JR渋谷駅東口3分  地下鉄10番出口1分 TEL:03-3498-6788
月∼金曜日 土曜日
AM11:00∼PM2:00
PM4:00∼PM9:00
AM11:00∼PM5:00
休診日:日・祭日

東京 渋谷の鍼灸院|肩こり 腰痛 ぎっくり腰 顔面神経麻痺 の改善

中国鍼灸 健身院

ブログ

blog

秋の養生について1


秋は太りやすい季節でもあります。

今年の夏はとても暑かったですね、長い夏を過ごした後、

私たちの体の中、ビタミンやタンパク質やカルシウムなどの物質が汗と共に体外に流され、

一般的には体重が減少する場合が多いです。

秋になると季節が涼しくなり、汗もかかなくなります。

また、人々の食欲が徐々に戻るため、

気をつけないと摂取するカロリーが多くなり、やがて体重も増えます。

ここで皆さんに三回に分けて秋の養生についてご紹介したいと思います。


一、早寝早起き

  秋が始まり、気候が乾燥になり、秋の特徴は朝方の空気が一日中の中で一番潤いな時間帯です、

  早寝早起きは呼吸器官を秋の乾燥から守り、活力を保持できます。

二、飲食の調節

  秋の気候が乾燥、空気の温度が低いため、呼吸と皮膚から水分の蒸発がとても速いので、

  水分や水溶性ビタミンB、Cを補充する必要があります。

  平日はりんご、梨と緑の野菜を多めに食べるのもお勧めします。

  ただ梨や柿などを食べ過ぎないようにしたほうがいいと思います。

  また葱、生姜、ニンニク、ニラ及び唐辛子など性質が温、燥、熱な食べ物は少なめにしてください。

  そうしないと夏で体にこもった熱を除外できず、秋の乾燥の諸症状に掛かっちゃいます。

  適当に高タンパク質のものを食べるといいと思います。

  例えば牛乳、たまごと豆類などを食べると憂鬱などを抑えることができます。

  つづく


 朱より

このページのトップへ

このページのトップへ