JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

慢性前立腺炎鍼治療例 40代会社員の場合

男性、43歳、会社員。

主訴 ;半年前から会陰部に痛みがあります。

現病歴;半年前に陰茎部と会陰部に痛みをし始め、

発症した後直ぐに病院へ行き、泌尿器科で慢性前立腺炎と診断され、

セルニルトンなど薬を2ヶ月飲みました。

陰茎部の痛みがほぼ消えましたが、会陰部の痛みが消えませんでした。

中国鍼が慢性前立腺炎に効くと聞き来院しました。


健身院での鍼灸治療経過:

来院時に患者様が会陰部の痛みのほか、不眠症もあって、

夜には睡眠導入剤を飲まないと寝れないといいます。

頭が重く、軟便、舌苔白?、舌質紅。

治療:清熱利湿(体に溜まった熱と湿気を取り)、

通絡安神(詰まった経絡を開通し安眠を図ります)。

取穴:関元(お腹にあります)、腎兪(背中にあります)などを1日一回鍼します。

最初の一週間毎日通院で、会陰部の痛みはあまり変わらなかったといいます。

でも以前より睡眠が良くなった感じがするといいます。

二週間目に入ってからは会陰部の痛みが少しずつ軽くなり、

十五回目の終わったごろは痛みがかなり良く鳴りました。

二十回目の時は会陰部の痛みが完全に消えました。

患者様が半信半疑で来院したが、中国バリが本当に治してくれたことに驚いたみたいです。


朱より


このページのトップへ

このページのトップへ