JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

慢性前立腺炎の針治療例 49歳男性の場合

男性、55歳、会社員。

主訴:下腹部や会陰部の痛みが約一年間。


現病歴:一年前から頻尿、下腹部や会陰部の鈍痛になり、

病院で慢性前立腺炎と診断され、

抗生物質とセルニルトンなど薬を一か月間のんで、症状も落ち着きました。

以後早歩きや半身浴など気を付けてやってきましたが、

ディスクワークの仕事で長時間座ることが多かったせいか、

ここ3ヶ月で、頻尿と下腹部、会陰部の痛みがまた酷くなってきました。

尿も昼間10回前後、夜3回前後ありました。

排尿時陰茎に痛みもあり、尿の勢いがなく、尿後尿漏れもあります。

鍼灸治療は初めてです。


健身院での治療経過:

患者様が慢性前立腺炎で大変苦しんでおります、

詳しく症状を聞くと、寒がり、お腹や足の冷えも酷く、

陽萎、全身疲れやすく、寝た気がしない、舌苔薄白、舌尖偏紅。

慢性前立腺炎の治療は一般的に腎陰を補う方が多いですが、

この患者様は陽虚の症状が出ているので、

今回の中医治療法は補腎温経行気活血(腎を補い、経絡を温め、気血の巡りをよくします)を行います。


取穴:腎兪、命、関元、胞肓、前立腺穴、三陰交、蠡溝など

鍼灸治療は1日1回,最初10日間はきるだけ間隔をあけずに治療します。

この患者様は2回の治療を受けた後、下腹部と会陰部の痛みが消えたといいます。

その後長く座ると会陰部の軽い痛みと不快感が出るけど、

15回の治療が終わったところ、痛みはほとんどなくなりました。

その後1日置きのペースで治療を行うと同時にED(陽萎)の効くツボも加えまして、

約30回の治療で頻尿の方は昼間殆ど治り、夜も1回ぐらいか或いは起きない日もありました。

寒がりや冷え性の改善も見え始め、特に朝勃ちが久しぶりにあったといいます。

いまは週に2回くらい治療を継続中です。


朱より


このページのトップへ

このページのトップへ