JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

腰椎椎間板ヘルニア 51歳会社員鍼治療症例

男性、51歳、会社員 部下の紹介で来院


症状:腰痛、右の臀部と太ももと下腿の外側のしびれと痛み。


病歴:今年4月5日ゴルフ中に激しい腰痛になり、腰の動き(前後屈)も制限され、

   安静して痛みは少し軽減されました。一週間後右の臀部と太ももの外側と

   下腿の外側の痛みと痺れも出てきて、夜も痛くて眠れません。

   整形外科で湿布と牽引を三回やりましたが、改善出来ませんでした。

   10年前に一回と三年前にも一回ぎっくり腰になったことがあります。


治療経過:患者様の症状の変化と来院時の検査を総合的に考えました結果、

     腰の椎間板ヘルニアによる座骨神経痛の可能性が高いです。

     最初は毎日連続、一回目の治療の後、お尻と下肢の痛みは少し軽減されました。

     四回目の後、腰の動きが楽になり、お尻下肢の痛みは半減しています。

     その後二日に一回に変更、八回目の後、軽い痛みと足の痺れが残るものの、

     普通に歩けるようになった。今は一週間に一回のペースで継続治療中。

このページのトップへ

このページのトップへ