JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

頚椎症の鍼灸症例

男性、50歳、会社役員。

症状:半年前から左の指がしびれる。

          病院で頚椎症を診断され、湿布や鎮痛剤や首の牽引を約3が月わたって治療をしましたが、

          痛みが少し軽減したものの、完治はできなかった。

健身院で治療の経過:

お客さんが健身院に来た時、首の動きが制限され、

とくに左後ろに頭を倒す時、左首肩甲部、肩関節の後ろ下、

上肢後ろ小指側に痛み痺れが強くなる。

このような症状から第8の頚神経根性頚椎症を推測できる。

治療は健身院の特徴でもあるハリと整体術を融合した治療法で施術する。

1日目は天柱、七頚、肩外兪、肩、臑会、手三里、外関、中渚などのツボを刺鍼し、

首肩の筋肉の緊張や痙攣を和らげ、痛みをしずめ、

さらに整体術で頚椎椎間隙を広げ、まわりの血液循環を促進します。

施術後お患者様がすぐ首の動きが施術前よりよくなり、痛み痺れも軽くなった。

その後続けて3日連続同じ治療をした後、患者様が痛み痺れは半減までよくなった。

五回目からは1日置きで、全部15回で少し小指の痺れがのこったが、

首が普通にまわせるし、痛みもなくなりました。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ