JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

顔面神経麻痺 鍼灸治療症例

鍼灸治療というと

一般的に肩こり、腰痛などのイメージが強いようですが、

実は多くの神経症状にも効果を発揮します。

当院では18年前の開院以来、

顔面神経麻痺の治療に力を入れてきました。

 

顔面神経麻痺には大きくいって二種類あり、

片側の顔の筋肉がコントロールできなくなるベル麻痺と

耳や耳の穴に水ぶくれ、かさぶたを伴うハント症候群です。

ベル麻痺は長いあいだ原因不明といわれてきましたが、

近年の研究によって、

顔面神経の奥に潜伏していた単純ヘルペスウィルスが、

激しい寒さに晒されたり

過労やストレスに見舞われたりすることで、

異常増殖して起こるらしいことがわかってきました。

 

今回はヘルペスウイルスによる

右顔面神経麻痺(ベル麻痺)のケースをご紹介します。

1ヶ月前から当院に通っていらっしゃる38歳の女性で、

当初は左眼が完全には閉じず、

笑うことが難しく、もちろん話もしにくい状態でした。

左耳の裏に痛みあり、

ときどき左側の耳に音が異常に大きく聞こえるといいます。

来院されたのは発症から2週間後のことでした。

病院でステロイド、メチコパールなどの薬を処方され、

神経的な症状は少し改善されたものの、

麻痺が依然としてひどいので、

知り合いから紹介されて当院を訪ねて来られました。

 

この患者さんの場合、

最近新しい職場に移ったばかりとのことで

やはりストレスがあったのでしょう、

免疫力が低下してヘルペスウイルスが増殖したようです。

舌を拝見したところ、

中国医学でいう「舌質赤苔薄黄」が現れており、

「脈浮」「風熱」の症状があるところから、

おそらく気血の流れが悪くなって

顔の筋肉に栄養がいきわたらなくなり、

顔面神経麻痺を発症したものと考えられました。

治療は、

顔面と顔面神経の出所である耳の裏側に加え、

手や足のツボにも鍼を打つ方針で行ないました。

麻痺の状態を見ながら、

毎回微妙に鍼の打つ角度や深さを変えることにしました。 

10回の治療(1クール)でおよそ7割が治癒したと判断、

現在は完全回復に向けて通院していただいています。

 

人の体は人それぞれです。

病院での治療も同じですが、

西洋医学の標準治療やいわゆるツボ療法は

大多数の人たちにプラスの効果を及ぼす一方で、

それだけでは充分に効果が現れない、

あるいは治療によって悪化してしまう方も必ず現れます。

こう処置すればこういう効果が現れると

機械のように決まっているわけではありません。

当院では、一人一人の状態に応じた

ていねいで個別的な治療に取り組んでいます。


姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺の針治療例 52歳女性の場合

当院には顔面神経麻痺の患者さんが多くいらっしゃいますが、

今回はヘルペス(帯状疱疹)を患ったのをきっかけに

顔面神経麻痺の症状が出た患者さんの例をご紹介します。

52歳女性のケースで、

専門的には「ラムゼイハント型顔面麻痺」と呼ばれるケースです。


この患者さんが異常に気がついたのは、耳に激しい痛みを感じたからです。

触ってみると、耳の周辺に水疱ができていました。

夜のことだったので、翌日病院に行こうと思ったといいます。

ところが、朝起きてみると、

歯磨きをするときに水が口からこぼれるようになっていました。

鏡を見ると、自分でわかるほど口が歪んでしまっています。

さらに、目を閉じることもできません。

慌てて病院に行くと、

帯状疱疹による顔面神経麻痺と診断され、そのまま入院となりました。


10日間入院しましたが、

退院したときも顔面麻痺の症状がよくなっていなかったので、

別の鍼灸院で五回をやりましたが、あまり変化がありませんでした。

当院に見えましたのが

発症して20日後のことです。

病院では手術を勧められましたが、

リスクや後遺症を考え、手術はしないことにしたというお話でした。

当院来院時は、涙目で、口が歪んでおり、

激しい耳の痛みを訴えていらっしゃいました。

舌を見せていただくと色が赤くなっており、

表面の苔は薄い黄色を呈しています。

耳たぶの周囲に帯状疱疹による水疱が見られ、

強い痛みがあることから「ラムゼイハント型顔面麻痺」と診断しました。


ラムゼイハント型顔面麻痺は、

単純ヘルペスウイルスによる「ベル麻痺」に比べると治りが悪く、

後遺症を残す確率が大きいことで知られています。

耳鳴り、難聴、めまいなどの症状が合併する場合も多いようです。

中国医学の見地からいうと、

顔にある「陽明経」「少陽経」などと呼ばれる気の通り道の流れが滞り、

「風熱の邪気」に侵されることにより、

経絡(気の通り道の総称)と筋肉の栄養が失なわれ、発症に至ります。

そのため、治療方針として、

「疎通経絡」(経絡の流れをよくすること)、

「活血祓風」(風の邪気を体から追い出して血流をよくすること)、

「濡養経筋」(元気を失った経絡と筋肉を気血で潤わせること)、

を目的に鍼を打つこととしました。

ツボは主に「陽明経」、補佐的に「少陽経」に属するものを使います。

眉毛の「竹」、目の下にある「四白」、唇の外側「地倉」などです。

麻痺の部位により微妙に鍼の打ち方を変えることで、

治りを早くするよう心がけました。


10回の治療を1クールとして、

2クール連続して治療を行い、

その結果、顔の麻痺はほとんど回復し、

日常生活では全く判らない程度になりました。

ご本人には手術をしないでよかったと大変喜んでいただきました。

顔面神経麻痺は鍼灸院選びが大事です。


姚より


このページのトップへ

夏の顔面麻痺

ここ数日、当院では顔面神経麻痺の患者さんが目立ちます。

梅雨が明けて、急に暑くなったことが原因だと思われます。

大汗をかいた後に間違ったエアコンの使い方をすると、

顔面神経麻痺を起こしやすくなってしまいます。


32歳のAさんはテニスが好きで、週二回、コートで汗を流しています。

先週末、いつものようにテニスの後でシャワーを浴びて、

暑かったのでいつもよりエアコンの温度を低く設定しました。

冷たい風が直接頭に当たっている状態でしたが、

涼しく感じるので気にかけませんでした。

寝る前に左耳に微かな違和感を感じましたが、

さして気にもせず、そのまま朝まで寝てしまったといいます。

翌朝、起きたときに、左耳の後ろに強い痛みを感じました。

鏡を見ると口の左端が歪んでいて、涎が流れ落ちています。

しかも、左目を閉じることができなくなっていました。

すぐ病院に行くと、医師の診断は「顔面神経麻痺」。

健身院にみえたのは、病院に行った翌日のことです。


もう一人、Kさんは19歳、合宿に泊まり込んで車の免許を取得中です。

ここ数日暑かったせいで、合宿に戻ってがんがんエアコンを使いました。

結果、次の日に左顔面神経麻痺を発症して、来院されました。

Aさんの場合とほとんど同じケースですね。

毎年夏になると、こんなケースが相次ぎます。


顔面神経麻痺を発症しないよう、

暑い夏にエアコンを使うときに注意すべきことを書きます。


1)夏の外出やスポーツで汗をかいたあと、

  暑いからといってエアコンの温度を低く設定しすぎると、

  急激な温度変化が顔面神経に悪い刺激を与えます。

  少なくとも風が直接頭に当たる状態は避けるべきです。

2)当初は多少暑く感じられたとしても、

  室内外の温度差は8度以内に抑えるようにしてください。

3)エアコンのスウィッチを入れるのは、

  部屋に入ってから10分待った後にしましょう。

  発汗で毛穴が開いた状態のまま、突然冷気に当たると、

  体表面の温度が急激に下がり、風邪もひきやすくなります。

4)長時間クーラーを入れっぱなしにすると空気が乾燥してしまいます。

  可能なら1時間ごとに一度電源を切り、

  窓を開けるなどして換気を心がけるよう心掛けてください。


姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺の鍼治療例 30代男性の場合

きょうは顔面神経麻痺の症例について

具体的なケーススタディを書いてみます。


患者様:三十代男性

   状:左顔面神経麻痺

初めて来院されたときは、

左の目を全く閉じることができない状態でした。

右の目が普通ですが、左目は涙目になっています。

麻痺のある左側の筋肉が健康な右側に引っ張られるため、

左の口の角がたれ下がっていました。


ある朝起きると、

顔の左半分が動かないことに気がついたのだそうです。

水を飲んでも口の端から零れ落ちてしまいます。

さっそく病院に行くと「顔面神経麻痺」と診断され、

すぐに入院することになりました。

病院での治療は

主としてステロイド剤の点滴だったようです。

入院中にインターネットで鍼治療が有効と知り、

病院から抜け出して当院にきたというお話でした。

仕事はIT関係とのことで、

溜まりに溜まったストレスが引き金となって、

顔面神経麻痺を発症したようです。

病院での治療と鍼治療を並行して受診したいとの意向で、

入院中の病院を毎日抜け出して当院に通われました。


この病気を中国医学では「口眼歪斜病」と呼びます。

文字通り口や目が歪む病気で、

疲れが溜まっているときに

冷たい風などの邪気(悪い気)に侵されると、

気血不和(体内を巡る気と血液の流れが滞る状態)になり、

発症すると考えられています。

治療としては、

「地倉」「攢竹」などのツボに鍼を打つことによって

主に体内の邪気を取り除き、

血流をよくすることで、

詰まった経絡(気の通り道)を開きます。


この患者さんの場合、

病院を退院後も当院での治療を継続し、

3回目の治療あたりから

顔の筋肉を多少動かせるようになるなど

徐々に変化が現れ始めました。

7回目の治療が終わった後に10日間のインド出張があり、その後の治療では、

疲れのためか症状が少し揺り戻した感じがありました。

その後、目を閉じることができるようになり、

意識して額に皺を寄せる動きも

かなりできるようになりました。

口元を丸めることもできるようになったので、

この調子なら完治する日も遠くはないと期待しています。



姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺 男性18歳症例

男性 18歳


顔面神経麻痺を発症して10日たったごろに来院。


来院時は目が閉じられない、涙が出る、口もゆがんでいました。

患者様は今年受験生なので、日頃勉強からの疲れでしょうか、

体力が弱い時に風の邪気に犯されたと考えられます。


治療を始めて最初の二回は何の変化もなかったのですが、

三回目の時はぽっぺに少しですが力が入り、

四回目の時はおでこにも少し力が入り、シワも少し作れるようになりました。

六回目の時は口も目もほぼ正常通りになりました。

今日は七回目で95%まで回復しました。


姚より


このページのトップへ

顔面神経麻痺 三十代女性鍼治療症例

三十代の女性、ベル麻痺。

 発症して3ヶ月、別の鍼灸院から転院して来ました。

当院に来た時は右目がまだ閉じることができない、

鼻唇溝も浅くなり、右の口角が左に歪んでいました。


中医学では顔面神経麻痺のことを「口眼歪斜」といい。

つまり、文字通り口や目が歪んだ病気のことです。

当患者さまは日頃から育児と仕事で慌ただしい毎日で、

疲れ果てたところで顔面部の気血の流れが悪くなり、風寒の邪気に侵され本病を発症と考えられます。


治療は血行を改善する「活血駆風」(血液の流れをよくし、風邪を駆除します)を中心に施術しました。

当初の3日は毎日治療を行い、その後は週3回の治療に切り替えて、計21回で完治しました。



姚より



このページのトップへ

顔面神経麻痺の37歳男性鍼治療例

男性37歳、5月に来院された患者さまのケースです。

4月26日から舌が痺れ始め、左顔面に徐々に麻痺が出て翌27日にNTT関東病院に入院しました。

入院期間は10日間で、症状はまだ残っていたものの、

あとは経過を見守るしかないというので退院したそうです。


来院時の症状

味覚障害があり、まばたきができませんでした。

さらに、パピプペポが言いにくい、額にしわを寄せることができない、

頬を膨らますのが難しいなど、顔面鍼灸麻痺(ベル麻痺)に特徴的な症状が見られました。

左の肩と首はかなり凝っています。


健身院での鍼灸治療

中国語で「疏通経絡」、つまり気の通り道である「経絡」の流れを良くすることを重視しました。

口の横にある「地倉」、目の下にある「四白」や頬のやや下にある「?車」、

眉頭にある「攅竹」などのツボに鍼治療を施しました。

さらに「活血?」といって血の巡りを回復させることを心がけました。


患者さんには大変ですが、最初は毎日通っていただきました。

その結果、4回目で味覚が正常に戻り、

6回目あたりから徐々にまばたきができるようになりました。

8回目の治療で水を飲んでもこぼさなくなり、パピプペポが言えるところまで回復し、

頬を膨らませることもできました。

11回目でほぼ顔全体の機能が回復しました。


姚より



姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺 60代女性鍼治療例


天気が急激に冷え込んだせいでしょうか、

顔面神経麻痺に苦しむ患者さんが増えてきました。

今日、ご紹介したいのは

今度が二度目の発症になる患者さんです。

最初は二年前で、

顔の右側が顔面神経麻痺となり、当院の鍼治療で完治しました。

それが今度は左側が発症したのです。

発症して二日目で当院にいらっしゃったので

すぐに鍼治療を始めました。

治療を始めたその日は目が閉じられず、

涙が止まらない状態でした。

口もかなりゆがんでいました。

治療始めて5回目で涙が止まり、

食事も普通に食べられるようになりました。

10回目で目を閉じられるようになり、

口も少し動けるようになりました。

頬を膨らませることができて、

耳の後ろの痛み、顔面神経麻痺に伴う肩こりも軽減され、

現在までに12回の治療を行なっていました。




姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺と鍼灸治療 30代男性


顔面神経麻痺は西洋医学でなかなか治りにくいため、

鍼灸に希望を託して来院される方が少なくありません。

きょうご紹介するのは、

お仕事でよく東京にいらっしゃるというロシア人男性です。

まだ三十代の若さですが、

顔の左側の神経が麻痺して苦しんでいらっしゃいました。


発症は突然のことで、

お酒を飲み過ぎた翌朝の朝食のときでした。

食べ物が口の端からこぼれ落ちるのに気がついて、

慌てて病院にいったそうです。

「顔面神経麻痺」という診断でした。

治療薬をもらって飲みましたが快癒せず、

発症から一週間後に当院に来院されました。


来院されたときには、

左の目を閉じることができない状態でした。

また、口の左端が垂れ下がっており、

口輪筋が麻痺しているため、

口から食べたものがこぼれ落ちていたのです。

さらに舌の前側2/3は味覚を感じられなくなっていました。

「味覚」と一口で言いますが、

舌の前の方では甘さや辛さを感じ、

奥は主として苦みを感じるようにできています。

舌の前の方が麻痺していたので、

食べ物がとても苦く感じられたとのお話でした。

そのほか舌の先が赤く、脈はやや早い、

東洋医学でいう「風熱」の状態にありました。


こうした症状の治療としては、

まず、滞っていた「気」の通り道の開通を図ります、

続いて血行をよくし、

体に溜まった「風熱」を追い出します。

そのために鍼を打つツボは、

「風池」(耳の後から中心へ指三本のところ)や

「毉風」(耳の後)など、

やはり顔面のツボが中心になりますが、

局所の血行をよくするために

「承?」(下唇の下)なども使います。

こうした治療を10回行い、

およそ1ヶ月でほとんど平常に戻りました。

顔面神経麻痺の治療は時間を要することが多く、

若さもあるのでしょうが、

この患者さんは回復が早い方でした。



姚より

このページのトップへ

顔面神経麻痺と鍼治療  42歳男性のケース

男性   42歳

半年前に顔面神経麻痺になって、

他の鍼灸院で週一回のペースで半年間治療していましたが、あまり効果がなかったので、当院に転院してきました。

来院時の主訴は口がまだ丸めない、おでこにしわ寄せができませんでした。


この患者さんが発症して半年経ってからなので、

変化が早くでないものの、7回経った頃から口は少し丸めるようになり、

おでこにも少ししわ寄せができるようになりました。

顔面神経麻痺になって8ヶ月経った頃、

鼻から目の下あたりが時々けいれんがあり(もしこのままですと後遺症になりかねません)、

その後もしっかり週二回治療に通っていましたので、

けいれんもなくなり、おでこもお口もほとんど元通りに戻りましたが

疲れてくると顔が少しこわばるだけです。


顔面神経麻痺の鍼治療は症例診断が大事です。



このページのトップへ

顔面神経麻痺鍼治療症例 29歳女性のケース

女性 29歳  神奈川県から見えました。

20日前から顔右半分が顔面神経麻痺になりました 。

来院時は目が閉じられない、涙目で口も歪んでいました。


治療経過: 続けて五回の治療で徐々に変化が現れ、

涙が止まり、目も少し閉じられるようになり、

夜寝る時は目に包帯をしなくても眠れるようになっていました。

そして7回目のときは口も徐々に『あ、い、う、え、お』が言えるようになりました。

10回経った頃はほぼ完治です。

注: 比較的早いうちから鍼灸治療を始めましたので治療の効果が早く現れます。


このページのトップへ

顔面神経麻痺の鍼治療  20代男性の場合

きょうは若い人にも起きる顔面麻痺の例をご紹介します。

患者さんは20代の男性で、北京出身の留学生です。 

中国大使館の職員(以前ぎっくり腰で健身院に通ったことがあります)からの紹介で来院されました。

来日してまだ二ヶ月とのことで、

初めての異国暮らしで生活環境が変わったからでしょうか、

風邪を引いたあとに、突然、顔面神経麻痺になったそうです。

さっそく診察すると麻痺は顔の右側に現れていて、

右の目は閉じることができません。

耳の後ろにも痛みがあり、

口をきちんと閉じることができないので

水を飲もうとしても唇の端からこぼれてしまう状態でした。


バイトが休めないというので

仕事をしながら治療を続ける方針になりました。

麻痺した神経を早く回復させるために施術方針をたて、

3回目の治療まで顕著な変化は見られませんでしたが、

4回目からは少しずつ目を閉じられるようになり、

食べ物を上手く飲み込めず、

口の右側にたまってしまう症状の改善も見られました。

その後は日を追ってよくなってきて、

10回目の治療でほぼ完治の状態になりました。

その後も後遺症を残さないため、

10回通ってもらって治療終了となりました。

根気強く治療に通われた甲斐があって、

以前の健康な若々しさを取り戻していらっしゃいます。



このページのトップへ

顔面神経麻痺鍼治療症例 40代男性の場合


40代男性、ベル麻痺、一週間前に発症。


来院時の症状:左側の目が閉じられない、涙が出る、口元の歪み、耳周囲の痛み。


治療経過:早い段階から始めた治療ですので、経過はいたって順調です。

ニクールの治療を終えて、目も閉じられるようになり、

ひたいと口元のシワがなくなり、耳のいたみも消えました。

ただ、疲れる時に少しこわばり感が残ります。

それは日にちが経てば自然によくなります。


顔面麻痺の針治療はできるだけ早期治療したほうが

拘縮や共同運動などの後遺症が軽減できます。


姚より


このページのトップへ

継続は力(顔面神経麻痺後遺症の鍼治療)


昨日のことです。
以前当院に通っていた顔面神経麻痺の患者さんが
久しぶりでおいでになりました。
発症してすぐ来院して
10回の治療で顔の歪みもかなり良くなり、
普通に見ているには麻痺が分からないところまで回復していました。
私としてはもうちょっと治療を続けた方がいいと思ったのですが、
ご本人はもう大丈夫だと思われたのでしょう、
お見えにならなくなりました。
それから七ヶ月、
久々で拝見した患者さんの顔は、
目から頬にかけてこわばりが強く出ていました。
検査の結果、これは後遺症だと判断しました。

中国で「倒錯現象」と呼ばれる症状が顕著に出ていました。
通常の顔面麻痺では
笑ったとき健康な側に口が引っ張られて歪むのですが、
「倒錯現象」の場合は麻痺のある側に口が歪んでしまいます。
鍼で治すことができますが、
やはり以前もう少し通ってくださっていたら...と残念でなりません。
患者さんのなかには経済的な考慮をなさる方もあると思いますが、
後遺症が出るとかえって治療費が高くついてしまいますし、
なにより重要な問題は完治する確率が落ちてしまうことです。

顔面神経麻痺は自然治癒するとも言われますが、
後遺症のリスクを考えると徹底して治療することをお薦めします。
一見歪みがなくなったように見えても、
笑うと口が歪んだり、顔にこわばりが残ったりします。
当院では大半の患者さんが完治するまで通ってくださいますが、
稀にはこういう残念な例もあるというので書かせていただきました。

このページのトップへ

このページのトップへ