JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

裸足になるのはもうすこし早い

初夏になり、だんだんと裸足でサンダルを履きたい季節になりました。

でも、裸足になるのはも少し早いです。

中医学では「寒」は足からという言い方があります

「寒」とは、寒、暑、湿、燥、火という大自然の六種の気候変化に属します。

その六種の中の「寒」は陰邪気に属し、また、足の下にも陰に属します、

昔から「涼頭温足」という養生訓があり、つまり足を暖かくします。


足は身体の末端に位置し、心臓から遠く離れていて、

さらに足の皮膚は薄く、保温能力は低いことから足は冷えやすいのです。

もし足に寒邪侵入したら、ヒザや腰の病気にもつながったり、

心臓や、胃痛、月経不順、内臓の働きに影響を与えることもあります。

また、足の健康は体や頭脳の発育のためにも重要です。

足は「第二の心臓」と言われていますが、

足、足指の運動をすることによって、冷えは予防することが出来ます。


足を冷えさせない方法はたくさんあります。

いくつかご紹介したいと思います。


※足指をしっかり動かして、縮む、伸ばす、揉むなど適度の刺激を加え、

 脚部の血流循環を促進させます。

腰痛、肩肘痛などの原因の一つは足指の動きが少ないからです。


※靴の選びもとても大事です。

小さすぎ、細すぎの靴は血流循環が悪くなります、

さらに足の周りの空気層が少なく、保温効果も減ります。


※年齢に適した靴、靴下。

例えば年齢によって靴の柔らかさ、

歩きやすさなどによって年齢に適した靴を選びます。

靴下も脚汗かきの方は汗の吸湿性を重視し、

脚乾燥する方は保湿性を重視し、

快適に過ごせます。


※寝る前に足湯をする。

寝る前足湯を15から20分くらい温める。

そうすると血液の循環が促進され、早く眠れます。


※寝る時、足にちゃんと布団をかけます。寒邪の侵入を防ぐため。


健康や予防のためにも、しっかり「温足」養生を試してみて下さいね。 


川島より


このページのトップへ

このページのトップへ