くて厚い、舌質紅、脈は弦滑。

治療法:除湿去痰開竅(痰と湿気を取り除く)

1日1回、最初の三日間は連続、そのあと1日置きで鍼灸治療する。

3回目で耳の閉塞感が軽減し、10回終わる頃、閉塞感がなくなり、

足の浮腫みも消え、体がかなり軽く元気が戻ったという。


鍼治療は一人ひとりの症状にあわせて、一番ふさわしい施術法を選ぶ必要がある。

表里、虚実、寒熱、陰陽を弁証する上で選穴し、刺灸法を決める。

ここでツボを選んだわけを簡単に説明する。

手足少陽経は耳の前後をめぐっている。

そのため手少陽経の翳風、足少陽経の聴会などを遠近配穴として取り、

少陽の経絡の通りを良くする。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ