JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

頚椎症の中国針治療

2012年2月28日


頸椎症は一般的には加齢による頸椎の老化現象

(椎体骨の骨棘、椎間板の後方突出、靭帯の石灰化や骨化など)によって、

脊髄から出て肩や腕に行く神経根また脊髄自身が圧迫・刺激を受ける病気です。

昔は40から60年代のかたには一番多く発症しますが、

近年パソコンの普及で男女とも発症の年齢が若くなる傾向があります。

頸椎症は今多くの人の健康をおびやかしています。


この病気の検査と診断は難しくないですが、治すのは少々時間がかかります。

治療方法は第一の選択は鍼灸整体です。

最近中国で最新の臨床研究の論文を発表されました。

上海中医薬大学病院の論文によると、頸椎症の中で95%の患者様は鍼灸で治せます。

健身院でも毎日頸椎症の患者様が来ています。ここでよく皆さんに聞かされる問題はこれです。

老化現象なのでなぜ鍼灸整体で治せるんですか?

鍼灸治療は神経根の機械圧迫を解除し、交感神経の興奮を抑え、

椎骨動脈と脳底動脈の血流の改善、針の鎮痛作用などができるから、

老化が原因でできた骨棘などは変えないものの、臨床治癒は可能です(症状を治せる)


                          

                        朱より


このページのトップへ

このページのトップへ