JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

顔面神経麻痺と鍼灸治療 30代男性


顔面神経麻痺は西洋医学でなかなか治りにくいため、

鍼灸に希望を託して来院される方が少なくありません。

きょうご紹介するのは、

お仕事でよく東京にいらっしゃるというロシア人男性です。

まだ三十代の若さですが、

顔の左側の神経が麻痺して苦しんでいらっしゃいました。


発症は突然のことで、

お酒を飲み過ぎた翌朝の朝食のときでした。

食べ物が口の端からこぼれ落ちるのに気がついて、

慌てて病院にいったそうです。

「顔面神経麻痺」という診断でした。

治療薬をもらって飲みましたが快癒せず、

発症から一週間後に当院に来院されました。


来院されたときには、

左の目を閉じることができない状態でした。

また、口の左端が垂れ下がっており、

口輪筋が麻痺しているため、

口から食べたものがこぼれ落ちていたのです。

さらに舌の前側2/3は味覚を感じられなくなっていました。

「味覚」と一口で言いますが、

舌の前の方では甘さや辛さを感じ、

奥は主として苦みを感じるようにできています。

舌の前の方が麻痺していたので、

食べ物がとても苦く感じられたとのお話でした。

そのほか舌の先が赤く、脈はやや早い、

東洋医学でいう「風熱」の状態にありました。


こうした症状の治療としては、

まず、滞っていた「気」の通り道の開通を図ります、

続いて血行をよくし、

体に溜まった「風熱」を追い出します。

そのために鍼を打つツボは、

「風池」(耳の後から中心へ指三本のところ)や

「毉風」(耳の後)など、

やはり顔面のツボが中心になりますが、

局所の血行をよくするために

「承?」(下唇の下)なども使います。

こうした治療を10回行い、

およそ1ヶ月でほとんど平常に戻りました。

顔面神経麻痺の治療は時間を要することが多く、

若さもあるのでしょうが、

この患者さんは回復が早い方でした。



姚より

このページのトップへ

このページのトップへ