JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

更年期に起こりやすい自律神経失調症


 現代社会で特に増えている病気の一つが自律神経失調症です。

更年期を迎えた女性は、

ホルモンの分泌、心理、性格の3つの要因が重なりあって

複雑な症状(更年期障害)を呈することが多いのですが、

なかには自律神経の不調に起因する症状が現れることもあります。

今回は中高年女性の自律神経失調症についてお話しましょう。

 

まず自律神経について簡単に説明しますね。

自律神経は脳から出て

交感神経と副交感神経にわかれて全身に分布し、

体が適切に機能するように信号を送る大切な役割を果たしています。

例えば運動をする時には

全身に多くの酸素を供給するように

交感神経が心拍数を上げるよう指令を出し、

酸素量が充分になれば

今度は副交感神経が心拍数を下げる指令を出します。

このように自分の意思とは関係なく、

自律神経は絶えず働いて私たちの健康を支えているのです。

 

さて、私たち中高年女性は、

日常的に多くのストレスにさらされて生活しています。

自分自身の問題、夫や子どもなど家族の問題、さらには両親の介護...

核家族化によって社会との関わりが希薄になり、

こうしたストレスの相談をする相手がいないことも多く、

内に溜め込むことでストレスの影響はますます大きくなっていきます。

自律神経失調症の引き金をひくのも

こうしたストレスであることが珍しくありません。

自律神経失調症が「現代病」といわれる理由がここにあります。

 

女性は更年期を迎えると月経周期が乱れ、女性ホルモンが減少します。

性周期を作る機能は「脳幹」と呼ばれる部分にあり、

自律神経の源と極めて近いため、両者は密接に連動します。

性周期の乱れにより自律神経調節が乱れやすくなったところに、

様々なストレスが重なることで自律神経失調症になりやすいのです。

もうひとつ重要なことは、

大脳半球で起こる精神神経症状...例えば不安やうつなどが、

脳幹部の自律神経調節機能に影響を及ぼすことです。

不安やうつ状態が自律神経失調症を引き起こすこともしばしばです。

このような場合には、

比較的重症の更年期障害となることが少なくありません。

 

自律神経失調症になると、

顔のほてり、発汗、動悸などが自分の意識とは無関係に起こります。

自律神経が順調なときには

ストレスなどの緊急事態が発生するとまず交感神経が反応し、

次に副交感神経がゆっくり体を元の状態に戻すように働きます。

それが自律神経のバランスが崩れると、

交感神経が亢進(緊張)するばかりで副交感神経が充分に機能せず、

その結果として様々な症状が起きるのです。

交感神経の亢進(緊張)による症状は、

イライラ、動悸、息切れ、不眠、頭痛、めまい、冷え性、肩こりなど。

副交感神経の働きが抑制されたことによる症状は、

食欲不振、胃もたれ、便秘、下痢、無気力、集中力の低下などです。

ただ、人によって交感神経亢進(緊張)による症状が強かったり、

副交感神経の抑制による症状が強かったり、

あるいは両方が重なったりするなど症状の現れ方が違ってきます。

 

当院では、鍼灸による自律神経失調症の治療を行なっています。

治療の基本方針として

中国医学でいう「標本兼治」を大切にしています。

「標」とは現在あるつらい症状(不眠、頭痛、動悸など)、

「本」とは病気の根本的な原因のことで、

「標本兼治」とは

最もつらい症状と病気の根本的な原因を同時に治療することです。

自律神経失調症は症状の現れ方が人によってかなり違うため、

それぞれの方の状態に応じた治療が必要となります。

更年期に伴う自律神経失調症の場合は、

同じ女性である私が治療にあたりますので、お気軽にご相談下さい。


姚より

 

 

 

 

 

このページのトップへ

更年期障害と鍼灸治療

2013年05月29日


一口に更年期障害といっても症状は様々です。

人によって、冷えや、のぼせ・発汗といった全く逆の症状が出ることも珍しくありません。

肩こりや腰痛、関節痛など肉体的な「痛み」として現われることもあれば、

うつ、イライラ、倦怠感などの精神的な症状、あるいは動悸やめまいを起こすこともあります。

原因は加齢によるホルモンの分泌低下だと考えられています。

こうした更年期障害の症状を、東洋医学では「五臓」のひとつ「腎」との関わりで理解しています。

東洋医学でいう「腎」とは、単純に「腎臓」のことを指しているのではありません。

人間の成長や生殖、あるいは排泄との関係で捉えます。

「腎」は両親から受け継いだ「腎気」を蓄える場所で、

「腎気」はその人の生命活動に伴って増していきます。


中国の古典によれば、女性は28歳、男性は32歳が「腎気」の最盛期で、

以降は少しずつ衰えていくとされています。

年をとると、生殖能力が衰え、残尿感や頻尿という症状が現われますが、

これは「腎気」が衰えたことからくるのです。

一方で、「腎」は脳や耳との関連も深いとされており、

「腎気」の衰えは物忘れや難聴などの症状として現われることもあります。


更年期は「腎気」の衰退が顕著に現われる時期だと考えるとわかりやすいと思います。

東洋医学では「腎気」が不足した状態を「腎虚」といいます。

治療は「腎気」を補って「腎虚」の状態を解消するのが基本です。

鍼灸では、下腹部にある「関元」、腰の「腎兪」、「命門」、

内くるぶしとアキレス腱のあいだにある「太谿」、

足の内側の「三陰交」などのツボを刺激することで、「腎気」の増進を図ります。

前にも書きましたように更年期障害の症状は多様で、

現われ方も人によって違いますので、

患者さんの症状を診たうえで症状に応じたツボを加えることもあります。

治療として二、三クールが必要です、一クールは10回です。


姚より


このページのトップへ

このページのトップへ