JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

更年期に起こりやすい自律神経失調症


 現代社会で特に増えている病気の一つが自律神経失調症です。

更年期を迎えた女性は、

ホルモンの分泌、心理、性格の3つの要因が重なりあって

複雑な症状(更年期障害)を呈することが多いのですが、

なかには自律神経の不調に起因する症状が現れることもあります。

今回は中高年女性の自律神経失調症についてお話しましょう。

 

まず自律神経について簡単に説明しますね。

自律神経は脳から出て

交感神経と副交感神経にわかれて全身に分布し、

体が適切に機能するように信号を送る大切な役割を果たしています。

例えば運動をする時には

全身に多くの酸素を供給するように

交感神経が心拍数を上げるよう指令を出し、

酸素量が充分になれば

今度は副交感神経が心拍数を下げる指令を出します。

このように自分の意思とは関係なく、

自律神経は絶えず働いて私たちの健康を支えているのです。

 

さて、私たち中高年女性は、

日常的に多くのストレスにさらされて生活しています。

自分自身の問題、夫や子どもなど家族の問題、さらには両親の介護...

核家族化によって社会との関わりが希薄になり、

こうしたストレスの相談をする相手がいないことも多く、

内に溜め込むことでストレスの影響はますます大きくなっていきます。

自律神経失調症の引き金をひくのも

こうしたストレスであることが珍しくありません。

自律神経失調症が「現代病」といわれる理由がここにあります。

 

女性は更年期を迎えると月経周期が乱れ、女性ホルモンが減少します。

性周期を作る機能は「脳幹」と呼ばれる部分にあり、

自律神経の源と極めて近いため、両者は密接に連動します。

性周期の乱れにより自律神経調節が乱れやすくなったところに、

様々なストレスが重なることで自律神経失調症になりやすいのです。

もうひとつ重要なことは、

大脳半球で起こる精神神経症状...例えば不安やうつなどが、

脳幹部の自律神経調節機能に影響を及ぼすことです。

不安やうつ状態が自律神経失調症を引き起こすこともしばしばです。

このような場合には、

比較的重症の更年期障害となることが少なくありません。

 

自律神経失調症になると、

顔のほてり、発汗、動悸などが自分の意識とは無関係に起こります。

自律神経が順調なときには

ストレスなどの緊急事態が発生するとまず交感神経が反応し、

次に副交感神経がゆっくり体を元の状態に戻すように働きます。

それが自律神経のバランスが崩れると、

交感神経が亢進(緊張)するばかりで副交感神経が充分に機能せず、

その結果として様々な症状が起きるのです。

交感神経の亢進(緊張)による症状は、

イライラ、動悸、息切れ、不眠、頭痛、めまい、冷え性、肩こりなど。

副交感神経の働きが抑制されたことによる症状は、

食欲不振、胃もたれ、便秘、下痢、無気力、集中力の低下などです。

ただ、人によって交感神経亢進(緊張)による症状が強かったり、

副交感神経の抑制による症状が強かったり、

あるいは両方が重なったりするなど症状の現れ方が違ってきます。

 

当院では、鍼灸による自律神経失調症の治療を行なっています。

治療の基本方針として

中国医学でいう「標本兼治」を大切にしています。

「標」とは現在あるつらい症状(不眠、頭痛、動悸など)、

「本」とは病気の根本的な原因のことで、

「標本兼治」とは

最もつらい症状と病気の根本的な原因を同時に治療することです。

自律神経失調症は症状の現れ方が人によってかなり違うため、

それぞれの方の状態に応じた治療が必要となります。

更年期に伴う自律神経失調症の場合は、

同じ女性である私が治療にあたりますので、お気軽にご相談下さい。


姚より

 

 

 

 

 

このページのトップへ

寝汗の治療

女性、35歳

症状:  寝汗をよくかくようになったのはここ一ヶ月くらいで、この三日間特にひどく、

        全身ビッショ濡れで目を覚めます。

           そのほか、鬱っぽい、首肩の凝り、背中の冷え、

        疲れ安い、無力感、眠れないなどの症状を訴えます


治療経過:ハリと吸い玉と整体を組み合わせて施術します。

                  治療を受けてる際、患者様が寝てしまうほど気持ちがよかったという感じで、

                  その日の夜もよく寝れて寝汗もかきませんでした。

                  

寝汗は中医学で『盗汗』ともいいます。睡眠中に汗が出て、目が覚めると汗が止まるものです。

 鍼灸はストレスなど自律神経が原因でなる盗汗に対して良い効果があります。


患者様は現在も通院治療中です。

このページのトップへ

自律神経失調症と中国鍼灸治療

2011年12月12日

自律神経は文字通りに人の意思ではコントロールが出来なく、
交感神経と副交感神経の二つに分けられます。
両者が健康の時、絶妙なバランスを保ってくれているから、気づくことがあまりないです。
ストレスで自律神経のバランスが崩れる時、
やっと我々人間のこの普段に隠れている友達がどれほど重要だと気付くのです。
実際我々人間の誰もが一生の内、少なくとも一度は自律神経失調症になると言われています。
自律神経失調症になると軽い症状では寝つきがちょっと悪くなる、
肩凝り、お腹が便秘or下痢になるなどの症状があります。
徐々にひどくなると不眠、食欲不振、頭痛、肩や首や背中の深部までこっちゃい、
吐き気あるいは動悸や不整脈も出てくます。もっとひどくなるとほかの病気にもなりかねないのです。
自律神経の交感神経と副交感神経の伝達物資が違います。
仕事や失恋などのストレスで自律神経失調になると高血圧病、
心臓病など各種現代文明病になりやすいです。
交感神経が過度な興奮に血管を収縮させ、血圧が高くなり,血糖も上昇になります。
副交感神経が興奮になると気管支が収縮になり(喘息)、
消化液の分泌が多くなります(胃、十二指腸潰瘍など)。
自律神経失調症の早い段階では薬を頼らなく、
早く鍼灸治療をお勧めます、ほとんどの患者様は一回の治療ですぐに不眠症が改善され、
肩凝りや背部痛や頭痛などの身体的な症状が緩和できます。
自律神経の中枢は脳(おもに間脳)にあり、交感神経節はおもに首と背中にあり、
副交感神経節は頭蓋や仙骨部あたりにあります。
自律神経失調症の治療のポイントは患者様の一番辛い症状を治すことです。
一般的には不眠、肩凝り、頭痛などはまず挙げられます。
西洋医学的な観点からも首肩の深部の凝り、頭痛などの解消で
脳への栄養や酸素が十分におくられると間脳の自律神経に対して調整するホルモンが分泌され、
交感神経と副交感神経の伝達物資のバランスが正常に戻ることができます。

鍼灸治療の時、よく使うツボ:
四神聡(頭にあります):不眠症、めまい、頭痛に効く。
天柱(後頭部に頭を支える二本の太い筋肉の上端)、肩外腧(肩部)、心腧、肝腧、脾腧、腎腧(背中):
肩凝り、背部痛、動悸、消化不良などに効く。
次翏(仙骨部):腰痛、生理不順などに効く。
神門(手首の尺骨側)、三陰交(内踝の上方):不眠に効くツボ。
命門、関元:冷え症に効く。
阿是穴(押すと痛いところ):痛いところに針やマッサージをすると痛みが軽減されます、お腹の痛みも同じです。

このページのトップへ

このページのトップへ