JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

座骨神経痛とは


坐骨神経痛とは腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出まして、

おしりの付け根から大腿部の太ももの裏、膝の裏を通り、

そこから横のスネとふくらはぎの両方に別れ、

足の甲と足裏にまで伸びている末梢神経が何らかの原因で刺激されて、

その神経の支配領域に痛みやシビレが生じることをいいます。


坐骨神経痛になる疾患の代表的の疾患は腰椎椎間板ヘルニアや

脊柱管狭窄症・脊椎分離症・脊椎すべり症・脊椎腫瘍、梨状筋症候群などがあります。


坐骨神経痛の特徴としては

腰部からお尻にかけての痛みや痺れ、

太ももの裏側の痛みや痺れ・

膝裏の痛みや痺れなど、坐骨神経の走行に沿って腰から下肢に現れます。

これらの症状が進行し神経の圧迫が強くなってくると、徐々に運動障害が起こります。

そして、坐骨神経の支配している筋肉に萎縮が起こり、

重度の場合は排尿障害などが起きる可能性もあります。


進行性の疾患なので早めに針治療を行った方がいいと思います。





このページのトップへ

このページのトップへ