JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

ツボ少商(しょうしょう)


image.pngのサムネール画像秋がだんだん深まってまいりました、

季節の変わり目はどうしても体調を崩しやすいです。

今日は風邪などの初期症状に効く肺經のツボ少商(しょうしょう)をご紹介します。

  

少商のツボの位置は親指の爪の外側にあります、

爪の外側を反対の指で付け根の方に下げると爪の生え際あたりで止まります。


少商は風邪の初期症状、のどが痛む時、扁桃炎、発熱、嘔吐などの時に、

手のツボを刺激すると症状を和らげます。


押し方は、手の親指を立てて爪をツボの位置に当て、人差し指を爪の反対側にそえて、

二本の指ではさむようにします。呼吸に合わせ息を吐くときに押します。これを五回繰り返します。

刺激の強さは痛くない程度にしてください、指先のツボは敏感なので少しの刺激でじゅうぶん効果があります。

逆に強く押しすぎないように注意しましょう。


ぜひ試してみてくださいね!



川島より 

 






このページのトップへ

このページのトップへ