JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

冷え性の飲食と針治療


日本の女性はいつも薄着をしていて、とても美しいが、冷え性に困っている人が多いようです。

真冬に寒がるのは当然ですが、一般には身体のほかの部分は冷えを感じないような温室において、

身体の特定部位(手足や腰)のみが特に冷たく感じる場合を冷え性といいます。


そのメカニズムは各種慢性疾患及び胃腸機能の乱れによる体力低下、人体の生理機能の衰退、エネルギー代謝の低下のため、寒さに対する反応の低下と関連性がある。

また、貧血、低血圧、自律神経機能の失調が血管運動神経を障害し、手足や腰などの冷感部位の毛細血管の攣縮のため、その部位の血液の運行が滞ることが原因であると言われています。


特に女性の場合は、骨盤内に子宮があるので、下が冷えると子宮の機能が順調に働かない。

すなわち、生理周期が一定せず、生理痛、生理不順、不妊などの婦人病や腰痛、座骨神経痛などの症状が起こります。


針治療飲食は冷え性の体質を改善することができますので、ご紹介したいと思います。


飲食について

以下は温性、熱性の性質を持っている食物は血の流れを促進し、身体を温め作用がある。

例えば牛肉、羊肉、鶏肉、エビ、うなぎ、まぐろ、鯛、みかん、梅、栗、にら、しょうが、くるみ、落花生、にんにく、唐辛子、ネギ、タマネギ、ワイン、ウイスキーなど。


当院での針治療法について

冷え症には、鍼灸(針灸)は優れた治療法だと思います。
冷え症の患者は、まず、原因治療が必要です。
中医学では冷え症を三つのタイプ分けられます

1. 血虚による冷え

血の不足から生じる症状です。
代表的な症状としては、顔色が悪い、めまい、舌が白っぽい、不眠、脈は細い(弱い、無気力)
このタイプの治療法は血を補うほか、血の生成に関わる脾の運化作用を活発します。

血虚タイプを治療するツボ
(背中肩甲骨あたりにあり)、肝(膈の下)、脾(背中にあり、膈の下)、
公孫(足の甲の内側)、眠りの浅い方は神門(手首の内側)を使う。
このタイプの飲む漢方(参考まで):当帰飲子、八珍湯、四物湯

2. 陽虚による冷え

全身に巡る体を暖める気が弱くなることで、寒冷症状が現れるものを陽虚と言います。
代表的な症状は寒がり、手足やからだが冷える、顔色が青白い、尿量が多い、
これらの症状は暖めることによって緩和されるのが特徴です。
舌は淡白で辺縁は歯痕があります。脈は沈(強く押してやっと脈が取れることをいう)

陽虚タイプを治療するツボ
神厥(おへそ)にお灸する、気海(おへその下)、関元(気海の下)、足三里(膝の下)など
このタイプの飲む漢方(参考まで)人参湯、真武湯

3. 気滞

気の運行が停滞したことであらわれる症状のことをいいます。
このタイプは肝の密接な関わりがあり、肝が全身の気を順調に巡らせる働きがあります。
この気が失調すると気の流れが停滞し、その結果イライラ感、怒りっぽい、
ゲップ、脇あたり痛み有り、ゆううつ感、ため息などの精神症状がよくあらわれます。
このタイプの治療法は気を巡らせることを利用しています。

気滞タイプを治療するツボ
檀中、内関、太
、陽陵泉、支溝など冩法を使う
このタイプの飲む漢方:四逆散、香蘇散


川島より



このページのトップへ

このページのトップへ