JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
■渋谷区渋谷1丁目24-5ドクターズビル8F
■平日AM11:00 - PM9:00
■土曜日AM11:00 - PM6:00 ■休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

慢性前立腺炎鍼灸治療例 28歳会社員の場合

慢性前立腺炎鍼灸治療例 28歳会社員の場合
男性、28歳、IT会社員。
主訴:会陰部の痛みと張り不快感が三ヶ月。


現病歴:

三ヶ月前に会陰部が痛くなって、座ると痛みがつよくなり、

立ったりすると楽にはなりますが、

仕事には支障があり、憂鬱になりそうだといいます。

発症直後病院に行って検査を受けましたが

無菌性の慢性前立腺炎と言われました。

約二ヶ月間セルニルトンとデパスなどを飲み続けましたが

一向に症状改善されませんでした。

来院時には、会陰部の痛みと張り、不快感のほか、

気分が落ち込み、イライラがあり、

また、夜の眠りも浅く、全身疲れやすく、

舌胖苔薄舌尖紅(舌が赤く、腫れっぽたい感じ)。


健身院での鍼灸治療経過

中医学理論に基づき、弁証し、治療方針を立てました。

患者様が鍼灸治療をされた経験がないので、

あまり針刺激がし過ぎないように注意しながら、施術をおこないました。

この患者様は軽い刺激ですぐはりの響きを感じましたので、

一回目の治療で痛みや不快感が半減したといいました。

最初は週に5回のペースで治療を続け、症状も日に日に軽くなってきました。

この患者様は全部二十回で痛みや不快感がすべでなくなりました。


朱より

  

このページのトップへ

このページのトップへ