JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

慢性前立腺炎鍼灸治療例 37歳公務員の場合

男性、37歳、公務員。

主訴 :座ると下腹部辺りが痛い

現病歴:半年前から座ると下腹部や会陰部や大腿内側が痛くなり、

    発症当時泌尿科で前立腺炎と診断され、薬を1ヶ月位飲みました。

    痛みは当初より少し良くなりましたが全部は消えませんでした。

    以後、漢方薬も現在まで飲み続けましたが、あまり症状が変わりませんでした。


健身院での鍼灸治療経過

患者様が体格が健壮で、平素お酒や肉などが好きで、

主訴以外には、苔黄?,脈が滑脈である。

東洋医学の理論から見ると、湿熱の体質と気血の流れが悪いと判断し、

治療原則は湿熱を体から駆除し、気血の流れをよくします。

針きゅう治療は毎日一回、10回はワンクールで行います。

最初の10回が終わったごろ、ようやく痛みが軽くなったといいます。

第二のワンクール治療に入ると、毎回良くなって行くのが日に日に実感ができ、

二十回の治療が終わった頃、痛みがほとんど消えました。

治療効果を固めるため、全部で三十回の鍼灸治療を行い完治することができました。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ