JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

梅雨の季節がやってきました

東京もすでに梅雨入り、

今年も鬱陶しい季節がやってきましたね。

きょうは東洋医学の観点からみた

「梅雨」の過ごし方について書いてみましょう。

高温多湿のこの時期は、

「湿邪」(湿の悪い気)と「暑邪」(暑い悪い気)が

交互に現れてくるのが特徴です。

これが梅雨に健康を崩しやすくなる大きな要因です。


まず、湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり、

そのため体内に熱がこもって「湿邪」となります。

「湿邪」になると、

めまいを起こしやすくなったり、

胃痛や息苦しさを感じるようになったりします。

ひどくなると痙攣が起こり、

視界がぼやけることもあります。

一方、「暑邪」は、身体の気が上昇し、

「熱の症状」が出やすくなることをいいます。

熱中症の症状だと考えると解りやすいでしょう。

顔が真っ赤になり、火照りを感じ、

脈が早くなって喉が渇きます。

倦怠感を覚え、悪化すると嘔吐する場合もあります。


こうした暑湿の邪気によって

一番影響を受けやすい臓器は「脾」と「胃」です。

梅雨どきには、

よく食欲不振に陥ったり、

お腹が張る、下痢など消化器系の症状が出ます。

倦怠感や眠気などの症状を伴うことが多く、

中医学では「湿邪中阻」と呼んでいます。

また梅雨は食中毒の出やすい季節でもあります。


以上の理由から

この時期はいつもより飲食に気を遣い、

運動を心がけることで、

脾胃病を予防する必要があります。

適度の運動は体内の毒素を汗とともに流してくれます。

ただし、過度の疲労は湿邪気が入りやすいので、

運動のし過ぎは逆効果です。

食事では、

生野菜や冷たい飲み物の摂り過ぎに気をつけましょう。

なるべくなら

胃に優しい温かい食べ物がいいでしょう。

また、暖かく香りのある飲みものも良いと思います。

ジャスミン茶、ハーブティーなどをお勧めします。



このページのトップへ

このページのトップへ