JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

前立腺炎 51才男性の鍼灸治療例

男性、51才、元会社員。

主訴:ペニスなど下腹部の痛みと違和感。

現病歴:約5ヶ月前からペニス、下腹部などに痛みが出るようになりました。 

泌尿器科で前立腺炎と診断され、薬(セルニルドンなど)や

前立腺マッサージなどで少しよくなったが、その後また悪くなって、

ペニスと下腹部の痛みと違和感が昼も夜も酷くて、苦痛と心配で夜も眠れなくなりました。 

心療内科で睡眠薬と抗鬱剤も処方され、今は前立腺炎の薬と全6種類の薬を飲んでいるそうです。

それでも症状が改善されず、仕事まで休んでしまいました。

その後ネットで色々調べて、鍼灸は前立腺炎に効くのが初めて知った。


健身院(ケンシンイン)ではり?きゅうの治療の経過:

患者様が来院した時、かなり元気がなくて、途方に暮れていました。

問診では、陰茎、会陰部、下腹部痛みが強く、昼も夜も、

20分も座れない、夜睡眠薬飲んでも夜中途中に起きちゃう、

それからなかなか寝れない。トイレも近い、時々頭が痛くなる。

腹診で下腹部に張り感がある、手足が冷たいかんじだった。

舌診をみたら、舌尖は赤い、脈は弦でした。

この患者様は前立腺炎を罹患して以来、長く薬をのんだが、

痛みなどが治らくて更に酷くなり、自律神経失調までおちいっている。

はり・きゅう治療は患者様の全身症状に対応して行く必要がある。

治療開始から最初の5回位は痛みがあまり変わらなかった。

患者様も痛みにたいして凄く敏感になったからか、はりの刺激まで怖くなったという。

ここであらためて患者様を励んだ。8回目患者が来た時、痛みが少しだが軽くなったという。

患者様の表情も少し明るくなった。それ以降、治療のたびに症状が改善されて、

だいたい15回目から夜は起きずに朝まで寝れるようになった。現在も三クール目通院中。

多くの前立腺炎の患者がかなり時間が経ってからはり治療にくるので、

もっと早目にはり治療を受ければと常々に思います。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ