JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

脊柱管狭窄症の鍼灸治療例 60代女性の場合

女性,無職,60代。


主訴:右お尻から下肢部の痛みと痺れ一年。

病歴:一年前から立ちっぱなしやしばらく歩くと右下腿の外側に痛みが出ます。

症状は段々と強く現れるようになりました。

半年前に整形外科で脊柱管狭窄症(L4、5の滑り)と診断され、

飲み薬や骨盤牽引など約半年間治療を受けましたがあまり改善されなく、

症状がますます酷くなりました。

歩いて2分も立たない内にすぐ痛くなり、休憩しないと歩けない状況...。

そのほかには肩凝りと背中のこわばりと少しめざめやすいという症状もあります。


健身院での鍼灸治療の経過:

治療はハリ、吸玉、中国整体術を組み合わせて、毎回来る時の症状に合わせて一番最適なツボを選び治療にあたりました。

治療の間隔は最初は1日に一回で3日間連続した後、週に二回のペースです。患者様は一回目の翌日は体がだるく感じるという。

その後の治療後は体がポカポカして軽くなり、しかし、時間が経つとまた症状が戻るといいます。

10回目から整体術の斜板手法を取り入れ、20回目からは治療の効果は2日から3日間持つようになったといいます。

30回目からは患者様が毎日柔軟体操をするように勧めました。ほぼ35回目から普通に痛みなく歩けるようになりました。

現在は週に一回通院中です。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ