JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

中医学の気・血・津液について


気・血・津液は人体の生命活動を構成する基本物質で

後天の精気と先天の精気とが結合して生成されます。

五臓六腑を栄養して正常な生理機能を保ち、生命活動を維持しています。


気とは、人体の生理機能を絶え間なく運動させる動力であります、

臨床上でいう『気』とは、多くの五臓機能を衰退した病理現象を指す。

たとえば、心気虚では心悸、息切れ、胸が苦しい、自汗、不整脈などがみられる。

肺気虚では顔色が淡白、声が低く弱々しい、息切れ、風をきらう、風邪を引きやすい、

自汗などがみられる。脾気虚では倦怠、食欲不振、食後腹が張りやすい、顔色が萎えて黄色い、つやがない、

下痢、貧血、などがみられます。


血とは脈管中に流れ、栄養を含む赤い液体である、脾胃で消化呼吸された栄養物質から化生されます。

肝は血を蔵す作用がある。もし肝血虚なら視力減退、いらいらして不眠、よく夢をみる、

めまい、痙攣、爪の色が淡い、爪の乾燥、女性の月経不順、脈象が弦細(げんさい)を呈するなどがみられる。


津液

津液とは体内の正常な水液の総称であります。

津液の主な作用は臓腑、筋肉、皮膚、毛髪、粘膜を潤し、

関節を潤滑し、脳髄と骨に栄養を供給することであります。

津液と気と血の主な源は脾胃のによって吸収された栄養物質であり、

気は陽気ともいい、気と津液は陰液といい。

三者は、ともに生命活動の基本的な物質となります。


気・血・津液は同じ源から生じたばかりではなく、互いに資生し、互いに作用するので、

気血が消耗すると津液も不足になる。津液が損耗されると気血も不足になる。

たとえば、大汗、大吐、大瀉などで津液を損耗したら、必ず心悸、息切れ、脈の細弱などの気血不足の症状が現れる。

大量に血を失うと、のどが乾き、唇が乾燥し、小便が少なく、大便が秘結する。

脈には細数などの津液不足の症状がみられる。



川島より


このページのトップへ

このページのトップへ