JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

前立腺炎の鍼灸治療症例 25歳会社員の場合

男性、25歳、会社員。

主訴:二年間下腹部の鈍痛と陰茎痛あります。

現病歴:二年前、下腹部鈍痛と陰茎痛が出て、病院で慢性前立腺炎と言われ、

すぐに抗生物質など薬を飲みましたが、症状はあまり変わりませんでした。

以後漢方薬を一年余りのみ続けましたが、それも良くなりませんでした。


先月鍼が効くと聞き、近くの鍼灸治療院に10回くらい行きましたが、

ちっとも良くならなかったといいます。


健身院での鍼灸治療経過:

患者様が健身院に来たとき、下腹部と陰茎痛がひどく、発症してから長い間病気に悩まされたため、

夜は睡眠薬をのまないと眠れませんでした。そのため、頭が重く、食欲もなく、手足の先が冷えていました。

舌苔白膩、舌尖色赤、脈は早いです。東洋医学の理論に基づき、利湿行気活血の治療法で鍼灸治療を行います。

健身院での鍼治療を開始して一回目で、すぐに陰茎の痛み軽くなったと患者様が言います。

不眠症に効くツボも前立腺炎の治療と同時に行い、五回の治療で安眠剤を飲まないで寝れました。

下腹部の鈍痛と違和感も半分くらいまで良くなり、今も通院中です。


朱より

このページのトップへ

このページのトップへ